「がんばる」「なまける」をまぜたくらいがいい

「ちょっと、怠けたいなあ」と思うときは、
無理をしないことです。

何もしないで怠けているほうがいいでしょう。

「怠けたい」という思いをひそませながらでは、
いくら頑張ったところで、効率は上がりません。

懸命に走ってきたつもりでも、後ろを振り返ってみれば
「なんだ、まだ、これだけしか進んでいないのか」
ということにもなりかねません。

「遅れを取り戻さなければ」と、
またあわてて走るのですが、
「怠けたい」という気持ちが背中を引っ張るのです。

結局、疲れるだけでどんんどん時間を食ってしまう。

「怠ける」と思うから、いけないのです。

「ちょっと休むだけ」と思えばいいのです。

プロ野球の先発ピッチャーは、
すべてのバッターに全力投球するわけではないそうです。

「このバッターには少し手を抜いてもいいが、
次のバッターには注意しないと」

と、力のだし加減に強弱をつけます。

「この場面では全力でいかないと。
しかし、ここでは、そうがんばらなくてもいい」

と、場面によって力の入れ方を変えていくのです。

すべてのバッターに対し、
すべての場面で全力投球していたのでは、
スタミナが持ちません。

途中で力尽きてしまいます。

「一帳一弛(いっちょういっし)」という言葉があります。

気持ちを張り詰めるときもあれば、
ゆったりとした気分でいるときもある。

ゆったりしていたかと思ったら、
また「よし、やるぞ」と気合を入れる。

人生で大切なのは、この緊張感と、
ゆっくりのリズムなのだと思います。

いわば上手に怠けていくほうが、
効率がいいという結果になるのです。

自分なりのスタミナ配分を考えて、バランスよく、
「完投」するのがいい人生になるのかもしれませんね。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「ゆっくり力」でいい人生をおくる 著:斎藤茂太(新講社)


◆編集後記

カウンセラーデビュー(起業・副業)を応援する
「問題解決型カウンセラー」養成講座を開始しました。
http://www.kokoro-str.jp/category/1995032.html


3か月前後のトレーニングで、デビューを目標にしています。

なぜ3か月でデビューできるのかは、作戦がありますので、
サイトをご覧くださいね。

今のところ、グループコースの開催は予定していませんので、
ご興味のある方は、個別コースをお申込みください。

デビューしてしまえば、ビジネスパートナーです。

お互いに高め合っていきましょう!
http://www.kokoro-str.jp/category/1995032.html




●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://amzn.to/2YMirML



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第550号(2020年3月6日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)