期待されると無理をしてしまう

つい期待に応えたくなってしまうのは、
アダルト・チルドレンの「いい子」によくみられる特徴です。

小さいころから、いい子でいるのが当たり前、
親の期待に応えてほめられたい、認められたいと、
必要以上に頑張ってしまうのです。

こうした気持ちの裏には、
親の期待に応えていい子でいないと認めらてもらえないのではないか、
「いらない」と言われてしまうのではないか、
という「怖れ」があります。

そして、親の期待に応えることが自分の存在意義だと
思い込むようになります。

自分の意思や欲求を押し殺して、親の期待に応えようと
無理を重ねることがあたりまえになっていきます。

無理を重ねると苦しいですが、
「もうできません」とは言えません。

期待に応えられないということは、
自分は必要とされなくなるという恐怖とセットだからです。

弱音を吐くという選択肢はないのです。

こうした原型があると、相手が親でなくても、
誰かに期待されると自動的にそれに応えてしまうようになります。


よくあるのは、
会社で仕事を頼まれると断れなくて一人で抱え込んでしまい、
結局どうにもならず、ミスをしたり、

朝起きられなくて、
会社に行けなくなったりするというケースです。

こんなふうに、言葉で表現できないと、
代わりに身体に支障がでるようになります。

食欲がなくなったり、過食になったり、眠れなくなったり、
過呼吸になったり、胃が痛くなったり、

身体中が自分に「もう無理」とメッセージを送ってきます。

身体は正直ですからね。


期待に応えられるのはすばらしいことですが、
自分の限界を超えてまで頑張る必要はありません。

こうしたメッセージを感じたら、
やりすぎているというサインだと思って、
いったん立ち止まり、できれば少し休憩しましょう。

あなたは他人の期待にはもう充分応えてきました。

これからは、あなたの期待に応えてあげてください。

あなたの身体が悲鳴をあげていたら、
「休みたい」という期待に応えてあげましょう。

他にもあなたがあなた自身に期待していることが
たくさんあるはずです。

これからは、その心の声に応えてあげましょう。

  

◆編集後記

 

青梅マラソンまであと1か月。
今回で3回目です。

今度こそ歩かずに完走したいところです。

そのために僕なりに作戦を立てて練習しています。

風邪さえひかなければいけそうな感じです。

ただ、年末年始で食べ過ぎてしまい体重が落ちない。
そこだけが気がかりです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)
第387号(2017年1月20日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)