恩きせがましい言葉は相手の重荷になるだけ

お世話になった恩人に対して、

「あのとき、○○さんが仕事を紹介してくださったおかげで、
 今の私があります」

という感謝の気持ちを伝えることは、相手を喜ばせます。

しかし、自分がこの逆の立場で、
相手をお世話してあげたときに、

「君が、今の仕事で成功しているのは、
 元はと言えば私のおかげだよね」

というような恩きせがましい言葉を使ってはいけません。

お礼は催促してもらうものではないからです。


起業家のMさんは、
二十名の社員を抱える中小企業の社長です。

Mさんは、社員に対してサービスが旺盛な人でした。

たとえば、
会社に利益がそんなに出ていないうちから、
社員に高いお給料とボーナスを与えたり、

社員が平等に休暇をとれるような制度を作ったりしていました。

そんな社長の気配りに皆感謝して、

「一生M社長についていきます」

と言い出す社員もいました。


しかし、会社が成長して、社員数が増えてくると、
社長の態度が変わってきました。

「君が年齢の割にお金持ちなのは、
 僕がたくさん給料を払ってきたからだ!」

「今度の日曜日、何としてでも都合をつけて、
 取引先のゴルフ接待に行ってくれ。

 君には特別に高い給料を払ってるんだから、
 恩返しのつもりで行け!」

特に、古株の社員に対して、
このような恩着せがましい言動をとるようになったのです。

そして、とうとう創業時から社長の片腕だった社員が、

「社長は変わってしまったから、
 もうこの会社にはいられない」

と怒りだし、退職してしまいました。


「かけた情は水に流せ、受けた恩は石に刻め」
という言葉があるように、

人に対してしてあげたことはすぐに忘れてしまうくらいが、
人間関係を良好に保つためにはいいのです。


そういった状態を作り出すためには、
今の自分自身が満たされていることが、
心の余裕を生み出します。

もし、仕事で満たされないのであれば、
趣味でもプライベートでも何でもいいので、
心を満たす何かを見つけてみるといいでしょう。

時々は、目を閉じ、

「今の自分の心は満たされているのか?」

と内面を探ってみてもいいかもしれませんね。


◆編集後記

ぽっこりお腹が目立ってきました。

膝痛でまともな運動が3か月できていないので、
カロリー消費が上手くできていないのが原因だと思います。

だからといって食生活を変えることも出来ない。

このままだとさらにお腹がぽっこりしそうです。

「まあ、いいか」と思えればいいのでしょうが、
なかなかそう思えません。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第449号(2018年3月30日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)