代表者プロフィール

プロフィール顔

 

心理カウンセラー/問題解決セラピスト

前田 泰章

(まえだ      やすあき)

 

 

心のストレッチルーム  代表

〜心理療法&心理カウンセリング〜

                                   

略歴・資格

 

1976年

 

1994年

 

1998年

 

1998年

 

 

 

2006年

 

 

 

2007年

 

 

 

2008年

 

2010年

 

 

 

埼玉県東松山市生まれ

 

埼玉県立松山高等学校 卒業

 

日本体育大学体育学部卒業。中高教員免許取得

 

株式会社華屋与兵衛に入社

(和食ファミリーレストラン、現在ゼンショーグループ)

約8年間東京を中心に店長としての経験をつむ。主な業務は店舗経営。

 

レイス株式会社(スカウト会社)に転職。

キャリアコンサルタントとして、主に飲食店店長の転職支援をおこなう。

約600人の飲食店店長との面談をおこない、会社の起業にも携わる。

 

原因不明の目の病気にかかり、手術

このことをきっかけに心理カウンセラーの道を志す。

心理療法マスター、矢野惣一氏の【問題解決セラピスト養成講座】修了

 

中学校教員として勤務。教科は保健体育、学校現場の現状を知る。

 

心理カウンセラーとして川越(埼玉県)にカウンセリングルームを設立。

屋号は、「心のストレッチルーム」

心の悩み、人間関係の悩み、教師の悩み、うつ病、適応障害、社会不安障害などを薬に頼らないで、通常なら半年〜1年かかる症状を3回〜5回のカウンセリングで解決に導いている。

 


◆資格・認定

中学校第一種 保健体育 教諭免許

高等学校第一種 保健体育 教諭免許

【問題解決セラピスト養成講座】修了

レイキヒーリングセカンド・ディグリー伝授

日本プロカウンセリング協会 カウンセラー養成講座修了

▲TOP

取材(TV・ラジオ・雑誌)・メルマガ広告掲載・執筆のお問い合わせ先

ルートCの1.JPG取材(雑誌・テレビ・ラジオ)・メルマガ広告掲載・執筆のご依頼につきましては、以下まで、ご連絡ください。

 

▽▼メールフォームでのお問い合わせはこちら▼▽

→お問合せフォームはこちら

 

▽▼お電話でのお問い合わせはこちら▼▽

   090-2239-0336

【心のストレッチルーム】 担当:前田

(月〜日 8:00〜20:00)

 

★当ルームが発行するメルマガ『心の悩みをストレッチ!人間関係がラクになるコツ』では、誌面に掲載する広告を募集しております。

→メルマガ広告掲載の詳細はこちら


講演風景

◆メールでお問合せ頂いた内容は、すべて拝見させていただいておりますが、内容によっては、お受けできない場合もございますので、ご了承願います。

◆現在お受けしている取材は、雑誌・TV・ラジオの取材のみとさせて頂いております。個人的な取材(前田への取材)をお申込みされる場合は、有料になります。「対面カウンセリング」にてお申込みいただければ幸いです。

◆基本的に個人的なアンケート、個人的な情報収集へのご協力はおこなっておりません。ご希望される方は、対面カウンセリングにて承ります。

◆大学のゼミなどに関する情報収集をご希望される方は、対面カウンセリングにて承ります。

→対面カウンセリングはこちら

▲TOP

心理カウンセラーの前田泰章です!

娘と私はじめまして、

【心のストレッチルーム】代表、心理カウンセラーの前田泰章(まえだ やすあき)です。

 

心のストレッチルームでは、うつ病・人間関係の悩み・職場の悩み・教員(教師)の悩みを薬に頼らないで解決しています。

心理療法や催眠療法、心理カウンセリングのテクニックを用いて、わずか数回で完了するカウンセリングを行ってるのが最大の特長です。

 

 「心の悩みを抱えた人を元気にしたい!!」

 

それが「いま、ここ」で感じる、私ができる仕事の使命だと感じています。

 

今でこそ、好きな仕事をさせてもらっていますが、

心理カウンセラーになるまでは、さまざまな経験をさせて頂きました。

 

サラリーマン、飲食店店長、キャリアコンサルタント、会社立ち上げ、中学校教師、専業主夫、原因不明の目の病、心の病い・・・・・・

 

 

家族があるのに失業し、貯金が5万円になったことも、(毎日が不安で不安で・・・)

 

失業保険で家族を養っていたことも、(さすがに、お酒はやめました)

 

数年前に、「原因不明の目の病」にかかり、手術をしたことも、(痛かったですね〜)

 

そのことが原因で、仕事ができない状況に追い込まれ、

専業主夫をしたことも、(専業主婦の気持ちが何となくわかりました)

 

 

そんな自分はダメな人間だと、無力感に襲われることもありました。

何もかも嫌になって、心が折れそうなときもありました。

本気で死んでしまいたいと、思ったこともありました。

 

でも、今まで生きてきてよかった!

