解決志向ブリーフセラピーとは?

「自信」「願望」を短期間で手に入れる

「解決志向ブリーフセラピー」を受けてみませんか?

 

5回の解決志向ブリーフセラピーで、人生を変えるきっかけをつかんでいただければ幸いです。「対面」または、「スカイプ」でのセラピー方法がお選び頂けます。

 

→解決志向ブリーフセラピー事例

→5回のセラピーでどんなことをするの?

→セラピー内容決定/料金のご案内

→お申込みフォームはこちら

 

★ブリーフセラピーとは?

アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンが行った、治療に関する考え方や技法から発展した心理療法です。クライエント(相談者)とセラピストができるだけ協力して、効率的な問題解決を目指すものです。

「短期療法」と訳されます。

 

・「brief」・・・ 短期の、簡潔な

→ 短期とは治療時間が無制限ではなくて、意図的に合理的に用いられることを意味します。

 

「心のストレッチルーム」では、解決策に焦点を当てたブリーフセラピーをおこなっています。

*セラピストが一方的に話す講座ではなく、体験型のセラピーです。

解決志向ブリーフセラピー事例を二つご紹介します

さて、ここでは、解決志向ブリーフセラピーの詳細をお話しする前に、過去の事例を2つご紹介しましょう。お申込みいただく前の参考にしてくださいね。

 

前夫からのひどいDVでボロボロになってしまったAさん(会社員、31歳)の事例をご紹介します。

 

 前夫からのひどいDVを受け、身も心もボロボロになり離婚し、実家に戻ったAさん。「お前なんて生きている意味がない」、「死んでしまえ」、「何もできない妻だ」といった暴言や、時にはひどい暴力を思い出し、心の傷が癒されない。

 仕事は始めたものの、仕事中泣き出してしまうなどの情緒不安定な状態が続いた。苦しいながらにも何とか仕事はこなし、日常生活も送れていたので解決志向ブリーフセラピーをおこなう。

 最初の行動課題は、「週に3回はお風呂で浴槽に入る」ということだった。今まではシャワーですませていたが、ゆっくり浴槽につかることで体も心もほぐれたようだ。

 行動課題は加速し、浴槽に入る回数も増えていく。アロマや入浴剤を使い、入浴時間も長くなる。次第にお風呂に入ることが楽しみの一つとなり、日常生活でどんなに苦しいことを思い出してもリセットできるようになった。

 お風呂がきっかけでさまざまな行動を起こせるようになり、今では、結婚相談所で知り合った優しい男性と再婚。時々、嫌な出来事を思い出すことはあるものの、思い出してもリセットできる方法を知っている分、気分は安定しているという。

 

 過去にどんな苦しい出来事があったとしても、トラウマを抱えていたとしても、今現在、苦しいながらにも日常生活を送れているというのであれば、解決志向ブリーフセラピーは効果を実感できる。

 行動や結果に波はあるので、行動課題がうまくできない時期もある。決めたことの半分しかできないこともある。でも、それは構わない。1日単位でみればできなかったことでも、1週間単位でみればできていることもある。1週間前と比べたら明らかに今までと違う行動を起こしている。そう考えれば、1週間前よりマシになったと思える。

 「上手くいっていないのであれば、なんでもいいから違うことをせよ。上手くいかない方法を続けるな。」これは、解決志向ブリーフセラピーの基本原則。つまり、同じことをしていたら同じ結果になることは目に見えているということだ。当たり前のことではあるが、多くの人は過去から繰り返してきた習慣的なパターンを繰り返している。

 

 

 

 

上司のひどいパワハラでうつ状態になり、子会社に出向を命じられ雑用ばかりさせられていたNさん(会社員、40歳)の事例をご紹介します。

 

 「何で自分だけこんな目に?」怒り、虚しさ、情けなさを感じる日々を送っていた。周囲の人が妬ましく感じることもあり、そう感じるたびに自分に対する情けなさを感じていた。

