なぜ、短期間で回復するのか?

「なぜ、短期間で回復に向かうのか?」

今から、その秘密をあなたにちょっとだけ教えます。

 

簡単に言うと・・・

解決策に目を向けるカウンセリングをおこなっているからです。

 

「どうしてこんなになってしまったのだろう?」と、

原因を探すのではなく、今現在のクライアントさんの気持ちに変化を起こさせる。

という方針でカウンセリングを行っているからです

 

  「なぜ、教師として自信がもてないのか?」

  「なぜ、こうなってしまったのか?」

  「なぜ、不登校・ひきこもりがなおらないのか?」

 

と、原因を探っても問題や不安、悩みが解決することは少ないようです。

なぜならば、心の問題はさまざまな原因が積み重なって生まれます。

ひとつやふたつの原因で、そうなるとは限らないからです。

 

その原因を探って解決するのは、大変な時間と労力がかかることでしょう。

また、つらい過去を探るので、とても苦しいセラピーになる可能性があります。

 

この人は、「本当はどうなりたいと思っているのだろう?」 

「どうなることが幸せなのだろう?」ということを探り、

それを、具合的に行動し、習慣化していく。

言い換えますと、成功体験の先取りともいえます。

 

つまり、大切なのは、「いま、ここの自分」であって、過去の原因ではないのです。

今、ここのあなたの気持ちに変化を起こす。

そのほうが原因追及型のセラピーより回復が早まる可能性は、ぐんと高まります。

→具体的な事例はこちら 【解決策に目を向けるカウンセリングの手法とは?】