マザコン男と母親思いの見分け方

女性にとって、結婚したくない相手ナンバー1といえば、
「マザコン男」ではないでしょうか。

いくら相手が、一流大学を出て、
一流企業に勤めて将来を約束されているとしても、

すでに都心に3LDKのマンションを購入して、
身長が180センチ以上あり、
休日には料理をふるまってくれるとしても、

ともかくマザンコン男だったらお断り。

というのが賢い女性たちの本音のようです。


いくらマンションを持っているとしても、
毎週末に彼の母親が来て、あれこれと彼の世話をして、
それを彼自身もまんざらでもないと思ったり、

夫婦二人の問題がいつのまにか、
彼の母親に筒抜けだったり、

なにかというと、
「ぼくのままが」と言いたがる男だとしたら、

お互いの合意と信頼に基づく結婚なんて
成立するはずがありません。



もちろん、息子が母親を大切に思うのは、
ごく自然なことでしょう。

若い頃は親に反発ばかりしていても、だんだん
「やさしい息子でいよう」という気持ちがおこってくるのも
理解できないことではありません。

あなたの彼が、母親思いであったとしても、
いちがいにマザコンと決めつけてはいけません。


では、母親思いとマザコンの区別をどこでつけるのか、
これは簡単なようで難しいです。

目安としては、次のような状況が頻繁に見られたら
マザコン男の可能性が大きので、気をつけた方がいいと思います。


(1)デート中でも必ず家に電話する。

(2)父親の悪口を言うまたは、
  母親の話題に比べて父親の話題が極端に少ない。

(3)行儀がよすぎる。ウガイをよくする。手をちょくちょく洗う。

(4)母親が習っている稽古ごとをあなたにもやらせようとする。
  「ままに習えば」などと言う。

(5)母親の若い頃の写真をあなたに見せたことがある。

(6)何か困ったことや重大な懸案があると、
  必ず母親にお伺いを立てる。

(7)母親の意見を何事も優先する。

以上のうち3つ以上あてはまる男性とは、
単なるボーイフレンドとしてでもいいかもしれませんね。

つき合うとしてもそれなりの覚悟が必要です。

 


◆編集後記

 

 

青梅マラソン30K、完走しました!

ですが、21K付近でまたもや足が痙攣してしまい、
歩く走るを繰り返すことに。

昨年と全く同じ内容に、成長のなさを感じます。

いや〜、悔しいですね。

走っている途中は苦しすぎてもう二度と走らないぞ!
と思うのですが、その苦しみはすぐに忘れるらしいです。

今では、
走り終わった後の家族で飲んだビールの記憶だけが残ってます。

来年こそは・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

  

第392号(2017年2月24日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)