残り4時間。動機さえあれば人は変われる!

先週より受講生さんを募集してきた
なんとなく生きづらいがフッとなくなる!オンライン講座
ですが、

4時間後の24時に
お申し込み受け付けを締切ります。
⇒ https://online-course.jp/course/maeda-course



●お申し込み特典として、

『生きづらさを改善するために』

というタイトルの特別動画セミナーを
視聴していただけるようにしました。

「ちょっとした課題」も用意しましたので、
正式なカリキュラムが始まる前に
おこなってみてくださいね。


お申し込みいただくと、すぐに、
お申し込みされたメールアドレスに
受講受付けメールが届きます。

そのメールに記載してあるパスワードで
早速ログインしていただくと、
この特典動画をすぐに
ご覧になっていただけます。

ちなみに、正式なカリキュラムは、
6月12日(金曜日)からスタートします。



このオンライン講座は、
「月払い」と「6ヵ月分一括払い」があり、

「まず、1ヵ月だけ試してみよう」
と思われる方は、

月払いを選択して、
7,980円(税込)をお支払いください。

そうすると、
1ヵ月目(6月)のコンテンツに加えて、

特典動画『生きづらさを改善するために』も
視聴していただけます。




●動機さえあれば人は変われる!

「催眠療法の父」と呼ばれる
天才的な心理療法家のミルトン・エリクソンは、


「真に重要なのは、
変わりたいという動機と、
誰も自分の持っている真の能力を
知らないという理解なのだ」


と言っています。

この言葉を知ったとき、
僕の心は震えました。

心の底から何か温かいものが
「うわ」っと湧き出てくるような、
そんな心地よい気持ちになったのを
覚えています。


つまり、
変わりたいとい動機さえあれば、
人は変われるということです。

人の動機は突き詰めていくと、
2つに集約されます。


1つ目の動機というのは、たとえば、
このまま「生きづらさ」を改善できなかったら・・・

「対人恐怖症になる」

「会社をクビになる」

「離婚される」

「ひきこもりになる」

究極は、廃人のようになってしまう
かもしれないといった、

-------------------------------
「今の苦しみから逃れたい」
-------------------------------

という動機と、


2つ目の動機というのは、
今より、自分らしい幸せな人生を送りたい!
今より生活をよくしたい!
今より、経済的にも、精神心的にもよくなりたい!

といった、


-------------------------------
「今より、もっとよくなりたい」
-------------------------------

という、動機です。


この2つの動機のいづれかと、
生きづらさを改善するコツさえわかれば、
人は変わることができます。



そして、


「誰も自分の持っている真の能力を知らない」


ということは、

自分でさえも自分の能力は
わからないということですから、

「生きづらさをなくすなんて無理」

「生きづらさの解決なんて出来ない」と、

「今現在」感じていたとしても、
それは思い込みであり、

「できません」という見えない「線」を
自分の周りに引いているだけなのかも
しれません。


この、
なんとなく生きづらいがフッとなくなる!オンライン講座
での6ヵ月間が、
受講生の皆さんにとって、

一生の財産となる習慣を身に付ける
期間になれば、これ以上嬉しいことはありません。




●申し込もうか、申し込むまいか、
迷っておられる方もいらっしゃると思います。

人間は本来、
ちょっとした意識の切り替えと、
きっかけさえあれば、

今の自分から抜け出せる力を
秘めています。


人は誰しも、
「自ら挑戦しようとする自分」と
「守ろうとする自分」がいて、

その間のどこかで妥協するかが、
そのときの生き方になります。


また、人の心理としては、
挑戦して失敗したら後悔するのですが、
それは短期的な視点であって、

長期的な視点でいえば、
やらなかったことを後悔します。

誰しも一度くらいは、
過去を振り返ると、
「あのときこうしていたら・・・」
と思うことはあったのではないでしょうか?


でも、そんなふうに
迷ったり、考えたりすることにも、
意味があるような気がします。

ぜひ存分に考えられたうえで、
納得のいく選択をしてくださいね。



以上を持ちまして、
なんとなく生きづらいがフッとなくなる!オンライン講座の
最後のご案内とさせていただきます。

ご縁のある方との出逢いを
楽しみにしております。
https://online-course.jp/course/maeda-course

第579号(2020年6月5日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)