「協調性のある人」になるための思考術

よく、

「私と彼の関係は100%うまくいっていますから」

「わが社の人間関係は100%の信頼の上に成り立っている」

「うちの息子のことは100%わかっているつもりです」

などという発言を聞くことがあります。


少し考えればわかることですが、
人間関係に100%などあるはずがありません。

100%相手のことをわかり、二人の関係が完璧だと思えることは、
自分と相手を同一視していることです。

「私がこう思うのだから、相手もこう思って当然」
というおごりが絶対の自信につながるのでしょう。

こういう思い上がりは、
わずかでも相手が自分と違う意見を持った時に
「裏切られた」という失望感に変わってしまう怖れがあります。


絶対の自信があったからこそ、

「恋人に裏切られた」
「部下のことを人間と思っていない上司」
「うちの子は変わってしまった」

というように大騒ぎしてしまうのです。

こういう人たちには、
100%か0%のどちらかしかないのでしょう。

人間関係に絶対とか完璧ということはありません。

人間対人間のことですから、
今日うまくいっていた関係も明日はどうなるかわかりません。

そういうものですし、だからこそ人づきあいは面白いのです。


100%を目指すから、疲れ、失望し、相手を憎み、
自信喪失になってしまうのです。

お互い生身の人間なのですから、
80%くらい上手くいけば上々という柔軟さが必要です。

残りの20%は、お互いの個性の違い、
嗜好の違いくらいに考えればいいのです。

相手と合わない20%をどう折り合いをつけていくか、
これこそが人間関係の大切なコツであり、
そういうことができる人を「協調性のある人」というのです。


◆編集後記

2016年もあとわずかになってきました。

毎年のことではありますが、年賀状がぎりぎりになってしまうので、
今年は早めに書いておきたいところです。

といいつつも、毎年ぎりぎりになってしまいます。

意志が弱いなあ、と感じます。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第382号(2016年12月16日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)