ささやかですが、私なりの幸せを感じることができているからです。

 

家族にたくさん心配かけて、迷惑かけて、つらいこともたくさんありましたが、

生きてきて本当によかった!!

今では、心の底からそう感じています。

 

こんな私でも、なんとかなったのですから、

今現在、悩みや問題を抱え苦しんでいる人も、きっとなんとかなります!

 

ちょっとした出会いや気づきと、「幸せに生きるコツ」さえ知ることができれば・・・

 

 

▲このページの一番上に戻る

自分で決められない人生、いったい誰のために・・・

当時私は、飲食店の店長をしていました。

収入は年齢からすると、もらっていた方だったかもしれません。

ですが、日々の生活に「物足りなさ」を感じていました。それが何なのか、分からないまま忙しい毎日を過ごしていました。

 

 

 

26歳のとき、突然右目が原因不明の斜視に。

しかし、斜視であることを、友人はもちろん、家族にも妻にも隠しました。信じがたい話かもしれませんが、首を傾けていれば、斜視であることがわからなかったのです。

 

  自分しか知らない真実。

 

鏡に映った顔は以前の自分とは別人のようで、鏡を見るたびに気分が落ちていくのがわかりました。

 

   「なんとかしなくてはいけない!」

     そう思いつつも、誰にも相談できず、一人で悩む毎日が続きました。

 

「今の環境が悪いんだ、目の病気になったのも今の環境のせいだ!」 

 

そう自分で勝手に決め込み、転職を決意。

飲食の店長は、収入こそ安定していたものの、1日16時間労働というのは当たり前の世界でした。(今はどうか分かりません)

家族との時間はほとんど作れず、家事・育児は妻まかせ

当然、娘も私にはなつかず、父親らしいことはほとんどしてあげられませんでした。ですので、その当時そう思ったのは、当然だったかもしれません。

 

転職先はどこでもよく、土日さえ休みだったらという条件で、妻に決めてもらいました。

私の人生を振り返ってみると、いつもそうでした。

 

  進学、就職、結婚、転職・・・・・

 

それが良いか悪いかは別にして、 自分で決められない人生を送っていたのは事実だったようです。

 

▲TOP

キャリアコンサルタントに転職、苦しかったけどあの時があったから・・・

転職した先の職業はキャリアコンサルタントという仕事でした。

簡単に言うと、転職の支援をするお仕事です。ここでの仕事は新鮮で、面白い時期もありましたが、人を1時間ほどで、ABCといったように評価することに葛藤を覚えるようになります。

 

 

  しかし、ここでの収穫は大きかったのです。

 

30年間スポーツ欄しか読まなかった新聞は、日経新聞を読むようになり、

マンガしか読まなかった本は、自己啓発の本になり、

まったく苦手だったパソコンの操作ができるようになり・・・・・

 

   「あのときの経験があったから」と、今でこそ感じていますが、

 

    当時は、相当無理をしていたので、本当に苦しかったですね。

 

仕事は何とかなっていたのですが、目の状態が悪くなり、

夜になると、まっすぐ歩けない状態にまでなっていました。

 

目の病気を隠し続けて4年。

 

ついには、普段の生活も困難になり、

心も体も、不安と恐怖でいっぱいになっていました。

 

「このままの状態ではまずい!」

精神的に限界を感じていた私は、妻に目の具合が悪いことを打ち明けました。

打ち明けると、少しだけ気分が楽になったのを覚えています。

 

少しだけ前向きになった私は、病院で検査をしてもらいました。

しかし、異常は見当たらない。

脳のMRIなどの検査もしましたが、さっぱりわからない。

私自身、思い当たる記憶もない。

 

でも、このままでは、何も変わらない。

だからといって、原因不明のまま手術をすることも怖い。

とても、複雑な心境でした。

 

しかし、やがてこう思えるようになったのです。

「もし、手術が上手くいかなくっても、左目がまだあるじゃないか!」

 

人生には自分の力ではどうしようもないことがあります。どうしようもないことは悩もうと悩むまいと結果は同じ。それなら、主治医を信じてみようじゃないか、そう思えたのです。

そして、原因不明のまま、手術をすることになりました。

 

腕のいい主治医のお陰で、手術は成功しました。

 

しかし、当時の状況では、仕事を続けるのは難しく、退職を余儀なくされました。

 

 

 

