前向きに生きていくためのコツ

心理学に「合理化」という言葉があります。

「自分にとって都合の悪い現実を、
必ずしも事実ではない理由で正当化する」

という意味です。

そのように言うと、
「合理化」というものは何か悪いことのようにも
思えてきます。

しかし、実際に「合理化」は、
人間が前向きに生きていくために
とても大切な心の働きでもあるのです。


大学に入学するために、
三年間浪人した男性がいます。

三浪もしたことが、
その後の彼にとっては強いコンプレックスに
なっていました。

しかし彼は、

「三年間浪人したことは、私の人生にとって非常に有意義だった。
私は、回り道したおかげで、かけがえのない経験ができた」

と考え直しました。

すると、
これまで三浪したというコンプレックスに
悩まされ続けてきたことを自然に忘れることが
できたと言います。

彼にとって、
三浪したことが本当に有意義な経験であったか、

その後の人生に何か具体的に
役に立つことがあったのかはわかりません。

しかし、そうした問題は、
ここでは重要ではないのです。

「有意義だった。かけげのない経験だった」

と考えることで、
コンプレックスを忘れ去ることができた。
ということが大事なのです。


これが「合理化」と呼ばれる心理作用です。

こんなものは言い訳にすぎない!
という人もいるかもしれません。

しかし、イヤな思い出を忘れられずに
いつまでも思い悩んでいるよりも、

前向きに生きていくために、
「合理化」が必要になる場合もあると思います。

つまり、出来事はただの出来事で、

その出来事に対してあなた自身が、
「どんな意味」をつけるかで感じ方もとらえ方も、
その出来事の意味も、変わってくるということです。

ぜひ、合理化によって、
「過去の自分の失敗」を許してあげましょう。


◆編集後記

お正月に希少価値の高い「イチローズモルト」を
実家に持って言ったのですが、

なかなか手に入らないウイスキーだったので、
うんちく話でとても盛り上がりました!

お酒はほどほどに飲めば人を幸せにしますね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第490号(2019年1月11日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)