大人の習い事にもゆっくり力が肝心

未熟な子供がモタモタしているのを見ていられない。

こんな人はたいてい、自分自身のモタモタも許せないものです。

大人になってからの習い事や芸がなかなか身につかないのは、
初めて習うことの「たどたどしさ」に
自分が耐えられないからだと思います。

昔はデパートのおもちゃ売り場へ行くと、
子供用の木琴や鉄琴が売られていました。

そこでは必ずといっていいほど、
子供がその木琴やら鉄琴やらをたたいていました。

もちろんお世辞にも上手とはいえません。

ゆっくりでたどたどしい。

どうしようもなくたどたどしい。

つっかえ、つっかえ、ノロノロと、なかなか前へ進まない。

さて、大人になって一念発起し習い事を始めたとしましょう。

突然、自分がこのたどたどしい子供に戻ってしまいます。

会社ではいっぱしの顔をしていたおじさんが
「また間違えた!」と先生に叱られる。

つっかえ、つっかえやってはみるものの、
なんとも幼稚で、そんな自分が嫌になり放り出してしまいます。

「もっとうまくできるはずだ。もっと早くできるはずだ」と、
自分への要求が高すぎるのです。

ましてや、となりにいるおじさんが
鼻歌まじりにスイスイと上達していこうものなら、

長年大事に育ててきたプライドが壊れてしまいます。

気持ちはわかりますが、初心者ですから仕方がありません。

多少かっこうが悪くても、時間がかかっても、
「人は人、自分は自分」なのです。

自分に対して温かい気持ちで励ましてあげたいものです。

すべての技術はそのうちに慣れるものです。

いっぺんにうまくならなくても、いつの間にか上達し、
気が付けばスピードアップしているでしょう。

大人の習い事にもゆっくり力が肝心なのです。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「ゆっくり力」でいい人生をおくる 著:斎藤茂太(新講社)


■編集後記

大人の発達障害を改善するワークショップの締切が、
本日(12/6)21時までとなっております。
http://www.kokoro-str.jp/article/16207341.html

ここ最近、カウンセリングでも多いお悩みで、
発達障害が「生きづらさ」の要因になっていることもあります。

思考と行動パターンを修正していけば、
改善の可能性は十分にありますので、
ぜひこの機会にお申込みください。

ワークショップで改善のきかけををつかんでいただければ幸いです。

▼詳細はこちら
http://www.kokoro-str.jp/article/16207341.html


●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://www.amazon.co.jp/dp/4295403210



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第537号(2019年12月6日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)