自分のスタイルは永遠だ!

女性ファッションに革命を巻き起こした
フランスのデザイナー、ココ・シャネル(1920世紀)は、

「流行は色あせるが、スタイルだけは永遠である」

と述べました。

「流行は色あせる」とは、
今流行しているものは、時間がたてば時代遅れなものになっていく、
ということです。

特に、現代は流行の移り変わりが激しいので、
今流行しているものであってもアッという間に
時代遅れのものになってしまいます。

今流行している製品は、
来月にはもう古臭いものになっているかもしれません。

今流行しているファッションも、
何か月か後には、もう誰も見向きもしない
時代遅れのファッションになっているかもしれないのです。

そんな移り変わりの早い流行についていくのは、大変です。

お金もかかるし、絶えず流れについていくことは、
精神的なストレスにもなります。

ココ・シャネルは、この言葉で、

「そんな流行を追い求めるよりも、
自分のスタイルを守っていくことのほうが良い」

ということを言っているのです。

その「自分のスタイル」とは、言い換えれば、

「自分らしい生き方、自分らしい考え方、自分らしいファッション」

ということです。

このような「自分らしさ」というものは、
時の流れによって「色あせていく」ということはありません。

それは「永遠」なものなのです。

自分の一生にわたって、永遠に、
自分に生きる喜びを与えてくれるものなのです。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。
「孤独の磨き方」著:植西聰(毎日新聞出版)


◆編集後記

コロナ・ショックが経済に大きな打撃を与えています。

人を集めておこなう仕事は、壊滅的らしいです。

僕の仕事も、数人でおこなうワークショップや
講座などの申し込みは減っています。

ただ、メインで10年間おこなっている
「個別カウンセリング」の件数は、
昨年とほぼ変わりないか、むしろ増えています。
継続して受けて頂ける方も、増えています。

人間の悩みは不況だからといってなくなりませんし、
どこかに助けを求めたいと思うのが人間の心理です。

個人を対象とするカウンセラーは、
「想定外の不況に強い仕事」だと言えるかもしれませんね。
http://www.kokoro-str.jp/category/1995032.html


●その「生きづらさ」あなたのせいではないかも!?
書籍『「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート』
https://amzn.to/2YMirML



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第552号(2020年3月20日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)