現在、通院中です。「対面カウンセリング」と「解決志向ブリーフセラピー5回」どちらがお勧めですか?

 対面カウンセリングでは、話を聴くだけではなく、「問題解決型のカウンセリング」をおこなっています。具体的には、心理療法という技法を用いています。

 心理療法には、心を整理する方法、人間関係の悩みを改善する方法、感情のコントロール方法、自信を持つ方法、心の傷を癒す方法、思い込みを弱める方法など、さまざまな手法があります。悩みや問題によって何をするかは、ご相談しながら一緒に決めていきます。

 5回前後(3カ月〜6カ月)を目安にしていただければと思います。

 

 解決志向ブリーフセラピーは、「自信」と「願望実現」に焦点を当てた、行動療法のひとつです。行動療法といっても、無理なことはおこないませんのでご安心ください。

 今までの行動パターンや習慣を変えて、悩みや問題を「短期間」で解決する方法です。

 ブリーフセラピーとは、「短期療法」という意味です。

 現在、苦しいながらにも仕事や学校、食事、睡眠といった日常生活を送れているのであれば、効果を発揮します。5回(3カ月前後)おこないます。

 

 改善したいというお気持ちが少しでもあれば、当ルームでおこなっている「対面カウンセリング」や「解決志向ブリーフセラピー」は、きっと、みなさまのお役に立てると思います。

 

 今の生活が苦しくて動けないというのであれば、「対面カウンセリング」を。
苦しいながらにも日常生活を送れているのであれば、「解決志向ブリーフセラピー5回」をおすすめします。

→「対面カウンセリング」はこちら

→「解決志向ブリーフセラピー5回セッション」はこちら