運を味方にする心の習慣

いわゆる「運がいい人」に見られる共通点として、
「将来に対して楽観的な観測を持っている」
ということがわかっています。

つまり、不安や心配に心を支配されることが少ないのです。

不安や心配は、
意欲にブレーキをかけてしまう大きな要因になります。

そのために、行動力がにぶってしまうのです。

しかし、楽観的な人には、
意欲にそのようなブレーキがかかることがありません。

ですから、何事にも積極的に行動していけます。

そして、様々な幸運を自分のもとに引き寄せるのです。

また、楽観的な人は、苦境にも強いのです。

仕事や人生では、時に、
苦しい状況に陥ることがあります。

そこで将来を悲観して、
あきらめてしまう人もいるでしょう。


しかし、楽観的な人は、

「まあ、どうにかなるだろう。
もう少し頑張れば、明るい未来が開けるだろう」

と、前向きに考えることができます。

苦境を乗り越えるために何かいいアイデアを思い付けば、
すぐに行動に移すことができます。

そこで、簡単にあきらめてしまうということがありません。

ですから、実際に、その苦境を乗り越えて、
夢や願望を実現していくことができるのです。

「運を味方にする」という言葉があります。

たくさんの幸運を引き寄せるという意味ですが、
運を味方にするために大切なことは、
「楽観的な観測を持つ」ということなのです。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「すぐ動くコツ」著:植西聡(自由国民社)


■編集後記

今シーズンは、マラソン大会に3回出ます。

駅伝、ハーフマラソン、10キロです。

駅伝は1.7キロなので、距離がまちまちで、
練習メニューを立てるのも一苦労です。

とりあえず、目先はハーフマラソンなので、
ケガに気をつけて週2回はしっかり走れるようにしないとですかね。



●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295403210


●【まぐまぐ大賞2019】投票開始です!(12/3まで)
僕の個別登録ページから投票をお願いします(#^.^#)
https://www.mag2.com/m/0001180174.html


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第534号(2019年11月15日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)