強すぎる思い込みを弱めるワーク(パーミション療法)の内容

強すぎる思い込みを弱めるワーク(パーミション療法)は、「自分自身でも認識できていない思い込みや信じ込みを弱める方法」です。

特に、「生きづらさ」を感じている人に、おすすめのワークショップです。

人間誰しも思い込みはあるものですが、「〜すべき」「〜しなければならない」という思い込みが強すぎると生きづらく、自分らしい人生を送ることができないと感じてしまいます。

強すぎる思い込みを弱めることで、生きづらさを解消していきます。

日本ではほとんど知られていない方法です。

 

【どんな悩みに対応できるの?】

  • なんとなく生きづらい
  • 自分らしく生きられていない感じがする
  • 自分自身をさらけ出せない
  • 相手に甘えるのが苦手、助けを求めるのが苦手
  • 親子関係がうまくいかない

 

といった「悩みや問題」をかかえている人にはお役に立てると思います。

 WSイラストパーミション

*このワークでは、自分自身がどんなビリーフ(思い込み・信じ込み)や禁止令(成長を妨げるネガティブな暗示)があるのかをチェックすることから始まります。

 

本書 『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』著:前田泰章 では、「パーミション療法」として紹介しています。

→このワークショップの「日時・料金・場所など」を確認したい

→体験談・ご感想はこちら