小さな快感を増幅させる方法

日々の生活の中で、歯磨きが必要なことは、誰でもわかっています。

でも、人に「歯磨きしなさい」と言われたら、
面倒くさいなあと思いますよね。

イヤな気分になります。

「させられること」は面倒くさく感じるものです。

でも、もしやりたくてもできない状況にいたらどうでしょうか?

たとえば、
あなたがインフルエンザにかかり、
歯磨きができない状況だとしましょう。

具合が悪くて起き上がるのも難しい日が続いて、
2日ぶりにようやく歯磨きができたとしたら・・・

「歯磨きってこんなに素敵なものか」と感じるはずです。

歯磨きの気持ちよさを感じると思います。

本当は身体が弱らなくても、私たちの日常の中に、
そういう気持ちよさを感じる場面は、
いっぱい用意されています。

たとえば、
トイレに行くのを我慢して、
やっと行けてスッキリした!とか、

このタイミングでコーヒーを飲んだら、
一口目がすごくおいしい!とか。

まず心の中で「気持ちいい」とか
「おいしい」とか言葉に出して、

それを口に出すことによって、
小さな快刺激が増幅されていって「幸せ〜」となるわけです。

お風呂に入ったときに実験してみてくださいね。

寒い時期、熱めの湯舟に入った瞬間、
「気持ちいいなあ〜」と思います。

そんなときはなんとなく入るのではなく、
まずしっかりと感情の選択をして、
「気持ちいい」を選ぶのです。

そして、心の中で「気持ちいい」と言葉にします。

さらに、口に出して「気持ちいいーーーーー」と言うと、
より気持ちよくなります。

小さな快感を言葉で表現することで、大きな快感になります。

ぜひやってみてくださいね。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ 
著:玉川真理(誠文堂新光社)


◆編集後記

半年かけて体重を5キロ落としました。

おこなったことは、朝をハーブティーだけにして、
1日2食にしたことです。

運動も週3日で継続しました。

始めた当初は苦しかったですが、
慣れればたいしたことないですね。

1日2食でも全然いけます!

体調もいい!



●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://amzn.to/2YMirML



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第551号(2020年3月13日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)