 「自分はこんなところで終わる人間ではない!」だがどうすればこの状況から抜け出せるのか、わからないでいた。

 Nさんは悲観的ではあったが、腐っていたわけではなかった。与えられた仕事はきちんとこなし、仕事が始まる30分前に出勤するなど勤務態度もよかった。

 そんな状態で解決志向ブリーフセラピーは始まった。

 最初の行動課題は、「奥さんの話を1日5分否定せずに聞く」ということだった。共働きということもあり、最近夫婦の会話が減っていたことが気がかりだった。奥さんの話をじっくり聞くことで夫婦関係に変化が起こる。奥さんが優しく接してくれるようになったのだ。それが嬉しく、優しさを優しさで返すという好循環に入る。

 会社で嫌なことがあっても家に帰れば温かい気持ちで過ごすことができる。それが安心感につながったのだろう。今では、会社で一目おかれる存在になるべく、「ファイナンシャルプランナー」の勉強に励んでいる。

 

 

 幸せを何に求めるかは人それぞれでいい。仕事に求めてもいいし、家族にもとめてもいい。人によっては趣味に求めるということがあってもいい。

 大切なのは、その時々の「座標軸」を持つこと。「座標軸」とは、これだけは何が何でも大切にしたい、守りたいという自分自身の中での「軸」だ。

 学生時代は人間関係、就職したら仕事、結婚したら家族というように変わってもいい。その時々の座標軸が決まっていれば、天秤にかけて比較することができる。たとえば、家族が軸ならば「家族関係を崩してまで仕事を頑張らなくてもいい」、というように、自分にとっての本当に大切ことや幸せを見失わずにすむ。それが守れれば、悩むことも少なくなるかもしれない。

 

→解決志向ブリーフセラピー事例をもっと読みたい方はこちら

→セラピー内容決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピーの「3原則」とは?

 問題を解決し、目標に到達するための3原則をご紹介します。

 @うまくいっていることは、変えずにそのまま続けてみよう!

 A一度やってうまくいったのなら、再びそれをしてみよう!

 Bうまくいっていないのであれば、なんでもいいから違うことをしよう!

  うまくいかない方法を続けるな!


この3つは、解決志向ブリーフセラピーの中心的な考え方です。
多くの場合、上記の原則を守るだけで、問題は解決してゆきます。

→上手くいっている人が上手くいっているのは、なぜ?

上手くいっている人が上手くいっているのは、なぜ?


●上手くいっている人がうまくいっている理由とは? 


上手くいっている人が、上手くいっているのは、この3原則に基づいていたからなのです。

 

 @うまくいっていることは、変えずにそのまま続けてみよう!

 A一度やってうまくいったのなら、再びそれをしてみよう!

 Bうまくいっていないのであれば、なんでもいいから違うことをしよう!

  うまくいかない方法を続けるな!


反対に、うまくいっていない人が、うまくいっていないのは、

この3原則に基づいていなかったからなのです。

 

つまり、教師のあなたが今までうまくいっていなかったのは、

あなたの人間性や性格に問題があったからではありません。

 

それは、今まであなた自身がうまくいっていると信じ込んでいたことを、

習慣的に続けていたからです。

このことは、人間関係、子どもたちとの関係、仕事など、普段の生活にも全てあてはまります。

人生をうまく生きる3つのコツなのです。

 

 


解決志向ブリーフセラピーでは、幸せになっているあなたをイメージします


「あなたは幸せになりたいですか?」


おそらく、この質問に「ノー」と答える人はほとんどいないでしょうね。

 

では、質問します。

 

「あなたにとって幸せとは何でしょう?」

 

幸せになっているあなたの姿を、具体的にイメージできますか?

この質問に関しては、ほとんどの人が具体的に答えられないようです。

 

なぜなら、この質問に具体的に答えることができたら、

ほとんどの人は幸せになっているからです。

しかし、現実は違いますよね。

 

===========================

人生は、自分にどのような質問をするかで決まるといいます。

===========================

 

悩んでいる人は、自分に何も質問していないので、何も答えが返ってこないのです。

ですから、カンセラーが代わりに質問をします。

 

★例えば、こういうことをイメージしてください。

ある日の朝、目が覚めると奇跡が起こっています。

神さまの手によって、今までの悩みがすべて解決されて、新しい朝が始まっています。

すると、あなたはどんな1日を過ごしていますか?

今までの生活とどう変わっていると思いますか?

具体的な行動になっているように答えて下さい。

さあ、あなたは、どんな具体的なことをイメージしますか?

