教員教師の休職者・病休状況について

「心の病い」が原因で休職に追い込まれている教員の数は、年々増え続けています。

 

児童・生徒、保護者、教師間の関係に疲れ果て、自ら命を絶つ教師の方も多いと聞きます。

では、どのくらい病休に追い込まれている教員がいるのでしょうか?

教員教師の休職者・病休状況の詳細はこちら

心の悩みを抱えている学校関係者の皆様へ

教員教師の休職者・病休状況(全国の小学校、中学校)

教員教師の休職者・病休状況 (全国の小学校・中学校)

 

 小学校(校長・副校長・教諭・・・)

 中学校(校長・副校長・教諭・・・)

 学校数(校)  教員数(人)  休職者(人)  学校数(校)  教員数(人)  休職者(人)
 平成14年        1,135          834
 平成15年        1,178          861
 平成16年        1,199          957
 平成17年   23,123  416,833    1,383   11,035  248,694      985
 平成18年   22,878  417,858    1,443   10,992  248,280    1,087
 平成19年   22,693  418,246    1,618   10,955  249,645    1,191
 平成20年   22,476  419,309    1,719   10,915  249,509    1,205
 平成21年   22,258  419,518    1,754   10,864  250,771    1,205
 
 *以下の都道府県の数値は、平成21年のデーターです
 埼玉       828   19,926        85       448   11,865        51
 東京     1,373   31,077       182       817   18,690       122
 神奈川       895   24,256       115       480   14,127        75
 千葉       855   18,218        95       406   10,579        48
 群馬       344    7,068        19       178    4,050         5

「政府統計の総合窓口」の資料から作成

 

*対象者は、校長・副校長・主幹教諭・指導教諭・教諭・助教諭・講師

*休職者は、職務上の負傷・疾病、育児休業を除いた人数を掲載

*国・公・私立の合計数を掲載

→教師の心の悩み相談はこちら

教員教師の休職者・病休者【都道府県】状況(平成21年度、小学校・中学校)

教員教師の休職者・病休者が多い都道府県状況 (平成21年度、小学校・中学校)

   小学校(校長・副校長・教諭・・・)  中学校(校長・副校長・教諭・・・)
 休職者数(人)  休職者÷職員数(%  休職者数(人)  休職者÷職員数(%)
 1  東京   182  沖縄   0.95  東京   122  沖縄   1.15
 2  大阪   158  大阪   0.59  大阪   121  大阪   0.77
 3  神奈川   115  東京   0.59  神奈川    75  東京   0.65
 4  愛知   105  広島   0.55  北海道    63  岡山   0.65
 5

 千葉

 北海道

    95  千葉   0.52  愛知    58  佐賀   0.63
 
 45  島根      8  奈良   0.18

秋田・群馬

     5  茨城   0.16
 46  福井      8  福島   0.15  山梨      4  和歌山   0.16
 47  山梨      5  山梨   0.15  和歌山      4  群馬   0.12

「政府統計の総合窓口」の資料から作成 

 

*対象者は、校長・副校長・主幹教諭・指導教諭・教諭・助教諭・講師

*休職者は、「職務上の負傷・疾病」、「育児休業」を除いた人数を掲載

*国・公・私立の合計数を掲載

→教師の心の悩み相談はこちら

▲このページの一番上に戻る

教員教師の休職者数・病休【全都道府県】状況(平成21年度、小学校・中学校)

教員教師の休職者数・病休 全都道府県状況 (平成21年度、小学校・中学校)

   小学校(校長・副校長・教諭・・・)  中学校(校長・副校長・教諭・・・)
 教員数(人)  休職者(人)

休職者数÷ 教員数(%)

 教員数(人)  休職者(人)

休職者数÷ 教員数(%)

 北海道   19,786         95      0.48   12,587         63     0.50
 青森    5,489         15      0.27    3,412         18     0.53
 岩手    5,504         24      0.44    3,316         13     0.39
 宮城    8,231         31      0.38    4,900         26     0.53
 秋田    3,930          9      0.23    2,458          5     0.20
 
