精神分裂病とは?

精神分裂病とはどんな病気なのでしょうか?

また、ここでは、精神分裂病の患者さんやそのご家族に「心のストレッチルーム」がお役に立てることをお伝えします。

 

------------------------------------
どんな病気か(青年期に発症する)
------------------------------------
10歳代後半〜30歳代前半の間に発症し、徐々に進行します。症状は、幻覚、妄想のほか、無為(意欲が低下し、何もしなくなる)、自閉(他人と交流を持たなくなり引きこもりがちになる)がおこってきます。人格も、病気になる前と比べて、創造的で生き生きした部分がなくなります。

 

----------------------------------
原因(内因性の精神病)
----------------------------------
およそ120人に1人の割合(0.8%)で発症します。かなり高い頻度であり、けっして「珍しい病気」ではないのです。
脳内の神経と神経の間ではたらいている物質が関係しているといわれていますが、明らかな原因はまだわかっていません。
ストレスや環境の変化など、外部の因子でおこったのではなく、脳の中に原因があるという意味で、精神分裂病と躁うつ病は、内因性精神病ともいいます。
両親の一方が精神分裂病の場合、その子供が精神分裂病になる割合は約16%といわれ、一般人口中の精神分裂病になる割合より高いことから、発症には、ある程度遺伝が関係していると考えられています。
しかし、一卵性双生児の一人が精神分裂病であっても、もう一人が精神分裂病である確率は100%ではなく、約60%であり、このことは、精神分裂病の発症には、遺伝だけではなく、それ以外の要因も関係していることを示しています。

 

------------------------------------------
症状(幻覚、妄想、意欲の低下が主症状)
------------------------------------------
幻覚、妄想、意欲の低下がおもな症状です。
そして、幻覚、妄想、興奮などの派手な症状(陽性症状)と、意欲の低下、自閉、感情鈍麻といった目立たない症状(陰性症状)に分けられます。病気の初期には、陽性反応が主体ですが、徐々に陰性反応が主体になってきます。
抗精神病薬は、陰性症状よりも、陽性症状によく効きます。陰性症状に対しては、薬物療法だけでなく、作業療法やデイケアなどを行っていきます。

 

●幻覚
実際にはないものをあると知覚することを幻覚といいます。知覚の内容によって、幻聴、幻視などに分けられます。たとえば、「人の声が聞こえる」(幻聴)、「物が見える」(幻視)などと訴えます。
精神分裂病でもっともよくみられる幻覚は、幻聴です。幻聴の多くは人の声です。話される内容はさまざまですが、「・・・しろ」と命令したり、本人の悪口や本人を迫害するような内容が多く、このことで患者さんは非常に不安な気持ちになったり、被害妄想を抱いたりすることがあります。


●妄想
事実ではないことを、本当であると確信することを妄想といいます。周りの人が、「それはちがう」と説得しても、訂正できません。内容によって、被害関係妄想(無関係なことを自分自身に関係があると被害的に確信したりします。たとえば、「あの人がせきをしたのは自分へのあてつけだ」など)、注察妄想(「誰かから家の中を監視されている」など)、被毒妄想(「食べ物に毒を入れられている」など)、血統妄想(「自分は天皇家の子孫だ」など)、誇大妄想(「自分はすごい発明をした」など)と名前がつけられています。


●意欲の低下
精神分裂病では、徐々に意欲がなくなっていくのが特徴です。程度の差はありますが、多くの患者さんにみられます。仕事をてきぱきできなくなるという軽いものから、学校や職場を休みがちになる、家でごろごろするようになる、入浴をいやがったり、身の回りをかまわなくなるなどさまざまです。
意欲の低下がひどくなると、1日中ボーッとして、ほとんど何もしない状態となり、これを「無為(むい)」と呼んでいます。


●自閉
他人との交流が乏しくなります。友人との付き合いを避け、家にこもりがちとなることで、気がつかれます。


●感情の鈍麻(どんま)
喜怒哀楽の豊かな感情が少なくなります。テレビをおもしろく感じなくなったり、笑顔がみられなくなったり、悲しいときも平然としていたりします。


●思路(思考過程)の障害
患者さんの話し方でわかります。よくみられるものに、「思路弛緩(しろしかん)」があります。話が徐々に別の話題にそれていったり、唐突に別のことを言いだしたりします。重症になると、他の人にはまったく話しの意味が理解できない「滅裂思考(めつれつしこう)」になります。


●身体症状
不眠が多くみられます。病気の初発症状や、再発するときの最初の症状であることが少なくないので、注意が必要です。身体面には何も異常がないのに、動悸、頭痛、倦怠感などの、いわゆる身体愁訴(しんたいしゅうそ)を訴えることもあります。


