数年前まで失業保険で生活していた【普通のサラリーマン】が・・・

数年前まで失業保険で生活していた、仕事のために家族を犠牲にしていた「普通のサラリーマン」だった人間が、

今どんな生活を送っているのでしょう?

 

心理カウンセラーとして独立起業できた。

□ 昼間に大好きなジョギングをし、趣味の時間を楽しんでいる。

□ 好きなことを仕事にでき、心穏やかな日々を送ることができている。

使えるお金は、サラリーマン時代の3倍に!

□ サラリーマン時代には叶わなかった、家族3人で食事をすることができている。

□ 妻の夢が実現し、今そのことを仕事にできている。

 

人からすれば、「な〜んだ、たいしたことないじゃん」と思われるかもしれませんが、人の幸せは人それぞれでいいのです。

私が心から望んでいたことが、ほぼ実現しています。

特に、夫婦関係は、ここ数年ですごくよくなったと感じています。今まで無理かもしれないと、諦めかけていた「妻の夢」が実現したときは、本当に嬉しかったですね。 

 

   人それぞれ大切なものってあると思います。

 

順番をつけるのは難しいかもしれませんが、今のあなたにとって、本当に大切なものって何ですか?

 仕事ですか? 記事 大仁田さん

 

 お金ですか?

 

 家族ですか?

 

 友人ですか?

 

 健康ですか? ・・・ 

 

(大仁田厚さんと雑誌の取材で 2010/7)

 

 

今の私にとって一番大切なもの。 順番をつけるとしたら、それは家族です。

 

なぜなら、私が地位も名誉も仕事もお金も全て失ったとき、そばにいてくれたのが妻、娘であり、未熟な私たちを見守っていてくれたのが私の両親であり、義母でした。

 

何のかけひきなく、私自身を愛してくれ、信頼してくれた。

そんな家族をこれからも大切にしながら、感謝をしながら生きていければ、最高ではないかと感じています。

 

では、なぜ家族を犠牲にしていた不幸なサラリーマンが、

心から望んでいたことを手にいれることができたのでしょうか?

笑顔の絶えない家族と、幸せに過ごす事ができているのでしょうか?

そして好きな仕事で独立起業までできたのでしょうか?


そこには心理療法との出合いがあったからなのです。

▲このページの一番上に戻る