心理学・カウンセリング用語集・疑問集

「心のストレッチルーム」では、ちょっと難しい心理学用語を時々使用しています。

「この用語の意味は・・・?」 「何となく理解できるんだけど・・・はっきりとは・・・」

そんな疑問が浮かんだときにご利用ください。

 ☆カウンセリング・心理療法でよく使う用語
 セラピー  カウンセラー  クライエント  リソース
 ラポール  ペーシング  I(アイ)メッセージ   プラシーボ効果
 ミラーリング  パーミション  アンカー  リソースフル
 アンカーリング  フェルト・センス  催眠  イメージワーク
 フォーカシング  NLP  解決志向ブリーフセラピー
来談者中心療法 幼児期退行催眠  投影  共依存
 AC(アダルトチルドレン)  インナーチャイルド  家族療法
 催眠療法  ゲシュタルト療法  自助グループ  ピグマリオン効果
 カタルシス作用  キャリブレーション  ダブルバインド  セルフ・エフィカシー
 ☆心理学用語
 ピーター・パン・シンドローム  モラトリアム  五月病
 スチューデント・アパシー  リストカット・シンドローム
 空巣症候群  ミドルエイジ・シンドローム(中年症候群)  燃え尽き症候群
 テクノストレス  出社拒否  セクシャル・ハラスメント
 サンドイッチ・シンドローム  マインドコントロール  
 心理学と関係の深い用語
 コーチング  コンサルタント    
 精神疾患でよく使われる用語
 うつ病  統合失調症  双極性障害  認知症
 アルコールや薬物などの依存症  パニック障害・不安障害
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)  強迫性障害  心身症
 神経症  摂食障害  依存性人格障害  心の病気
 境界例  パラノイア  精神分裂病  仮面うつ病
 ラピッド・サイクラー  非定型精神病  神経症性障害  自己臭症
 身体表現性障害  不安障害  恐怖症  慢性疲労症候群
 過換気症候群  心気障害  離人症性障害  人格障害
 解離性障害  全生活史健忘  多重人格  

 参考文献・参考資料

*前田は精神科医ではありませんので、症状の診断、薬の処方・薬のアドバイスはおこなえません。用語集は、心理学の専門的な知識を深めるうえで、ご活用いただけたら幸いです。

 

【心理学・カウンセリングの疑問

(1)心理療法と精神療法の違いとは?

(2)カウンセリング、コンサルタント、コーチングの違いとは?

(3)震災などによる大きなショックがひきおこす、心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは?

(4)幻覚、妄想、意欲の低下がみられる「精神分裂病」とは?

(5)うつ病のクライエントさんに当ルームがお役に立てることは?

(6)人格とは?人格の荒廃とは?

(7)自分が病気である自覚(病識)を認めない場合は?

(8)うつ状態の症状とは?NEW!

(9)躁(そう)状態の症状とは?NEW!

 

▲TOP