   31歳、妻子を抱え、失業

 

その当時の収入は、妻のパート代数万円と、失業保険だけ。

東京のアパートも家賃が払えず、出て行くことになったのです。

▲TOP

心理カウンセラーになろう!そう決意したものの・・・

「心理カウンセラーになろう!」

 

しかし、当時は、ほとんどの人が反対をしました。

妻でさえ、

「失敗したらどうすんの?」

「やめたほうがいい、お金はどうするの?生活は?」と、反対されました。

確かに、当時の私は失業中でしたし、失業保険で生活していたくらいでしたから、

「何ほざいてんの?」と言われるのも無理はなかったかもしれません。


でも、こうして、心理カウンセラーをさせてもらっているのも、

とりあえず、具体的に動いたからなんです。

 

「カウンセラーになるためにはどうすればいいのか?」

これだけを考えて、具体的に動いたからなのです。

 

 

●不安はあったけど、具体的に動くことで・・・


私も、正直、心理カウンセラーになれるか不安でした。

開業資金もない、人脈もない、社会的な信用もない、・・・ ないことずくめ。

そこで、どうすればこの状況を打破できるか?考えました。

考えて、考えて、考え抜いたの末に、出した答えは、とりあえず具体的に行動するというシンプルなものでした。

今まで、どうにもできなかったのは、具体的に行動していなかったからだと気がついたのです。「そんなのあたりまえだろ!」と、つっこまれそうですが、具体的に動かなければ、具体的な結果が出ないのは当然ですよね。


次の日、スクールカウンセラーの応募チラシが目にとまり、「これだ!」と直感的に思い、応募しました。しかし、面接を受けるものの、不合格。「どうしよう?」と考えていたときに、ある一本の電話が・・・

「中学校の体育教師をしてもらえないか?1か月の期限つきだが、給料も正規の教師と同じくらい出る」

不安はありましたが、引き受けることにしました。

後日、話を聞くと、スクールカウンセラーに応募したときの履歴書が教育委員会の職員の目にとまり、その職員がたまたま欠員を探していたとのことでした。

 

その後、教師の仕事は1か月で終わりにする予定でしたが、体育の教師が集まる飲み会に参加したのがきっかけで、違う中学校からオファーを頂きました。不安はありましたが、9か月間という期限つきでしたので引き受けることに。

生活費分は、妻が稼ぎだしてくれたので、私が教師をして稼いだお金はすべて開業資金にあてることができました。こうして、教師の仕事ができたおかげで、開業資金をためることができたのです。

もしあのとき、もし、スクールカウンセラーの応募をしていなかったら・・・

また違った人生がまっていたかもしれませんね。

 

そういった意味では、人生で悩んだとき、どうすればいいか分からないとき、考えているだけではだめなんですね。

とりあえず、分からないなりに具体的に動いてみるということが大事なのかもしれません。

そして、具体的に動いた後に、考えればいいのだと、この体験を通して教えてもらった気がします。

 

どうやら、私は運がいいみたいで、約10か月で、開業資金、人脈、を手にいれることができました。もしかしたら、「目に見えない何か」が私を引き寄せてくれたのかもしれませんね。

 

今では、そんな「目に見えない何か」や、

目に見えているすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

▲TOP 

数年前まで失業保険で生活していた【普通のサラリーマン】が・・・

数年前まで失業保険で生活していた、仕事のために家族を犠牲にしていた「普通のサラリーマン」だった人間が、

今どんな生活を送っているのでしょう?

 

心理カウンセラーとして独立起業できた。

□ 昼間に大好きなジョギングをし、趣味の時間を楽しんでいる。

□ 好きなことを仕事にでき、心穏やかな日々を送ることができている。

使えるお金は、サラリーマン時代の3倍に!

□ サラリーマン時代には叶わなかった、家族3人で食事をすることができている。

□ 妻の夢が実現し、今そのことを仕事にできている。

 

人からすれば、「な〜んだ、たいしたことないじゃん」と思われるかもしれませんが、人の幸せは人それぞれでいいのです。

私が心から望んでいたことが、ほぼ実現しています。

特に、夫婦関係は、ここ数年ですごくよくなったと感じています。今まで無理かもしれないと、諦めかけていた「妻の夢」が実現したときは、本当に嬉しかったですね。 

 

   人それぞれ大切なものってあると思います。

 

順番をつけるのは難しいかもしれませんが、今のあなたにとって、本当に大切なものって何ですか?

 仕事ですか? 記事 大仁田さん

 

 お金ですか?

 

 家族ですか?

 

 友人ですか?