●表情に表れる症状
ぶつぶつ独り言をいう独語(どくご)や、おかしくもないところで笑う空笑(くうしょう)がみられます。しかめ顔(顔をしかめる)、ひそめ眉(眉をひそめる)がみられることもあります。感情がにぶくなる感情鈍麻のため、顔の表情が乏しくなります。

 

---------------------------
経過
---------------------------
経過はさまざまですが、最初は幻覚や妄想、落ち着きがない状態で始まり、薬物療法で幻覚や妄想がおさまっても、その後で意欲の低下した状態が続く場合が多くあります。
薬物をやめてしまった後や、ときには薬物服用中でも、ふたたび落ち着かない状態になり、病気が再燃(再発)することがあります。このような再燃は何回かくり返すことがあります。
意欲の低下や自閉は、経過とともに徐々に強くなっていき、病気になる以前より人格の水準が落ちます。これを「欠陥状態」と呼んでいます。
ほぼ完全によくなる場合が3分の1、欠陥状態になる場合が3分の1、人格の荒廃をきたす場合が3分の1といわれています。

 

-----------------------------
治療(薬物療法が主体)
-----------------------------
薬物療法が治療の主体です。抗精神病薬という薬を飲みます。この薬は、とくに幻覚や妄想によく効きます。
幻覚や妄想が薬で消失した後に、軽度の抑うつ状態になることがあります。抑うつ状態が改善しても、意欲の低下した状態が続きます。
この時期には薬物療法に並行して、軽作業やレクリエーションなどを行なう、作業療法やデイケアに通うなどして、意欲や自発性の低下を改善するようにします。
抗精神病薬の副作用として、手足の動きがかたくなったり、手の指が細かく震えたり、足がむずむずしたりする症状がでることがあります。このため、パーキンソン病の治療に使う薬を飲んで副作用を防ぎます。また、便秘、眠け、目が見えずらいといった副作用が出ることもあります。

このような症状がでたときは、医師に相談して、副作用を防止する薬をだしてもらったり、薬を調節してもらったりします。副作用がでたからと言って、勝手に薬を中断するのはやめましょう。

薬は再発予防の効果もあるので、病状が落ち着いても、飲み続けることが多いのです。病状が落ち着いた時期でも、良くなったからと言って、薬を勝手にやめないようにしてください。

心理的にはたらきかける精神療法(心理療法)も、薬物療法や作業療法に並行して行われます。身体的治療法の電気けいれん療法は以前に比べて、行われることが少なくなりました。

 

--------------------------------
家族はどう対応すればよいか
--------------------------------
病院で診察しても、すぐに精神分裂病と診断できないこともありますが、この場合は医師が経過をみていきます。精神分裂病のような症状をだしながら、別の病気(脳炎、脳腫瘍、その他のからだの病気)が原因のこともあります。
精神分裂病の症状が軽いときや、家族が家で看られる場合は、外来治療になります。
患者さんの苦痛がひどいときや、症状が激しく家族が家で看られない場合は、入院になります。
精神分裂病」といわれた場合、非常に驚くでしょうが、前でも述べたようなまれな病気ではありません。就職などなんらかのストレスの後で発症することもありますが、これはあくまでも引き金でしかないと考えられます。
ストレスや環境とかの外的要因でおこる病気ではありません。ましてや、親の育て方が悪かったためにおこった病気ではないのです。
病気はよくなったり悪くなったりをくり返すことがあるので、あまり一喜一憂しないほうがよいでしょう。どっしり構えてください。そのほうが家族も疲れませんし、患者さんにとってもよい影響を与えます。
精神障害者対象の福祉関係の制度も、積極的に利用するとよいでしょう。条件を満たせば、障害基礎年金の支給が受けられます。通院費の公費負担や精神障害者手帳の交付制度もあります。
かかりつけの病院、保健所、役所の国民年金課などで相談してみてください。

【ホーム・メディカ 家庭医学館(小学館)より】

 

--------------------------------------
★心のストレッチルームでできること
--------------------------------------
精神分裂病の患者さんに当ルームができることは限られています。なぜなら、精神分裂病はストレスや環境の変化などの外的要因でおこる病気ではないからです。

そこで、どんなケースでお役に立てるのかあげておきます。


【当ルームがお役に立てるケース】

1.投薬療法をおこない、ある程度病状が落ち着いているケース
例)
幻覚や妄想が目立たなく、普段の日常生活をおくれている

 


2.精神分裂病患者のご家族の精神的なサポート
例)
家族の誰かが精神分裂病の症状がでているものの、本人が病気でないといいはり、病院の受診や治療をいやがっている場合のご家族のサポート(アドバイス)

 

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
→お問合せはこちら

▲TOP(目次)