怒鳴る人は、無関係な人を苦しめる

路線バスでのこと。

ある学生がバスを降りる番になって、
千円札を両替しようとしたとき、
運転手の怒鳴り声がバス中に響き渡ったそうです。

「どうしてバスに乗る前に小銭を用意しておかないんだ!
 オマエのせいでバスが遅れるんだぞ。人の迷惑を考えろ」と。

バスに乗り合わせていた人は、
自分が怒鳴られていたわけでもないのに、
その日一日、嫌な気分だったそうです。

「たしかに運転手さんの言う通りだけど、
 どうしてあんなにどならなくちゃあいけないのよ」


理由は何であれ、「怒り」の発露は、
その場の空気を悪くします。


職場で、あなたの隣にいる同僚が上司から怒鳴られると、
被害者は自分ではないけれども、嫌な気分になるでしょう。

カッとなりやすい上司のいる職場はたいがい、
トゲトゲしい空気が流れているものです。


あるアンケート調査によると、
「嫌いな上司のタイプは」の、
もっとも上位は、
「感情的になって怒鳴りだす上司」です。

自分はもちろん、
人が怒鳴られていることろを見るのはイヤ。

そういう気持ちがアンケート調査の結果には表れています。


すぐに感情的になる、キレる、
といったことは若者の代名詞のようになっていますが、
じつはいま「キレる大人」が増えてきています。

クライエントさんの中にも、

「最近、ほんとうにささいなことで大声をあげてしまうんです。
 キレやすくなったというか、我慢がきかなくなったというか」

こんなふうに、
自覚症状を訴える人は少なくありません。


その背景にあるのは、過度なストレスでしょう。

日々イライラしているところにちょっとした刺激が加わると、
こらえきれなくなって、つい怒鳴ってしまうのです。


最近は、一気に爆発して、
駅員に暴力をふるう乗客が増えているそうです。

その暴力をふるう人は若者よりも、
むしろ三十代〜四十代の大人なのだそうです。

ちょうどストレス過重となりやすい年代です。

ストレスの少ない穏やかな生活、

あるいはストレスがあったとしても
上手に解消できるような工夫をしている人は、
そう簡単にキレることはないものです。

そういった人は、
本当の感情のコントロール方法を知っている人です。


心穏やかにしている人は、その周りの空気も穏やかな、
居心地のいいものにしています。

人間関係がうまくいく理由は、そこにあります。


◆編集後記

ようやく膝の痛みがひいてきました。

約4か月。階段をのぼる度に痛みを感じていました。

一生治らないんじゃないのか?
そう感じていた時期もありました。

ですが、不自由を感じて初めてわかる事がありますね。

普通に階段をのぼれるのは普通ではないことが。

普通に走れることが普通ではないことが。

これからは足に感謝しながら生活したいです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第450号(2018年4月6日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)