 

 健康ですか? ・・・ 

 

(大仁田厚さんと雑誌の取材で 2010/7)

 

 

今の私にとって一番大切なもの。 順番をつけるとしたら、それは家族です。

 

なぜなら、私が地位も名誉も仕事もお金も全て失ったとき、そばにいてくれたのが妻、娘であり、未熟な私たちを見守っていてくれたのが私の両親であり、義母でした。

 

何のかけひきなく、私自身を愛してくれ、信頼してくれた。

そんな家族をこれからも大切にしながら、感謝をしながら生きていければ、最高ではないかと感じています。

 

では、なぜ家族を犠牲にしていた不幸なサラリーマンが、

心から望んでいたことを手にいれることができたのでしょうか?

笑顔の絶えない家族と、幸せに過ごす事ができているのでしょうか?

そして好きな仕事で独立起業までできたのでしょうか?


そこには心理療法との出合いがあったからなのです。

▲このページの一番上に戻る 

心理療法と出会ったことで・・・

私自身、心理療法を学んだことで大変生きやすくなりました。

どんな困った状況にあったとしても、

「必ず切り抜けられる!」

「なんとかなる!」

といった可能性を信じることができるようになったのです。

 

そして、その場に存在している人は、皆その場に必要な人であり、

どんな人もそこにちゃんと位置づけなくてはならないことを学びました。

 

考えることより、まず行動すること、

動きながら考えればよいということ、

行動することは少しも怖いことではないということを、

心理療法を学んできたことで、教えてもらった気がします。

▲TOP

なぜ、心理カウンセラーに?

「なぜ、心理カウンセラーになろうと思ったのですか?」

知人や友人、クライエントさんからよく聞かれる質問です。


「心理カウンセラーになろう!」と思った理由は、ひとつではありませんが、「原因不明の目の病気」を家族や友人、妻にさえも隠し通さなければならなかった苦しみが、根底にあったからだと思います。

いま、あのときのことを静かに振り返ると、あのとき、もし、私自身の問題を誰かに打ち明けることができたら・・・

他の第3者でもいい、誰でもいいから、共感してくれる人がいたら・・・


    そんな誰かがいてくれたら・・・

 

もう少し早く、心がラクになれたかもしれないのです。

勇気をもって、一歩踏み出すことができたかもしれませんね。

 

   「今度は、私がそういった人のお役に立ちたい!」

 

それが、カウンセラーになろう! と思った、ひとつのきっかけです。

▲TOP

なぜ、目の病気を妻にさえも言えなかったのか?

なぜ、目の病気のことを妻にも言えなかったのか?

誰にも相談できず、4年間も隠し続けたのか?

 

私なりに、「あの頃の私」を分析してみました。

 

おそらく、言わなかったのではなく、言えなかったのかもしれません。

それは、私の性格というより、幼少のころからの潜在的な「思い込み」や「信じ込み」が強くあったようです。

つまり、私という人間に貼りついていた、症状や問題が原因だったのです。

 

例えば、「男なんだから・・・」そのあとに続く言葉は、

 

  ・強くあるべき!  面談風景

  ・弱音は吐くな!

  ・人前で泣くべきではない!

  ・家族を守るべき!

  ・我慢強くあるべき!・・・

 

 

というような断定的な言葉やメッセージが伝わります。

 

確かに、そうあったほうがいい場面もあるかもしれません。

しかし、このメッセージが大人になってからも強すぎると、自分を苦しめることになるのです。

大人になってからの私は、人にうまく助けを求めることが苦手で、どんなに辛くても、厳しい状況に追い込まれても人に甘えることができない、そんな人間になっていました。

 

それは、「男なんだから、こうしなければならない!」というメッセージが私にとっては、強すぎたのかもしれませんね。

 

でも、今は大丈夫なのです。

 

なぜなら、心理療法を学んできたことで、無意識にインプットされた「信じ込み」や「思い込み」を弱めるテクニックを知っているからです。

今では適度に人に甘えられるようになり、弱い自分も親しい人にはさらけ出せるようになりました。さらけ出すことで、人間関係がよくなっていると実感しています。

 

これも心理療法との出会いや、さまざまな方との出会い、

さまざまな経験をさせてもらったお陰ですね。

当時は辛かったけど、今ではすべてのことに感謝しています。

ありがとう(*^。^*)

 

最後まで、私のプロフィールにお付き合いくださり、ありがとうございました。

このホームページに訪れてくださったたくさんの人に、

たくさんの幸せが降り注ぎますように♪

たくさんのいいことが引き寄せられますように♪

 

いつか、お会いできる日を楽しみにしています!

 

 

心のストレッチルーム

代表 心理カウンセラー/問題解決セラピスト 

前田 泰章(まえだ やすあき)

▲このページの一番上に戻る