催眠療法とは?

催眠と聞いて皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

よくテレビで見るような催眠術師が、芸能人を思い通りに操ったり、しゃべりたくないようなことを無理やり言わされたり・・・

そんなイメージをお持ちではないしょうか?


テレビなどの影響でしょうか、世間では、まだまだそういったイメージが強いようです。


正直、私も催眠療法を知る前は、そんなイメージがありましたね。

今回のメルマガでは、催眠についての少しでも知っていただき、催眠についての誤解を解いていただければ幸いです。

 


■催眠は魔法ではありません

催眠にかかっても眠ってしまっているわけではなく、意識もはっきりしていて、自分の言っていること、やっていることを、ハッキリと分かっています。

ですから、自分が言いたくないようなことを無理やり言わされてしまったり、やりたくないことを無理やりやらされてしまうこともありません。

 

また、催眠は魔法ではありません。

催眠は、「その人の能力」を引き出すことで、その人の望みを叶えるものです。


・やりたくないことを無理やり我慢してやるようにする。
・忘れたくないことを忘れるようにする。
・真に欲していることをあきらめる。

など、偽りの望みを叶えることではありません。

 


■催眠は日常生活でも体験しています

実は、催眠は特別な状態ではありません。 私たちは日常生活の中でも催眠状態を体験しているんですね。

 

たとえばこんな時・・・

□お風呂に入ってリラックスしているときに突然いいアイデアがひらめく。

□何かに夢中になっていると時間が経つのを忘れる。

□恋人の顔がキラキラ輝いて見える。

□子どもが母親に「痛いの痛いのとんでけぇ」と言われると痛みが消える。

□映画の主人公に感情移入して泣いてしまう。
 

あなたは催眠状態を経験しています。

 

何かに意識が集中している状態、リラックスしている状態の時に私たちは自然と催眠状態に入っています。催眠は、テレビなどでよく見る催眠術師の支持通りに行動してしまうことが、催眠状態なのではないのです。

 

==================================
   ★心のストレッチルームでは、
    催眠療法を取り入れたセラピーをおこなっています。
==================================

ですが、たった1回のセラピーで問題が解決することは極めて稀です。

最低3回はセラピーを受ける心づもりでいてくださいね。

 

【まとめ】
○催眠療法は魔法ではない

○催眠状態は日常でも体験している

○催眠は、「その人の能力」を引き出すことで、その人の望みを叶えるもの!

-----------------------------

●編集後記

私が催眠療法と出会ったのは、今から4年前でしたね。

サラリーマンをしていた頃で、何もかもうまくいかず、
生きずらさを感じていました。

社会人になって初めてだったかもしれません、
人前でワーワー泣いたのは・・・

それだけ、感情にふたをしていたのかもしれませんね。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
このメルマガを読んでくださったたくさんの人に、
たくさんの幸せが降り注ぎますように♪


次回またお会いしましょう( ^)o(^ )

第32号(2010年12月20日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)