パニック障害・不安障害とは?

●パニック障害・不安障害の主な症状、患者数

突然強い不安や恐怖を感じ、脈が速まり、発汗や手足の震え、呼吸困難などを感じる。こうした発作を何度も繰り返す。
一生の間に100人のうち1〜2人かそれ以上がなるとも。