信頼関係はどこから生まれる?

信頼関係はどのようにして築くことができるのでしょうか?

 


◆全員が初対面の講習会であなたは・・・

年齢や性別が異なる人が集まる講習会などをイメージしてみましょう。

全員が初対面です。

その場にいるあなたは、まずはじめにどんな人に声をかけるでしょうか?

おそらく、多くの方が、隣にいた人や同性で自分と年齢の近い、

もしくは似たような恰好をしている人に話かけるのではないでしょうか。

そして、住まいや出身地など、何かしらの共通点を見つけると、さらに話がもりあがった。

そんな経験はないでしょうか?

 


◆知っている友達のいない入学式で・・・

誰も知らない高校や大学の入学式などを思い返してみましょう。

隣だった同性と話をしたり、地元が同じ子を見つけて仲良くなったこともあったと思います。

そして、なんとなく自分と似ているところを持つ相手を選んで、

友達になっていきませんでしたか?

 

そうなんです。

 

私たちは共通点を持っている人、自分に近い人に親しみを持つ傾向にあります。

共通点を見つけると、お互いの距離がグッと近づいたように感じるのです。

 

これが「親近感」を持つということです。

 

 

◆親近感=信頼関係の理由とは?

人間は「親近感」を持てる相手と一緒にいると、安心感を得ることができます。

なぜなら、脳は無意識のうちに「安心」できるものを求め、

そこにとどまろうとする性質をもっているからです。

このことからも「親近感」を感じる人と信頼関係を築きやすいことがわかりますよね。


また、自分と同じような悩みや苦しみを味わった人にも、「親近感」はわくようです。

私のカウンセリングを受けてくださっている方の6割は教師で、3割が職場の人間関係で苦しんでいる方です。

これはおそらく私が教師をしていた経験があったのと、

サラリーマン時代に職場の人間関係で心が病んでしまった経験をホームページでご覧になってくださっているのかもしれませんね。

 

【まとめ】

○相手と共通点があると人は親近感を持つ

○親近感を持つと、信頼関係を築きやすくなる

→幸せになるためのコツ

-------------------------

●編集後記

冷蔵庫がついに壊れてしまいました。

結婚した当初から使い続けていたので、12年間です。

なんとなく使い続けていた冷蔵庫ですが、
12年間も一緒に生活していると、

家族のような感覚になっているので別れるのが悲しいですね。

「お疲れ様、あまり掃除してあげられなくってごめんね」

と冷蔵庫に伝えると、


「こちらこそ、みんなと一緒にいれて幸せだったよ、ありがとう」

と答えてくれたような感じが・・・


冷蔵庫にも心があるのかもしれませんね。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
このメルマガを読んでくださったたくさんの人に、
たくさんの幸せが降り注ぎますように♪


次回またお会いしましょう!

第41号(2011年1月28日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)