不安がいっぱいで押しつぶされそう

将来への不安、結婚ができない不安、
自分のことが分からない不安、人間関係の不安など、

不安についてのご相談は年々増えている気がします。

不安が強い人は、ほぼ例外なく想像力がたくましく、
自分の想像によってより不安になるという悪循環に陥っています。


例えば、Aさんにあいさつしたのに返事がなかったとき、

「無視された」「嫌われているのかな」などと
勝手にどんどん悪いほうへと想像がふくらんでしまうのです。

しかし、現実は、「Aさんから返事がなかった」ということだけ。

その理由は本人に聞かなければわかりようがありません。

もしかしたら、何かに気をとられて聞こえなかったのか、
あるいは、体調が悪かったのかもしれません。

だとしたら、あなたにはまったく関係がないということです。

それなのに自分のせいだと思い込んで落ちこんでしまったら、
それこそAさんから
「面倒くさい人」として敬遠されてしまうかもしれませんね。


不安の対処法は、不安から逃げず、何が問題なのかをみつけ、
その問題を解決するために適切な行動に移すことです。


しかし、不安が強い人はたいていこの逆をしています。

例えば、多くの人が考えすぎて不安にならないように
わざと忙しくして気を紛らわそうとしていますが、

それではいつまでたっても問題が解決しません。


不安は続いてもせいぜい20分程度と言われています。

過呼吸の発作もたてい20分くらいで収まります。

だからそんなに不安を恐れなくて大丈夫。

それより「今、私は不安を感じているんだなあ」と不安を認め、
何を恐れているのかを冷静に考えましょう。

実際に、不安のご相談でカウンセリングにいらっしゃる方の多くは、
何が不安なのかということが漠然としています。


例えば、「将来の不安」「結婚できない不安」について、

将来何が不安なのか?
結婚できないと何が不安なのか?

ということをお聞きしても、
たいて「よくわからない」と返ってきます。

人はわからないと不安になります。

将来が不安な人は、将来の何を恐れているのでしょうか?

お金のことか、健康のことか、孤独になることか、
「具体的な不安」にしてみましょう。

また、結婚できない不安とは、何を恐れてのことなのか、
結婚に何を求めているのかを、具体的にしてみましょう。

漠然とした不安を具体的な不安にすることで、
解決できないにしても、気分的には少しはマシになるはずです。    

 

 


 

 

◆編集後記

週2回の僕の楽しみ。

中3の娘が部活を引退したので、
ウオーミングアップだけですが一緒に走っています。

高校でも陸上を続けるらしいので、
かなり本格的な練習をおこなっています。

昨年は、一緒に走れていたのですが、
今年は娘のスピードについていけず・・・

体の衰退を感じています。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)
   

第372号(2016年10月7日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)