NLP(神経言語プログラミング)とは?

NLP(神経言語プログラミング)は、

「3人の天才的セラピスト」である催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフリッツ・パールズ、家族療法のバージニア・サティアが 意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したものです。

 

1970年代、ベトナム戦争で多くの人が心に痛手を受けたアメリカで、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが心理学と言語学をもとに体系化した人間のコミュニケーションに関する新しい学問です。

ベトナム帰還兵やその家族の抱える問題に、NLPは驚くべき成果をもたらしました。

それまでのどのセラピー手法よりも速く確実に病巣を見出し、しかもクライアント自身の治癒力や病気への取り組みを高めることで 画期的な改善がなされたのです。

NLPはまたたく間にアメリカ中のセラピストにひろまりました。

 

その後、NLPは時代の進展とともに進化し、治療から教育、スポーツ、そしてビジネスの世界でも活用され、数々の成果を収めています。

スポーツ界では、世界ランキングのTOPから一旦落ち込んだものの数年後に再度1位に返り咲いたテニスのアンドレ・アガシ選手や、政界では巧みな演説で人々の心をつかんだアメリカのクリントン前大統領などがNLPを取り入れ成果を出したことで有名です。

→NLPカウンセリング事例はこちら

▲NLPのトップページに戻る

NLP(神経言語プログラミング)は「五感と言語がつくるプログラム」

それでは、NLPのことをもう少し詳しく、ご説明していきましょう。

NLPとは、Neuro-Linguistic Programming の頭文字をとったもので、日本語では「神経言語プログラミング」と訳されます。


Nは「ニューロ(Neuro)」脳の働きです。

私たちがどのように「五感」(視覚、聴覚、身体感覚、嗅覚、味覚)で感じ、考えるかを意味します。


Lは「リングイスティック(Linguistic)」つまり、言語です。

これには、普通に話している「言葉」のほかに、「非言語」も含まれます。非言語とは、「表情」「動作」「姿勢」「呼吸」「声のトーン」など、言葉以外で表現する情報のことです。

 

そして、Pは「プログラミング(Programming)」を意味します。

これはその人その人に脳の組み込まれた行動や感情のパターン、記憶のことです。


NLPは、「五感と言語による体験が脳のプログラムを作り、行動を決定づける」ことにより、原因(もとなる体験)から結果(現在の状態)へのプロセスに注目していきます。

 

たとえば、梅干しをイメージするだけで唾液が出るのは、過去の体験によるプログラムです。

しかし、生後まもない赤ちゃんが、梅干しを見て唾液が出るでしょうか?

 

 ○五感と言語による体験(梅干しを食べたらすっぱいと感じた→唾液が出た)

       ↓

 ○脳のプログラム(梅干し=すっぱい=唾液が出る)

       ↓

 ○行動を決定づける(梅干しをイメージ=唾液)

 

もし、脳のプログラムで、「梅干し=すっぱい」を「梅干し=甘い」にNLPで書き換えることができたら・・・

唾液は出ないことになります。


NLPでは、プログラムそのものをさまざまな手法で書き変えていくことで、結果をより望ましいものへと変化させることを可能にし、より自分の能力を発揮できる状態へと導いていくのです。


NLPには、たくさんの考え方やスキルがあります。

その基本にあるものは、「幸福で、成功した人間になるために必要なステップを見つける科学技術」といえるでしょう。

→NLPカウンセリング事例はこちら

▲NLPのトップページに戻る

NLP(神経言語プログラミング)とはどんな心理療法なの?

今までの心理学は、人の病理に注目してきました。

NLPは、健康な人や、すでに問題を解決した人、優れている人のパターンに注目しました。

 

良い結果を出せる人と出せない人とでは何が違うのか?

違いを生む違いに注目して、優れた人の行動パターン、思考パターンを体系化したのがNLPなのです。

 

 

たとえば、「物事を暗く考えてしまう」。「周りの人たちが自分の悪口を言っているような気がする」といった悩みは誰でも一度はもったことがあるでしょう。

 

そのようなとき、NLPを使ったセラピーでは、「物事を暗く考えてしまう」という人に、こうアドバイスします。

「あなたが暗く考えている事を映像としてイメージしてみてください。

そして、その映像をキラキラ明るくしてみてください」これで、気持ちも明るくなるのです。

 


「周りの人たちが自分の悪口を言っているようなきがしてしょうがない」という人には、次のようにいいます。

「その人たちがあなたのどんな悪口を言っているか、その声をイメージしてください。そして、その声を早回しにして、トーンを上げてみてください」。

そうすると、とても滑稽な感じになって嫌な幻聴に惑わされることはなくなります。

 

 

では、もし、教師がNLPを活用できたら・・・

自分自身の問題も解決しつつ、子どもとの関わりも大きく変えられるかもしれません。

教師がNLPを活用して、子どもたちにできる可能性のあることをあげます。

 

 1.いつでも子どもたちとの信頼関係が築ける

 2.授業で失敗したことや、そのとき感じた嫌な感情を自在に操れる

 3.学級崩壊したという辛い過去を書き換える

 4.やめたい行動や嫌な体験を、望ましい行動や体験と入れ替える

 5.理想の教師像に近づける

 6.「教師たるもの・・・であるべき!でも、それじゃダメだ」という葛藤をおさえる

 7.生徒の気持ちを知る

 

NLPは、心の有り様をあれこれ変えるのではなくて、 イメージを変換することによって、心を変えていく心理療法なのです。

→NLPカウンセリング事例はこちら

 

ご予約 / お問合せはこちらへ 

▲NLPのトップページに戻る