サンドイッチ・シンドロームとは?

サンドイッチ・シンドロームとは、

中間管理職が、上司と部下との板挟みになり、そのストレスからうつ状態になる例をさします。

 

日本の企業の場合、中間管理職は、業績の達成と職場の凝集性の維持という二つの目標を両立することを求められます。

そのため、極度のストレス状態にさらされる場合も多いようです。

このようなストレスが長期的に続くと、心身にさまざまな悪影響を及ぼすことが考えられます。