相手に好印象を与える最高の贈り物

今回は、具体的にどんな相槌がいいのか?


どんな相槌なら、相手に好印象を与えられるかという、具体的な相槌の方法をご紹介します。

 

一般的に、聞き上手と呼ばれる人は、あいづち上手でもあります。

あいづちを上手に打つポイントは、肯定的なあいづちをしてあげることです。


「いいね〜、あなたの話はすごく楽しいよ!」

という意味になるあいづちをしてあげればいいのです。

 

◆では、どんな相槌をしてあげればいいのか?

 

なるべく、笑顔で微笑みながらあいづちを打ってあげればいいのです。

ふだん私たちは、何気なくあいづちを打っているので、それがどれほど重大な効果を持っているのかなんて考えもしません。

しかし、その持つ意味は非常に大きいので、決して軽視してはいけません。

 

相手の話が退屈であるとき、私たちは、気のないあいづちを打ってしまいがちですが、退屈な話を聞かされたときにも、やはり肯定的なあいづちを打ってあげましょう!

自分には興味がないからといって、なげやりなあいづちを打っていたら、相手だって気分が悪いものです。


無意識に気のないあいづちをしている場合、自分では気づかないかもしれませんが、あなたの姿を見ている相手の目には、あなたのホンネ(退屈や嫌悪)がはっきり見えてしまうものです。


せっかく話をしているのに、そういう姿を見せられたら、あなたならどうですか?


話しをする気にもなれず、不愉快になってしまいますよね。

 

 「人間関係を築くには、相手を思いやる気持ちや、感謝の気持ちが大切だ!」


と、ほとんどの自己啓発の本では書いてあります。


そうはいっても・・・

時と場合によっては、そういった気持ちになれないこともありますよね。


アメリカを代表する哲学者・心理学者のウイリアム・ジェームスは、

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」 と言っています。

 

心境が伴わなくても、まず、形から入るというのもひとつの方法ではないでしょうか。

 


★☆★☆★ ポイント ☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆

 ○相槌を打つときは、肯定的な相槌をする!
 ○肯定的な相槌を表現するには、相槌は笑顔で!
 ○心境が伴わなくても、とりあえず、笑顔で相槌をしよう!

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆☆★☆

-----------------------------

●編集後記

ここ最近、娘の寝かしつけは私の担当です。

あるとき、娘に質問されました。

「ぱぱ、楽しい夢が見れるようにするには、どうしたらいいの?」

「そうだな〜、楽しいことを考えてから寝ればいいんじゃないか?」

もちろん、本当かどうかはわかりません。

「楽しいことを考えるようにするには、どうしたらいいいの?」

「そうだな〜、笑えばいいんだよ」

「そうか、笑えばいいんだね♪」

ニコ、ニコ、ニコ )^o^(


娘の笑顔は、私たちにとって、最高のプレゼントです。




最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

次回、またお会いしましょう!

第7号(2010年9月24日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)