 

解決志向ブリーフセラピーでは、具体的な答えの中から、今のあなたに無理なく簡単にできることを始めます。

とても小さな変化にターゲットを当ててゆきます。

小さな変化が起こると、それがドミノ倒しのように連鎖反応を起こして、いつの間にか大きな変化に発展していくからです。

大きな変化にターゲットを絞ると大きな力が必要になるのです。

 

小さな変化、

つまりその時点でのクライエントさん(相談者)が、無理なく簡単にできる行動を起こすことが大切なのです。

→セラピー内容決定/料金のご案内

 

▲このページの一番上に戻る

解決策に焦点をあてるセラピー:解決志向ブリーフセラピー

解決志向ブリーフセラピーでは、解決策に焦点をあてます。

なぜならば、解決について知るほうが、問題と原因を把握するよりも有効だからです。

 

心の問題はさまざまな原因が積み重なって生まれています。

それを多くの心理療法では、原因が1つの病原菌である感染症のように、原因を探ることに力を注いでいます。

だから良くならないのです。

 

原因に関する情報をいくら収集しても役に立たないのです。

必要なのは解決のための援助に役立つ情報なのです。

これがクライエントのもつリソース(資質・資源)です。

 

 ◇◆ちょっと教えて!! 「リソース」とは?◆◇

リソースとは、クライエントが問題を解決したり、理想のものを手に入れるために役立つものです。その人の資質、資源。その人が持っているにも関わらず、もっていないと思い込んでいるケースが多いようです。   *クライエント(来談者)

 

 

 

 

 

 

 

【心のストレッチルーム】では、

==================================

「悪くなった過去の原因を探るのではなく、現在のあなたにスポットをあて、

今まで知らないでいたあなたの能力を引き出し、幸せなあなたを実現していく。」

==================================

という方針で、セラピーをすすめてまいります。

 

解決志向ブリーフセラピーでは、必ずクライエントに簡単な宿題を出します。

その宿題をしたことで、日常生活の中でもクライエントは自分の問題解決に取り組むようになるので、早期に解決するのです。

また、クライエントは自分自身の力でよくなれたと思うので、再発したりカウンセラーに依存したりしません。

ご予約 / お問合せはこちらへ 

▲このページの一番上に戻る

解決志向ブリーフセラピー事例/子どもたちとの関係が上手くいかない教師

解決志向ブリーフセラピーでは、解決策に焦点をあて、小さな行動をおこしていくという特徴があります。

そのカウンセリング事例をご紹介いたします。

 

====================================

★例えば、今のあなたは、子どもたちとの関係がうまくいかず悩んでおり、

そのことが原因で教師として自信がもてないでいる。そんなお悩みをお持ちだとします。

====================================

 

ライトC.bmp原因追及型のカウンセリングでは、なぜ子どもたちとの関係がうまくいかないのか?と原因を探ろうとします。

 ・それはあなたの言動に原因があるのか?

 ・子どもたちに原因があるのか?

 ・子どもたちの保護者に原因があるのか?・・・

 

原因を探そうと思えば、いくつでも原因があげられます。

ところが、これでは原因を1つ1つ解決するのに時間がかかってしまいます。

さらに、解決できるかどうかも分からない原因も解決しようとするので、苦しい時期が続く可能性があります。

 

解決策に目を向けるカウンセリングでは、今抱えている問題が解決したらどうなっているだろう。という解決像をイメージしてもらいます。

「子ども達との関係がうまくいって、自信をもつことができたら、どんな行動や言葉遣い、仕草などをしているか?」

つまり、原因をさぐるのではなく、解決に焦点をあてる心理療法です。

 

例えば、

 ○おおきな声で子どもたちにあいさつしている。

 ○子どもたちと笑顔で話しができている。

 ○背筋が伸びていて、姿勢がいい。

 ○いつもより10分早く学校に出勤している。

 ○「ありがとう」の言葉が増えている。

 

などといった応えが出てくるでしょう。

「自信を持てている」「毎日が楽しい」というような漠然としたことではなく、具体的であることがポイントです。

そして、その出てきた具体的な答えの中で、今のあなたに無理なく簡単にできることを始めてみます。

それは、1つでも2つでもOKです。

なるべく、今すぐにはじめられる行動のほうがいいでしょう。

気持ちが冷めないうちに始めます。

 


