新しい集まりに入っていくには勇気がいる

新しい集まりに入っていくのは勇気がいります。

たとえば、趣味で手芸を習いたいと思って、手芸の会に申し込む。

知り合いは誰もいません。

そんなとき、最初に顔を出す日は緊張するでしょう。

行ってみると、みんな親切にしてくれますが、どこかよそよそしい。

他の人はすでに一緒にやっている仲間なので、親しそうです。

休憩中に「そうそう、この間のことなんだけど・・・」と、
あなたの知らない話をしています。

あなたは誰と話していいのか、自分は歓迎されているのかどうか、
ちょっと不安になります。

ひとりだけ、みんなの中にとけこめない、疎外感。

もぞもぞして居心地が悪い。

転校生のような気分になるわけです。

帰りがけには、「またきてくださいね」と、
どの顔もニコニコいっているのだが、家に帰ってくるとぐったり。

「次回はどうしようかなあ、やっぱりやめようか・・・」

ここでやめてしまうか、次回も「えいやっ」とでかけるか。
これで人間関係の広がりに差が出ます。

最初はなんだかとけこめず、
仲間はずれのような感じがしても当たり前です。

向こうも初対面の人には礼儀正しく、遠慮がちになるものです。

新参者のあなたに、すぐになじめず、
とまどいながら仲間になろうとしているのです。

焦る必要はありません。

少々居心地が悪くても気にせず、2回、3回と出かけてみましょう。

そのうちに、あなたがそこにいるのが当たり前になってきます。

とけこんできます。

そして、いつかあなたも何年来の仲間になるのです。

最初からとけこむことを期待しないで、
ゆっくり親しくなって、ゆっくり人間関係を作っていけばいいのです。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「ゆっくり力」でいい人生をおくる 著:斎藤茂太(新講社)


◆編集後記

僕の本が、「週刊女性PRIME」で紹介されました。

けっこうガッツリ紹介されていて、
「白黒思考改善療法」が取り上げられています。

『「なんとなく生きづらい」の正体って? 今すぐできる不安解消法を専門家が伝授』

という題名で掲載されています。

ご覧いただけたらうれしいです!
https://www.jprime.jp/articles/-/16264



また、問題解決ワークショップ入門編(11/3)の受付締め切りが、
10/30(水)までとなっております。

このメルマガをご購読頂いている方は、
参加費が【3000円/名→1500円/名】になります。

更に、特典として、お申込み頂いた方全員に僕の本をプレゼント!

本屋さんやアマゾンなどで買うと1408円(税込み)しますので、
この機会にぜひお申込みくださいね!(^^)!
http://www.kokoro-str.jp/article/16167091.html


●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295403210



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第531号(2019年10月25日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)