実力が同じなら外見が良いほうが勝ち

「ハロー効果」という心理効果があるのを知っていますか?

外見や経歴が、性格などの内面的な要素と
直接の関係があるわけではないのに、

その人の評価に意外なほど影響を与えてしまうという
心理効果です。


「見た目が良いだけで、性格が良い、
 あるいは頭がいいと思われる」

「学歴がきちんとしているだけで、
 人間性がきちんとしている印象を与える」

などです。


さらに、アメリカの心理学者のレオナルド・ビックマンは、
「身なりの違いがどのような反応の違いを生むか」に関する
興味深い実験結果を報告しています。

まず、電話ボックス内のよく見える位置に、
10セントコインを置いておきます。

そして、誰かがボックスに入ってしばらくした後に、
「10セントコインが置いてなかったか?」と尋ねるのです。

これに対して、ちゃんとした受け答えをして
コインを渡してくれた人の割合は、
こちらの服装がきちんとしたものであった場合は8割弱。


これに対して、汚らしい身なりであった場合は3割強と、
大きな差が見られたのです。



つまり、外見がだらしないと思われると、
ナメた態度をとられやすくなるのです。

いかがでしょうか?

人は他人を評価するとき、
こんなにも見た目を重視しているのです。


「私は実力で勝負するから、見た目は関係ない」
と考えているあなたも、

同じ実力の人間がいたら、
見た目が少しでも良い方が得なのです。

何も、整形手術を勧めているわけではありませんし、
絶世の美女や超イケメンになる必要はないのです。

ほんの少しでいいので、自分がなるべく良く見える髪型や、
服装を研究してみてください。


また、自分ができるだけ魅力的に見える顔も、
練習してみてください。

できれば笑顔がいいと思います。

そこに注意してみるだけで、
印象をかなり変えることができます。

そして徐々に、周りの人が好感を持って接してくれることも、
実感できるのではないかと思います。


◆編集後記

みなさん今年はどんな1年にしたいですか?

僕は、毎年、元旦に目標を立てます。

目標がなくても生きていけるのですが、あったほうが、
充実感を味わえるからです。

今年は、「本を1冊出す」という、
僕にとってはとっても大きな目標を立てました。

叶うかどうかは別として、そこに向かうことで、
充実した成長を実感できる1年にしたいものです。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第281号(2015年1月2日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)