自然に触れると癒される理由

自然に触れるとなぜか癒されるという人は多いようです。

私も、疲れを感じた時には、富士山を見に行きます。

あの雄大な富士山を見ているだけで、疲れが吹き飛び、

「挑戦しよう!」

「やるぞ〜!!」

という活力が湧いてくるから不思議です。


では、なぜ、
人は自然に触れると癒されるのでしょうか?

さまざまな理由はあると思いますが、

「7つの習慣 最優先事項」に
分かりやすい文章がありましたので、ご紹介させて頂きます。




(引用ここから)

多くの人は自然に触れると癒される。
なぜなら時間を超越した何かを感じるからだ。

そこには、「自然の法則」があますところなく働いている
ことに気づき、自然に比べれば自分がいかに小さな存在で
あるかに気づくからだ。

「自然の法則」は、変えることもコントロールすることも
できない。

だが、そうした事実が私たちを安心させてくれる。

私たちは、議論の余地のない「自然」の一部であることに
満足するのである。

(引用ここまで)

「7つの習慣 最優先事項」より




◆この「自然の法則」から学ぶことは?

私たちは一見その場限りの欲求に従って
その日暮らしをしているように見えますが、

実は、

「変化しない何か」

つまり、

【永遠なるもの】

を求めている、ということがよくわかります。



たとえば、

「マイホームを持つこと」
があなたの求めている当のものだとしましょう。

なぜ、マイホームが欲しいのでしょうか?

家族とそこで平穏に暮らしたいからですね。

その幸福は1年だけという期限付きでしょうか。
3年ですか、4年ですか。

いいえ、死ぬまで、

できることなら「永遠」にです。




もうひとつ事例をあげましょう。

愛する人と教会で結婚式をあげました。
二人はこれを求めていました。

なぜ結婚するのでしょうか?

それは、幸福になるためですね。

その幸福はいつまで続くのでしょうか?

「10年で倦怠期はくるけど、今は君を愛しているよ」

という誓いの言葉はありません。

この場合は、「永遠に」と言わなければなりません。

「永遠に君を愛する」と言ったら、

彼女が

「でも、日本人の平均寿命は80歳だから、
 永遠ということはありえないわよ」

とは反論しないでしょう。

「永遠に愛する」ことは、死ぬことも含むのです。




◆私たちが求めているものとは?

こうしてみると、私たちが求めてやまないのは、

【変化しない何か】です。

ずっとこのままでいられるという

【安心感】です。


しかし、残念ながら、
この日常世界にそういうものはありません。

すべては流れ去ります。



では、日常世界に「永遠の愛」がない以上、
どうすることもできない、と諦めるしかないのでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。




私は次のように考えています。

===================
 ★「永遠の愛」がないのであれば、
  「愛を永遠」にすればいい!!
===================



さて、私たちが「愛を永遠」にするために、できることは何でしょう?

まず、自分自身や家族にどんなことができるでしょう?
-----------------------------

●編集後記

ここ最近、お腹の調子がよくなってきました。

過去20年くらい、定期的にお腹を壊していたのですが、
食生活を改善したのがよかったようです。

どうやら僕の体には、ニンニク、辛い物、アルコール・・・
特に食べ過ぎは悪いらしく、それらを控えるようにしました。

でも、僕の好きなものばかりなんですね。
精神的にはつらいです(>_<)

けど、体が受け付けないからなあ・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^_^*)

第149号(2012年6月8日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)