カウンセリング事例・体験談

お客様の声、カウンセリング事例・体験談

カウンセリング・心理療法の事例・体験談の一部をご紹介します。掲載している事例・体験談は、掲載に了承していただけた方のみを掲載しています。

 

「教師の悩み相談」・「不登校相談」のカウンセリング事例・体験談 

 


*感想は、すべてのクライエントさん(相談者)から頂いているわけではありません。また、強制ではありません。

*カウンセリングの感想は、あくまでその方当人の感想であり、全ての人に当てはまるものではありませんので、ご了承ください。

→カウンセリングのご感想、体験談をお聞かせください! 


『仕事、私生活がうまくいかず不安の日々を送っていた』Mさん(埼玉県、35歳、男性)

 

アンケート修正(1)カウンセリングを受ける前はどのような状態・心境でしたか?     

 仕事、私生活がうまくいかず、常に不安をかかえていた状態。将来のことを考えると、特に不安になった。不安をまぎらわすためにお酒の量が増えた。不安でしかたがなく、休日は家族サービスもせず、パチンコやパチスロ、ギャンブルにはまる日々が続いていた。なぜこんなにも不安になるのか自分でもわからなかった。

 

(2)何回目くらいのカウンセリングで変化があらわれましたか?
 2回目の対面カウンセリング。

 

(3)心理療法・カウンセリングを受けた感想を教えてください。
 フォーカシングを受けて心のモヤモヤが楽になった。自分の感情に名前をつけたり、話をしたり、こんな体験は初めてのことだったので、不思議な感じだった。

 胸のあたりにモヤモヤするなんとも言えない重い感覚があったので、その感覚に「モヤモヤ君」と名前をつけた。胸に手をあてて「モヤモヤ君」と話をした。すると「モヤモヤ君」はこう言った。「あなたの体が心配、体をいたわってね。でも不安な気持ちがあるのならお酒を飲んでもいいんだよ、僕、ガマンするから」正直、びっくりした。てっきり私は「モヤモヤ君」に怒られると思っていた。お酒をたくさん飲んで、体に無理をさせていた私のことを本気で心配してくれていたのだから。

 この「モヤモヤ君」の気持ちを知ってから、胸のあたりがぽかぽかするのを感じた。

 

(4)心理療法・カウンセリング後、どんな新しい発見、気づきがありましたか?
・感情は押さえつけると暴れる性質があるということ。
・感情は認めて、寄り添ってあげたほうがいいということを知った。
・お酒はほどほどにしようと思った。これ以上「モヤモヤ君」に心配をかけたくないので。
・人間関係では思いやりの気持ちが大切だということ。

 

(5)心理療法・カウンセリング後、日常生活でどんな変化がありましたか?
 1日に缶ビール5本、焼酎3杯以上は毎日飲んでいたのが、カウンセリング後2週間ほどで、肝休日を作れるまでになった。

 不安な気持ちは時々出てくるが、胸に手を当てて「モヤモヤ君」と会話をすることで、不安な気持ちはおさまるようになった。また、ギャンブルをやめられたことで、家族との関係がよくなった気がする。最近、妻が私に優しくなった。

 

(6)同じような悩み・問題・不安を抱えている人にメッセージをお願いします
 もっとはやくカウンセリングを受ければよかったと、今では思っています。私は5回のカウンセリングをうけたのですが、毎回新しい発見の連続で、自分の中で何かがわかっていくのを実感することができました。

 前田先生のカウンセリングの特徴は、行動課題(宿題)が必ず出ることです。カウンセリング中に心が癒されても、また現実が待っています。そんなときに、行動課題に取り組むことで、少しずつ変わっていく自分がわかりました。また、いろいろな心理療法を体験できたので、たくさんの気づきがありました。
 自分ではどうしようもできない問題は、勇気をもって第三者に頼ることをおススメします。

  

ご予約はこちら / お問合せはこちらへ 

 

▲TOP