AC(アダルトチルドレン)とは?

◆AC(アダルトチルドレン)とは・・・

 

AC(アダルトチルドレン)とは、Adult Childrenという名前の通り、いつもいい子で大人のように振る舞うことを強要され、子供らしさを出せなかった子どものことです。

 

本来は、1980年代にアメリカで生まれた言葉です。

アルコール依存症の親によって育てられ、アルコール依存を核とする【機能不全家族】の中で子供時代を過ごして「生き辛さ」を抱えて大人になった人、しかも、それゆえに順調な社会生活を送れずに悩み苦しんでいる人の事をさします。

【機能不全家族】とは、子供が安心して育つ環境の整っていない家庭です。

アルコール依存症の親を持つ家庭がその典型なのです。


AC的な生き方は、緊張の強い家庭で育つ子供の生き残りのために適応した生活技術なのですが、それを家庭の外でも続けると、たちまち対人関係に行き詰まることになってしまいます。

なぜならば、自分の感情より、親の感情の方が大切だと、無意識の中にインストールされてしまい、定着しているからです。

 

 

◆ACの人の特徴は?


ACは自分が何のために生きているのか分からなく、毎日がむなしく退屈で、しかも常に緊張しているので疲れやすいのが特徴です。

そうした時に彼らを救うのは、アルコールであり、ドラッグであり、ギャンブルであり、そして何よりも「自分なしでは生きてゆけないような無力な人物」です。

ACはこうした依存的な人の世話をすることに充実感を覚え、生きがいを感じます。

 

たとえば・・・
子どもはあらゆる事で親に育てられてゆくわけですが、親が子離れできずにいつまでも「子供のために」と子どもの面倒をみていると、子供は独立心を築くことができません。

こうした親は、子供を支配続けているのです。

 

たとえば・・・
夫の暴力が原因で離婚した女性が、また暴力を振るう男と再婚してしまう。

この女性は無意識のうちに、『自分なしでは生きてゆけない男』を必要としているのです。

こうした女性に献身的に世話をされればされるほど、男は無力化してゆき、自分から自信と能力を奪った女性に対して恨みを持ち始めます。

こうしてお互いに憎しみ合いながらも離れることができなくなってしまうのです。

→愛情という名を借りた支配「共依存」とは?

 

 

◆なぜ日本には、ACが多いのか?


金盛浦子さんの著書「もうひとりの私をゆるしてあげよう」から、なるほど!と思う内容があったのでご紹介いたします。


  『日本は資源に恵まれず、土地にも恵まれていません。

   かぎられた資源と土地を、お互いのがまんのうえで分かち合い、

   がまんのうえで頑張り、一生懸命にやってきたのです。

   そのため、誰かのために生きなければならず、

   ”いい子”として迷惑をかけずに生きなければならなかったのです。』


こうした方便のうえに成り立っていた社会が、ACを増やした理由では、と説明しています。

◆ACに効果のあるセラピーはこちら →幼児期退行催眠

▲TOP