なぜ、今のあなたに無理なく簡単にできる行動なのかというと、小さな行動が少しずつ大きな変化へと、あなたを変えていくからです。


いままでのあなたを振り返ってみてください。

自分を変えよう!と決意してたものの、モチベーションが続かなかったり、自己啓発の本を読んで成功者と同じことをしたけど、続かなかったり・・・

そんな経験はないでしょうか?(以前の私がそうでした。)

 


では、なぜ続かなかったのでしょうか


それは、それらの方法が、当時のあなたには続けられない方法だったからです。

または、そのことが、無理をしなければできないことだったからなのです。

ですから、自分で出した答えの中から、「今のあなた」に無理なく簡単にできることをするのです。

ここで重要なのは、「今のあなた」

つまり、「いま、ここのあなたに小さな変化を起こす」という考え方です。

小さな変化なので、小さな労力でいいわけですし、無理をすることもないので、継続することができるのです。

 

カウンセリング、心理療法の目的は、「行動変容」です。

 

カウンセリング中だけ気分が楽になった、気分が晴れた、リラックスできたというのでは十分ではありません。

具体的な行動に変化が起きなければ、カウンセリングの目的を果たしたとはいえません。

 

心理学によれば、人間の行動の少なくとも90%は習慣によるものだといいます。

つまり、今までのあなたが自信を持てなかったのは、自信を持てない習慣をしていたからなのです。

また、あなた自身の性格に問題があったわけでもないのです。

 

ということは、今のあなたに無理なく簡単にできる行動を起こして、

習慣さえ変えることができれば・・・

 

もうお分かりですよね。

→セラピー内容決定/料金のご案内

 

▲TOP

5回の解決志向ブリーフセラピー講座でどんなことをするの?

5回の解決志向ブリーフセラピー講座でどんなことをするのか?ご紹介します。

 

◆1回目

 カウンセリングで今抱えている悩みや問題、心配なこと、不安なことなどをお伺いいたします。もちろんお話できる範囲で構いません。悩みや問題を共有することで解決の糸口を探っていきます。

 行動課題は解決に向けての簡単な質問をお出しします。質問の答えを出すことが重要なのではなく、その質問を考えることが大切です。

 

◆2回目

 2回目の講座からは解決志向ブリーフセラピーをおこないます。

 ここでは現状を客観的に把握していきます。現在自分はどこにいて、どこに向かおうとしているのか、今まで気づかなかった自分自身を発見できるかもしれません。無理なく簡単にできる行動課題を一緒に決めます。

 

◆3回目

 前回決めた行動課題の振り返りをおこないます。行動課題が出来なかったとしても問題はありません。出来なかったなりの解決策をご紹介します。

 ここでのメインは、幸せになる6つの要素を一緒に考えていきます。思考の偏りなどを客観的に把握し、改善方法などをご紹介します。ここでも、無理なく簡単にできる行動課題を一緒に決めます。

 

◆4回目

 ここでのメインは、願望がかなっている(問題解決している)1日と現状の違いを知ります。日常生活の小さな変化に焦点をあて、行動課題を決めていきます。小さな変化はドミノ倒しのように、いずれ大きな変化を起こします。

 

◆5回目

 願望実現法をご紹介します。そもそも多くの人は自分にとっての「本当の願望」が何なのかを知りません。それを手に入れないと分からないというのはありますが、やみくもに動いても願望が叶うとは限りません。ここでは、願望実現法を知ることにより、行動課題を加速させ、変化を実感しやすくしていきます。

→解決志向ブリーフセラピー事例はこちら

 

*この5回のセラピーを約3カ月間かけておこないます。初回から2回目の間隔はさほどあけなくてもいいと思いますが、3回目以降は、2週間程度の間隔でお受けしたほうが変化を実感しやすくなります。

ですが、期間と間隔はあくまでも目安ですので、相談しなから一緒に決めていきましょう。

→料金・サービス案内はこちら

セラピー方法の決定/料金のご案内

解決志向ブリーフセラピーが、「スカイプ」でも受けられるようになりました!

5回のセラピーで人生を変えるきっかけにして頂ければ幸いです。

→5回のセラピーでどんなことをするの?

