人間関係をよくする方法「具体的な呼吸あわせ」の方法とは?


「今の人間関係をさらによくしたい!」


「うまくいっていない人間関係を改善したい!」


という方は、実践してみる価値はあると思います。

 

相手の呼気にこちらの呼気を合わせる。

呼吸が合うと、一体感が生じ、文字通り「息が合ったコンビ」になるのです。

 

◆どうすれば、息の合ったコンビになるのか?


相手の話に対して「ウン」と相槌を入れるだけで、呼吸を自然に合わせることができるのです。

人は話すとき息を吐いています。

「ウン」と相槌を打つときも、息を吐いています。

だから、相槌を入れるだけで呼吸合わせができるのです。

 

◆わかりやすくまとめると、こんな感じです。

 

  相手(話す時息を吐く)

    ↓
  私(吐ききった瞬間「ウン」と相槌を打つ)

    ↓

  呼吸が合う

    ↓
  気持ちが通じ合う

    ↓
  信頼関係

 

さらに息を吐ききった瞬間は、最も力が抜けて無防備で暗示を受け入れやすい状態です。


その瞬間を狙って「ウン」と相槌を入れると、

「この人はちゃんと私の話を聞いてくれるんだ。しかも私の気持ちも理解してくれる」


と相手に思わせることができるのです。

 

いかがでしたか?

 

まずは、身近な人に、こっそり試してみては?

いつもとは違う関係になるかもしれませんね(^_^;)

→人間関係改善個別レッスンはこちら

 

★☆★☆★ ポイント ☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

・相手の呼気に自分の呼気を合わせる
・相手の話に対して「ウン」と相槌を入れる

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆

-----------------------------

●編集後記

今日は敬老の日ですね。

私にも85歳のおばあちゃんがいます。

私はおばあちゃん子で、小学生までは、

おばあちゃんといつも一緒に寝ていました。

とっても優しいおばあちゃんで、

いつも私の応援をしてくれました。

そんなおばあちゃんが、昨年くらいから、寝たきりに・・・

とても、複雑な心境ですが、

今日は、あばあちゃんにたくさんの

「ありがとう」を伝えようと思います。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
それでは、次回またお会いしましょう。

第6号(2010/9/20)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)