強すぎる「承認欲求」が生きづらさを生む

人からどう見られているかが気になってしかたがない。

人からの評価が気になって自由に振舞えない。

そんな悩みを口にする人がいます。

でも、それは誰もが抱いている思いではないでしょうか。

人からの評価が気にならない人などいません。

人からの評価に振り回されないで、
自分らしく生きればいい、
自分の生きたいように生きればいい
などと言われても、

はたして人からの評価を無視することなどできるでしょうか。


仕事の場は、ますます厳しさを増しています。

かつては職場の人間はみんな仲間といった意識がありましたが、
欧米流の人事評価が導入され、
どの職場も従業員の評価システムの構築にやたら熱心です。

そんな時代ゆえに、
私たちは、たえず評価的視線にさらされ、
評価されていることを意識せざるを得ないのです。

評価を意識して、認められたいと思って頑張る。

それは、決して悪いことではありません。

私たちは、幼い頃から、親や先生から認められたくて、
できる子になろうとしてがんばってきたものだし、
そうした承認欲求が成長の原動力だったはずです。

職場でも「使える人物だ」「できるヤツだ」
と認められたくて一生懸命に仕事をするのは、
別に悪いことではありません。

上司から「がんばっているじゃないか」と思われたくて
必死に頑張るというのも、よくあることです。


家庭でも、きちんとした主婦だ、
頼りになる親だと思われたくて、
自分の役目をちゃんと果たそうとするのは、
問題どころか、むしろ立派なことと言えます。

それが成長につながるわけですし、
有能な人はみんなそうしていると思うのです。


でも、それが行き過ぎると、
生きづらさにつながります。

無理をしすぎるのです。

子供の頃から、お母さんから褒められたい、
よい子と思われたいと頑張ってきた人。

学校でも、先生から褒められたい、
よい子と思われたいと頑張ってきた人。

そのようなタイプは、
周囲からの評価を気にしすぎる傾向があります。

承認欲求が強すぎるのです。

社会に出れば、
いくら頑張っても評価につながらないことが
たくさんあります。

承認欲求というのは、
たしかに成長の原動力でもあるわけですが、
それにとらわれすぎると、

自分が何をしたいのか?

どうしたいのか?

どんな生き方をしたいのか?

分からなくなってしまいます。


そこで、承認欲求をうまく生かして成長しつつ、
適度に承認欲求から解放されて自由に振舞うことが
大切なのです。

承認欲求の生かし方と克服のしかた。

それを身に着ければ、
人からの評価に振り回されずにすみます。


◆編集後記

ついに「イチローズ・モルト」を手に入れました!

「ベンチャーウイスキー」という埼玉県の秩父市にある会社で、
この酒造メーカーから発売されるウイスキーは、常に完売状態が続き、
予約だけでも生産分が売り切れになるほどの人気ぶりとなっています。

世界的にも評価の高いウイスキーらしいですね。

毎日の晩酌が楽しみです。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第486号(2018年12月14日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)