共依存とは?

共依存は英語で「コ・ディペンデンシー」と言います。

それは分かりやすくいえば、「愛情という名を借りて相手を支配すること」です。

 

共依存関係にある人たちは、「不幸でいながら離れられない関係」にあると言えます。

もう少し専門的に説明すれば、

Aさんを困らせて支配するBさんと、そのBさんを心配し、世話をすることで支配するAさんとの間の硬直した二者関係のことを言います。

たとえば、

 ○摂食障害の娘とその母

 ○不登校の子とその母

 ○ギャンブル依存症の夫とその妻

 ○アルコール依存症の夫とその妻・・・

 

というように、問題を起こす人とそのそばにくっついている人との関係で、その関係がお互いに不幸という場合は共依存と言えます。

 

共依存の行動様式は、特に日本によくみられるものです。

あまりにも日本の文化の中で当たり前になっていて、共依存的な人ほど他人の世話をする「よい人」としてみられがちです。

 

◆共依存とかかわりの深い心理学用語

→AC(アダルトチルドレン)

 

▲TOP