教員教師の休職者数データー活用方法

たとえば、教師の休職者数が多い都道府県(中学校)の数値を見ると、

休職者数の割合(休職者数÷教員数)のトップは、沖縄県(1.15%)。

また、割合の少ない県は群馬県(0.12%)です。

割合の差をみると、1%も違うのがわかります。

 

では、なぜ、同じ日本でそこまで違うのでしょうか?

群馬県は、教員に対して、どんな対策をしているのでしょうか?

いいところを真似ることはできないでしょうか?

休職者の割合の多い県が、少ない県から学べることは・・・

 

学校運営に携わっている管理職のみなさんに、「教員教師の休職者数データー」を活用して頂ければ、幸いです。

→教師の心の悩み相談はこちら

▲このページの一番上に戻る