過去のポジティブな感情を思い出す

何かを目指していると、
「自分にはできないかも」と悩む時期があるものです。

つらい仕事や練習にばかりに目がいくと、
夢や目標に向かって行動もできなくなります。

でも、それは能力が伸びようとする際につきものの、
必ず通過しなければならない時期です。

この時、どのように考え、
どう行動するかで次のステージに進めるかどうかが決まります。

これまで成功体験が少なく、
失敗体験ばかりが脳に記憶されていると、

どうしても将来の自分に対して希望を持てず、
ポジティブな感情になりにくくなります。

しかし、いくら失敗経験ばかりの人でも、
過去にうまくいったことや夢中になって取り組んだこと、
心をときめかせたことなど、
肯定的な感情になったことがあるはずです。

脳は未来よりも過去の方がイメージしやすい傾向にあります。

経験していないことよりも、実際に経験している分、
脳に強く記憶されているからです。

そのため、
まずは過去の心躍る体験や胸が熱くなった出来事から、
その時の前向きな感情を思い出しましょう。

過去に思い描いた夢や楽しみながら取り組んだことは何か?

ワクワクしていた頃の自分は、今の自分とどこが違うのか?

このように脳に問いかけて、
過去の体験や経験から肯定的な感情を呼び起こした上で、
将来の「できるイメージ」を作ります。

ただ、それでも将来の夢や目標に対して
「できるイメージ」をすんなり描けないこともあるでしょう。

なぜなら、そのことをまだ経験していないからです。

その場合は、憧れの人や尊敬している人、
なりたい自分を体現している人をイメージしましょう。

その人は何をしているのか?

なぜ、自分はその人に憧れを感じるのか?

その人との間にはどんな違いがあるのか?

このように脳に問いかけることで、
なりたい自分を体現している人物を通して、
将来像をイメージすることができるでしょう。

さあ、あなたの夢や目標を実現している人を見つけてみましょう!


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

自分の中の「どうせ」「でも」「だって」に負けない33の方法 
著:飯山ジロウ(実務教育出版社)


◆編集後記

出版情報です。

7/22(月)に、
僕の初めての単著「なんとなく生きづらいがフッとなくなるノート」
が発売されます。

本屋さんには東京の書店を中心に、
7/22(月)以降に並ぶ予定ですが、アマゾンでは今から予約ができます!
http://www.amazon.co.jp/dp/4295403210

僕は体育系の大学出身で、
文章の勉強は全くしていなかったので、
正直とても大変でしたが、
10年間の思いを込めて、精一杯書きました。

ぜひとも、手に取って頂けたらうれしいです!

◆詳細はこちら
http://www.kokoro-str.jp/article/16133766.html



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第512号(2019年6月14日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)