 

 

対面で受けたい
お一人で受けることはもちろんのこと、夫婦、親子、恋人などお二人で受けることもできます。約3カ月、5回のセラピーをおこないます。お申込みフォーム、お電話(090-2239-0336 担当:前田)からご予約を承っております。

対面セラピーの内容 

予約方法

お申込みフォーム「対面」 を選択し、受ける 「人数」 を選んでください。

・ご予約状況をご確認のうえ 初回日時 をお決めください。(2回目の日時はお決め頂かなくても構いません)→ご予約状況はこちら

 

・お申し込み後、確認メールとともに振込先金融機関をお知らせいたします。お電話でのお申込みの場合はその際にお伝えいたします。

場所 埼玉県川越駅西口、徒歩3分のルームで行います⇒当ルームのご案内
開始時間

1日4回(開始時間@10:30〜 A14:00〜 B18:00〜 C20:00〜)

→ご予約状況はこちら

料金

・お一人で受ける場合: 65.000円(税込、全5回→1回60分)

・お二人で受ける場合: 75.000円(税込、お二人分の料金、全5回→1回70分)

 

*メールでお伝えする 指定口座へのお振り込み となります(クレジットカードのご利用はできません)

*お振込手数料は、ご負担くださいますようお願いいたします。

*6回目以降は1回につき、お一人→13.000円 お二人→15.000円にて承っております。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
→お問合せフォームはこちら

 

 

スカイプで受けたい

スカイプとは、インターネットを使った無料電話です。音声通話、ビデオ通話(顔を見ながら話します)のどちらかを選択できます。約3カ月、5回のセラピーをおこないます。お申込みフォーム、お電話(090-2239-0336 担当:前田)からご予約を承っております。→スカイプとは?

スカイプセラピーの内容

予約方法

・人数は基本的にお一人ですが、お二人で希望される場合はご相談ください。

お申し込みフォームで、 「スカイプ(音声通話)」 または 「スカイプ(ビデオ通話)」 をお選びください。

スカイプ名をご記入下さい。(スカイプ名がわからない場所はその旨をコメント欄にご記入願います)

・ご予約状況をご確認のうえ 初回日時 をお決めください。(2回目の日時はお決め頂かなくても構いません)→ご予約状況はこちら

 

・お申し込み後、確認メールとともに振込先金融機関をお知らせいたします。お電話でのお申込みの場合はその際にお伝えいたします。

開始時間

1日4回(開始時間@10:30〜 A14:00〜 B18:00〜 C20:00〜)

→ご予約状況はこちら

料金

・お一人で受ける場合: 65.000円(税込、全5回→1回60分)

 

*メールでお伝えする 指定口座へのお振り込み となります(クレジットカードのご利用はできません)

*お振込手数料は、ご負担くださいますようお願いいたします。

*6回目以降は1回につき、お一人→13.000円 お二人→15.000円にて承っております。

◆スカイプでセラピーを受けるお客様へ

メールで資料を送りますので、プリンターまたはファックスをご用意頂けたらと思います。ご用意できない場合はご相談ください。

解決志向ブリーフセラピー(5回)専用お申込みフォーム

解決志向ブリーフセラピー(5回)専用の「お申込みフォーム」です。

お申込みの際は、必ず「セラピー内容の決定/料金のご案内」をご覧ください。

→「セラピー内容の決定/料金のご案内」はこちら

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)

(例:ヤマダタロウ)
性別(必須)
男性
女性
(性別を選択して下さい。)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
携帯TELまたは、自宅TEL(必須)

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
セラピーの人数(必須)
一人で受ける
二人で受ける
セラピーの方法(必須)
対面
スカイプ(音声通話)
スカイプ(ビデオ通話)
スカイプ名(スカイプ希望者のみ記載)

(例:cocorosut)
初回希望日時(必須)
※2500 文字以内でお願いします

(例:@3月22日14時〜A3月25日20時〜B4月1日18時〜)
2回目希望日時(ご希望があれば承ります)
※2500 文字以内でお願いします

(例:@3月22日14時〜A3月25日20時〜B4月1日18時〜)
セラピストに伝えておきたいこと
※2500 文字以内でお願いします

(例:仕事の都合上、開始時間を19時〜にしてもらえないか)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、お電話にてお申込み願います。