いつも重い女になってしまう

人間の欲望は留まることを知りません。

お金持ちはいくら稼いでも満足できず、
財産を更に増やすために一生を費やします。

恋愛についても同様のことが言えます。

愛を求め続ける人は、
どこまでいってもなかなか満足できないようです。

そして、破局が起こる例も多いのです。


たとえば、あなたが相手の愛を要求しすぎたとき、
相手が疲れてしまうのはごく当然の成り行きです。

あなたの気持ちが強すぎて、
お互いの気持ちのやりとりにアンバランスが生じ、
相手は重苦しくなってしまうのです。

これを、相手の愛のレベルが下がったとして、
責めてしまってはいけません。

相手の愛情表現が希薄になったと感じたら、
まずあなた自身が「相手の愛」を求めすぎていないかどうかを
ふりかえった方がいいでしょう。

あなたが相手に求めた分だけ愛が欲しいと思うのも
やはり一方的すぎます。

相手は普通にあなたを愛しているつもりでも、
あなたの要求のレベルの高さに、
つい構えてしまっているのかもしれません。

これがきっかけで愛が冷めてしまうこともあるのです。


では、相手があなたの「愛の要求」にきりなく応えてくれるときは
問題がないのでしょうか。

やはりこれも不自然な形といえるでしょう。

あなたは相手からの愛におぼれ、一時の絶頂を過ぎたときに、
普通の愛では満足できなくなってしまうからです。

相手も心底疲れてしまうかもしれません。

愛されたいという気持ちが強ければ強いほど、
あなたは決して満足することはできません。

この無限のループにはまりこんで
破局をまぬかぬように注意が必要です。


100%の愛を求めないことが大切です。

ほどほどに、がいいのですが、
そうは言っても、愛が最高潮に高まっている時には、
大きなお世話と思われるかもしれません。

ですが、
その愛を大切にしたいのでしたら、ほどほどが肝心なのです。

「彼女と別れました。理由ですか?そうですね・・・」

「なんとなく一緒にいると疲れてしまう」

という男性は多いのです。


◆編集後記

2016年のメルマガは今回がラストです。

2010年から始めたメルマガも7年間続いています。

僕が週1回ほぼ休みなく発行し続けてきたのは、
困っている人のお役に立ちたいというのもあるのですが、
自分自身を厳しく律するためでもあります。

でないと、なまけ心が勝ってしまい、すべてが崩れてしまい、
無職だったあの頃に戻ってしまうかもしれないという
「怖れ」があるからです。

つまり、メルマガを続けている行動の原動力が「怖れ」なんですね。

できれば、2017年は行動の原動力を「愛」にしたいなあ。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第384号(2016年12月30日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)