心理療法が人間関係の改善にどう有効なの?

私達が傷ついたり、腹を立てたり、悩んだりする、その本当の理由は、相手(他人)や状況にあるのではなく、私達自身の受けとめ方・考え方にあります。

そして、私達の受けとめ方・考え方を決めているのが、幼少のころからの「信じ込みや思い込み」なのです。つまり、私達の見ている世界は、私達それぞれのフィルターを通して見ているのです。

 

ある人は、世界を明るく見ているかもしれません。ある人は、世界を暗く見ているかもしれません。ということは、このフィルターを掃除してあげれば、受けとめ方や考え方も変わり、人間関係の改善につながるのでは、と考えられます。

知っておいて頂きたいのは、心理療法で相手(他人)の心をコントロールしたり、変えたりはできないということです。もし、している人がいるとしたら、それは洗脳や依存になってしまいます。

 

 

『他人と 過去の出来事は変えられないけど、自分と 未来は変えられる』

 

というのが原則です。

▲このページのTOP(目次)