生きづらさの原因とは?プレゼント企画を発表します!

前回のメルマガでは、

「生きづらいというお悩みを、
あなたも一度は感じたことがあるのでは?」

というお話をしましたが、

今回のメルマガでは、
「生きづらさの原因について」
お話しをしていきたいと思います。


後半の方に、
プレゼント企画も発表します!
このメルマガ始まって以来の企画ですので、
お楽しみに〜♪

少し長い文章になってしまいましたが、
ご興味のある方はお付き合いくださいね。



会社員時代までの僕の状態を、
一言でいい表すと、
「なんとなく生きづらい」
という言葉がぴったりでした。

理由や原因はよくわからないけど、
生きづらさを感じていたわけです。

実家に戻り、僕は初めて
自分の生きづらさと向きあいます。

たくさんの本を読み、心理学を学び、
自己啓発セミナーなどに参加し、
脳科学的な理論と僕の体験を重ねた
心理療法を実践し、

ようやく生きづらさの原因が
わかってきました。


●生きづらさの原因とは?

じつは、僕がなんとなく生きづらさを
感じていたのは、

気づかないうちに繰り返していた
「思考パターン」「行動パターン」
が原因だったのです。

たとえば、
「目上の人を前にすると委縮してしまう」
という悩みを抱えている人がいるとします。

これも思考・行動パターンの1つです。

「自分より立場が上の人とは、
目も合わせられず、
自分の意見を伝えられず、
『はい』と言うことしかできない」

というパターンができてしまえば、
直属の上司、職場の先輩、
取引先の社長など、

相手が変わっても条件反射のように
同じ対応をしてしまいます。

これが、
「上司からのパワハラ」
「仕事が続かない」
といった悩みの原因になることがあります。


中には、

「怒りや悲しみというマイナス
な感情は悪いものだから、表には出さない」

というパターンができている人もいます。

そういう人は感情を抑え込むため
ストレスがたまりますし、

だれにも自分をさらけ出せず
孤独感を感じることもあります。


●生きづらさを解決するには?

それらを解消するには、
自分が繰り返してしまっている
「思考・行動パターン」を見つけて、
崩す必要があるのです。

生きづらさの原因が、
自分の性質や本質といった
変えられないものではなく、

後からつくられた思考や行動で
あることがわかるだけでも、
意識には前向きになります。

後からつくられた思考や行動は、
壊して捨てることも、
つくり変えることもできます。

そうすれば、
今抱えている生きづらさから、
自分を開放することができます。

その生きづらさを、カウンセリングで
戦略的に解決に向けたサポートを
していくわけですが、

生きづらさを解決するためには、
決して頑張らなければできないことを
するわけではありません。

段階を踏んで、無理なく簡単に
変われる方法をおこないます。

生きづらさが解決していく過程では、

自分で自分の姿を見ることは
できませんので、

もしかしたら、

「本当に変われたのかな?」

「本当に生きづらさはなくなったのかな?」

と感じることもあるかもしれませんが、
気づいたら、こんなことができていた。

気づいたら、こういう考え方ができていた。

という風に、気づいたら自然とできていた
という方々が、僕のクライエントさんでは多いです。


●なぜ、5回前後のカウンセリングで
解決できるのか?


2010年、僕は、
元教師としての経験を活かし、
「教師の悩み専門」のカウンセリング
「心のストレッチルーム」を開業します。

その後、
「不登校の子どもを持つ親御さん」
を対象としたカウンセリングをおこないます。

そして、
少しづつできることも増えていき、

現在では、
「カウンセリング(対話による療法)」と、
さまざまな「心理療法(心理学に基づく療法)」
のメソッドを組み合わせた
「問題解決型カウンセリング」を開発・実践し、

人間関係の悩み、うつ病、適応障害、
社会不安障害、依存症(ACや共依存)などを
薬に頼らないで、

通常なら半年〜1年かかる症状を、
5回前後のカウンセリングで
解決に導いています。
*回数は症状や問題にもより増えることもあります。

特に、薬に頼らずに悩みや問題、
症状などを改善したいという方は
会社員や公務員に多く、
全体の6割を超えています。

5回前後で解決できる、
このスピードの理由は、

僕がクライエントさんに、

「その心理療法がなぜ、
どのように機能するのか」

などメソッドを全て説明しているからです。

たとえば、
社会人の方が人間関係で悩んでいる場合。

苦手な人からの心ない言葉や
態度によって仕事中に憂うつな気持ちや
不安感などに心が支配されてしまう
こともあるでしょう。

そういう気持ちをため込んでいくと、
心はどんどん疲弊していきます。

こういう場合、
問題解決型カウンセリングでは、

「感情をコントロールする心理療法」
などのやり方をクライエントさんに教えて、
ひとりでも実践できるように
トレーニングします。

生活の中で嫌な感情に襲われたときに
使える武器を伝授するのです。

また、クライエントさんに指導するのは、
1つの心理療法ではありません。

状況や原因、症状によって
使いわけられるように、

「依存体質を変える心理療法」や、
「自信を取り戻す心理療法」など、

クライエントさんに必要な
さまざまな武器を伝授している
というわけです。


●プレゼント企画を発表します!

少し長くなってしまいましたが、
そこで、その武器をより多くの方に
知っていただきたいという理由から、

この度、無料動画セミナーを開催いたします。


「生きづらさ」を抱えた方の中でも
特に多いお悩みである
以下の3つのうち
どれかに当てはまる方には、
きっとお役に立てるであろうと思います。

==================
(1)感情のコントロールが苦手な方
(2)トラウマが頭から離れない方
(3)人との距離感がうまくとれない方
==================

動画セミナーのタイトルは、

「問題解決型カウンセラーが教える!
1人でもできる心理療法 7つのレッスン」です。

7日間連続で僕が語りかける
動画セミナーをお届けし、

実践と理論をふまえて、
日常生活で1人でもできる
簡単な心理療法をご紹介していきます。

それが、このメルマガでお伝えしたかった
プレゼント企画です。


初回は、来週の5月18日、
月曜日の朝8時頃にお届けしますので、
楽しみにしていてくださいね。

具体的な内容も、その時にお伝えします。
きっと今現在の閉そく感のある生活を
打破するためのヒントになると思います。

 

今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

あなたにすべての良きことが、
なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第560号(2020年5月15日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)