 山形    4,568         21      0.46    2,652         11     0.41
 福島    7,922         12      0.15    4,822          8     0.17
 茨城   10,338         23      0.22    6,224         10     0.16
 栃木    7,005         19      0.27    4,283         19     0.44
 群馬    7,068         19      0.27    4,050          5     0.12
 
 埼玉   19,926         85      0.43   11,865         51     0.43
 千葉   18,218         95      0.52   10,579         48     0.45
 東京   31,077        182      0.59   18,690        122     0.65
 神奈川   24,256        115      0.47   14,127         75     0.53
 新潟    8,828         25      0.28    5,203         18     0.35
 
 富山    3,679         12      0.33    2,141         11     0.51
 石川    4,232         14      0.33    2,386          7     0.29
 福井    3,203          8      0.25    1,928          7     0.36
 山梨    3,352          5      0.15    2,016          4     0.20
 長野    7,761         20      0.26    4,850         14     0.29
 
 岐阜    7,480         34      0.45    4,426         19     0.43
 静岡   11,463         23      0.20    6,833         13     0.19
 愛知   22,904        105      0.46   13,200         58     0.44
 三重    7,202         36      0.50    4,121         17     0.41
 滋賀    5,205         17      0.33    2,988          9     0.30
 
 京都    8,723         21      0.24    5,224         15     0.29
 大阪   26,829        158      0.59   15,773        121     0.77
 兵庫   18,506         60      0.32   10,631         41     0.39
 奈良    4,928          9      0.18    3,023         16     0.53
 和歌山    3,971         16      0.40    2,511          4     0.16
 
 鳥取    2,532         10      0.39    1,465          7     0.48
 島根    3,496          8      0.23    1,979          8     0.40
 岡山    7,131         25      0.35    4,157         27     0.65
 広島    9,537         52      0.55    5,537         28     0.51
 山口    5,262         23      0.44    3,291         16     0.49
 
 徳島    3,299         16      0.48    1,924         11     0.57
 香川    3,624         11      0.30    2,111          6     0.28
 愛媛    5,498         17      0.31    3,138         14     0.45
 高知    3,415         16      0.47    2,298         13     0.57
 福岡   15,599         67      0.43    9,522         48     0.50
 
 佐賀    3,349         17      0.51    2,217         14     0.63
 長崎    5,717         16      0.28    3,681          9     0.24
 熊本    7,115         37      0.52    4,204         22     0.52
 大分    4,587         21      0.46    2,746         17     0.62
 宮崎    4,329         16      0.37    2,928         15     0.51
 
 鹿児島    7,749         24      0.31    4,706         19     0.40
 沖縄    5,689         54      0.95    3,648         42     1.15
   AV 0.38%    AV 0.43%

「政府統計の総合窓口」の資料から作成 

 

*対象者は、校長・副校長・主幹教諭・指導教諭・教諭・助教諭・講師

*休職者は、「職務上の負傷・疾病」、「育児休業」を除いた人数を掲載

*国・公・私立の合計数を掲載

→教師の心の悩み相談はこちら

▲このページの一番上に戻る

教員教師の休職者数データー活用方法

たとえば、教師の休職者数が多い都道府県(中学校)の数値を見ると、

休職者数の割合(休職者数÷教員数)のトップは、沖縄県(1.15%)。

また、割合の少ない県は群馬県(0.12%)です。

割合の差をみると、1%も違うのがわかります。

 

では、なぜ、同じ日本でそこまで違うのでしょうか?

群馬県は、教員に対して、どんな対策をしているのでしょうか?

いいところを真似ることはできないでしょうか?

休職者の割合の多い県が、少ない県から学べることは・・・

 

学校運営に携わっている管理職のみなさんに、「教員教師の休職者数データー」を活用して頂ければ、幸いです。

→教師の心の悩み相談はこちら

▲このページの一番上に戻る