会話をスムーズにする方法

喜んでいる相手に対して、
「よかったね」と言うのではなく、

「いいことは続かないから、油断しないほうがいいよ」
と水を差す人。

悲しんでいる人に向かって、
「大変だったね」と慰めるのではなく、

「あなたにも責任があるから反省しなくちゃ」
と無責任な励まし方をする人。


このような人は、
会話の相手を怒らせることが多くなります。

なぜなら、相手の気持ちに沿ってあげるという、
人づきあいの基本ができていないからです。

相手が楽しんでいるときは、自分との会話を通して、
もっと相手に楽しくなってもらえるのが、
会話の上手な人です。

そういう人は、相手が悲しんでいるときは、
その思いを受け止めてあげることで、
悲しみを小さくしてあげられます。

そういう人は、いくら元気づけたいからといって、
相手の気持ちを無視して、

「反省しなよ。あなたはまだ恵まれているほうだよ。
私なんてもっとつらいことがあったんだから」

というようなことは言いません。


人は、自分の気持ちを相手に伝えるために
会話をするのです。

自分の言葉に共感してもらえなければ、
話している人は、「自分を拒絶された」と感じるでしょう。


相手の言葉をしっかり聞いて、
「そうですね」「わかります」と肯定の言葉を返すことは、
相手の感情を受け止めることと同じです。

相手の気持ちを理解しようとせず、
自分の気持ちを押し付けるばかりでは、
相手にストレスを感じさせてしまいます。

会話をスムーズに進めるためには、
「言葉」の中にある「相手の感情」を意識することが
欠かせないのです。


◆編集後記

 

2017年ラストのメルマガです。

今年も毎週金曜日、週1回ですが
怠けずに発行し続けることができました。

父の死という大きな出来事もあった中での
メルマガ発行は苦しい時期もありましたが、

どんな状況や環境になっても、
自分で決めたことが出来たというのは、自信になります。

僕は自分に対して厳しい方だと思います。

組織に属していないので、自分で自分を教育しなければ、
すぐにダメになってしまうという恐怖があるのかもしれません。

でも、厳しすぎる部分もあるので、
2018年はそこをどうするかが課題になりそうです。


今年も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第436号(2017年12月29日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)