「嫌われたくない」だけでは、「好き」に進まない

「あの人を好きだ」という感情と、
「あの人から嫌われたくない」と思うこと、
この二つは似ているようですが、同じではありません。

「好きだ」という感情は、前向きで積極的なものです。

人を好きになることで、
私たちは生きることが楽しくなります。

自分をもっと向上させたいという気持ちが生まれ、
瞳がキラキラ輝きだします。

一方「嫌われたくない」という思いは、
人を受け身にします。

ともかく相手に「合わせる」ことばかり考えてしまいます。

相手が「焼き肉が好き」といえば「私も」。

相手が「カラオケが好き」と言えば「私も」。

相手が笑えば私も笑う。

相手が悔しそうな顔をすれば私も悔しそうな顔をする。

そうしておけば、
「嫌われる」ことはないのかもしれません。

しかし、うわべで仲良くできても、
本当に心を許しあえる仲にはなれません。

もし、あなたが「あの人」との関係を、
もっと深いもの、もっと強いものにしたいのであれば、
あえて言いますが、「嫌われたっていい」と、
どこかで開き直ってしまうのがよいでしょう。

ゆっくり、じっくり向き合うのです。

焼き肉は嫌いで、野菜が好きな自分でもいい。

カラオケが苦手な自分でもいい。

そう開き直ってしまうのです。

自分がどんな人間かを「あの人」に知ってもらうのです。

自分の本当の思いを「あの人」に伝えるのです。

そこからあなたの本当の魅力が相手には見えてくるはずです。

もしそれで嫌われてしまったとしても、
それ以上の力で「あの人」を「好き」になろうと
覚悟すればいいのです。

そこからまた「始まる」こともあるのではないでしょうか。

人との絆は「嫌われたくない」という
受け身の感情では深まりません。

お互いの「好き」という前向きな感情があってこそです。

---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「ゆっくり力」でいい人生をおくる 著:斎藤茂太(新講社)


◆編集後記

9月は食中毒がもっとも多く発生する月らしいです。

夏の疲れがあり、胃腸もばてているのでしょう。

僕も9月は胃腸の調子が悪く、
1週間に一度くらいの割合でお腹を壊します。

なので禁酒日を多くして対処しています。

これがまた辛い・・・


●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295403210



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第527号(2019年9月27日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)