原因追求型のカウンセリングで回復が遅くなる理由

心の問題はさまざまな要素からなっています。

ひとつの要素だけが原因で「今の状態」を引き起こしていることはまれです。

 

そのいくつもある原因の1つ1つを探っていくのは、

膨大な時間と経済的な負担を伴うでしょう。

 

確かに、1つの原因から問題が波及しているという場合もあります。

その原因を知ることで、安心感を得る場合もあります。

 

しかし、トラウマになるような辛い過去を探っていくことで、

とても苦しいカウンセリングになるケースが多いのです。

 

しかも、原因が分かるまでかなりの時間を要するので、

その苦しみが長く続くことさえありえます。