解決策に焦点をあてるセラピー:解決志向ブリーフセラピー

解決志向ブリーフセラピーでは、解決策に焦点をあてます。

なぜならば、解決について知るほうが、問題と原因を把握するよりも有効だからです。

 

心の問題はさまざまな原因が積み重なって生まれています。

それを多くの心理療法では、原因が1つの病原菌である感染症のように、原因を探ることに力を注いでいます。

だから良くならないのです。

 

原因に関する情報をいくら収集しても役に立たないのです。

必要なのは解決のための援助に役立つ情報なのです。

これがクライエントのもつリソース(資質・資源)です。

 

 ◇◆ちょっと教えて!! 「リソース」とは?◆◇

リソースとは、クライエントが問題を解決したり、理想のものを手に入れるために役立つものです。その人の資質、資源。その人が持っているにも関わらず、もっていないと思い込んでいるケースが多いようです。   *クライエント(来談者)

 

 

 

 

 

 

 

【心のストレッチルーム】では、

==================================

「悪くなった過去の原因を探るのではなく、現在のあなたにスポットをあて、

今まで知らないでいたあなたの能力を引き出し、幸せなあなたを実現していく。」

==================================

という方針で、セラピーをすすめてまいります。

 

解決志向ブリーフセラピーでは、必ずクライエントに簡単な宿題を出します。

その宿題をしたことで、日常生活の中でもクライエントは自分の問題解決に取り組むようになるので、早期に解決するのです。

また、クライエントは自分自身の力でよくなれたと思うので、再発したりカウンセラーに依存したりしません。

ご予約 / お問合せはこちらへ 

▲このページの一番上に戻る