第一印象はどうして逆転できないのか?

私たちは、自分が好きな人の言葉なら素直に聞き入れます。

「この人いいな」と思っている相手には、
穏やかな感情をもつからです。

それによって、
相手の論理や説得を受け入れることができます。


逆に、「こいつ、イヤだな」と思っている相手の言葉は、
どんなに論理的に正しくても納得できません。

つい、反論したり無視したりすることが多いのです。


これは、
感情と認知がおたがいに影響し合っているということです。

ともすれば、論理や知識と感情は別のものと考えがちですが、
実は両者は密接に関係しているということです。

ということは、
人との関係がもたらすさまざまなチャンスや、
情報や、体験や知識といったものまでが、

相手に好感をもつかどうかで
その広がりや深さを変えてゆくことになります。


「この人いいな」と思った相手に対しては、

共感し、その知識を受け入れ、
いっしょに行動したり学んだりするからです。

そこからさらに新しい人間関係が開けたり、
いままで知らなかった世界と出合ったりします。


逆に「こいつ、イヤだな」と思った相手とは、
何も始まりません。

その相手の考えも、知識も、情報も受け入れようとしませんから、
世界の広がりようがないのです。


最初に好感情を持った相手に対しては、
付き合うほどに理解が深まっていきます。

その人をどんどん肯定的に受け止めるようになるのです。

悪感情をもった相手はすべて逆で、

どんなに長く付き合っても、
理解が深まることはありません。


したがって、
「この人、ほんとうはこういう人だったんだ」といった、
悪感情をぬぐい去るチャンスも訪れないということです。



このことを「認知心理学」で説明しますと、


=====================
好きな人には好意的な認知をし、

嫌いな人には
悪意的な認知をしてしまうということです。
=====================

最初にイヤな印象を持つと、それ以降も、
相手の欠点や短所にだけ目がいってしまうのです。


人との関係が、しばしば
「第一印象」で決まってしまうというものそのせいです。

第一印象は感情的、感覚的なものでしかなくても、
それが認知の仕方にまで影響を与えてしまいます。


なので、第一印象を逆転するのは
なかなか難しいことだと思ってください。


◆編集後記

「ワンダーコア」で腹筋を鍛えて1ヶ月になります。

まだ目に見える効果はありませんが、
筋肉がつくまで3ヶ月はかかるというので、
長い目で見ようと思います。

腹囲は今、85センチなので、せめて2センチは減らしたいなあ。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第275号(2014年11月21日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)