周囲が応援したくなる人とは?

「不安だけど」と最初にいってもらえれば、
周囲の人も「そのときは協力しなくちゃ」と受け止めます。

「この人、大丈夫かな」と心細くなる人もいるでしょうが、

「ベストを尽くす」「頑張る」といってもらえれば、
「しっかり支えてあげよう」と思うものです。


それから、
不安を抱えながらも何かに挑戦しようとする人がいれば、
応援したくなるのが私たちです。

自信たっぷりに挑む人より、
心の中で「頑張れ!」と励ましたくなります。

たとえば、人前で話すのが苦手とか、
大勢の人間を前にすると上がってしまうような人は、
あいさつやスピーチが回ってくると尻込みします。

でも、いつまでもグズグズはできません。

観念したように前に出るのですが、
表情はやっぱり不安に満ちています。

もちろん虚勢を張ったりはしません。

そんな余裕もないのです。

「きっとドキドキしているんだろうな」
と誰でもわかるぐらい、緊張しています。

そういう様子を見ると、やっぱり応援したくなりますね。

「失敗してもいいから、最後まで頑張ってね」
と心の中で励ましてしまいます。


強がったり、虚勢を張る人に対しては、
そんな気持ちにはなれません。

スピーチでも、
いかにも自信たっぷりに話し始める人がいれば
「イヤな感じだな」と思うし、

「どうぞ勝手に」と突き放してしまいます。

かりに話の途中でつまずいても、
「頑張って」と応援する人は少ないはずです。

それが、人間の心理というものではないでしょうか。


つまり、不安なときや自信がないときには、
その気持ちをムリに押し殺す必要はないのです。

正直に言葉や態度に表しても、少しも不都合はありません。

もしそういう人がペルプのサインを出したときには、
周りのみんなが手を貸してくれるからです。

周囲が応援したくなる人って、そんな人です。


◆編集後記

川越マラソンまで、あと1ヶ月です。

昨年は1キロ5分30秒ペースで走るのがやっとだったのですが、
今年は、5分で走っても大丈夫になりました!(^^)!

今回のレースではいい記録が出そうな予感です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第324号(2015年10月30日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

劣等感って必要なの?

人間関係をややこしく、ストレスの原因の一つになっているもの、
それは劣等感でしょう。

劣等感を定義しておくと、
「他人に比べて自分が劣っていると感じる不安」です。


ではなぜ、劣等感は人間関係を悪くするのでしょうか?

たとえば、何か失敗を他人に指摘されたとします。

自信のある人は、
「あっ、しまった」と素直にうけとめ対処するでしょう。

しかし、劣等感の強い人は、たったそれだけのことであっても、
自分の人格を否定されたような気がしてしまうのです。

そのため、陰で相手の悪口を言って、
自分の劣等感を晴らそうとします。


また、自分が苦手としていることをうまくできる人を見ると
劣等感が刺激される人がいます。

そういった人は、
その人の欠点を見つけて批判したくなるのです。

自分が相手より劣っていると思うと不安なので、
相手のほうをおとしめようとする心理状態です。



しかし、カウンセラーの立場として申し上げれば、
劣等感のない人間などこの世にいません。

むしろ、それを克服しようと、
プラスの方向に向かうことによって、
人は素晴らし仕事をなしとげたりするのです。

ですので、
自分の劣等感をどうとらえるかが大切なのです。


両腕のない人が足の指を使ったり、
筆を口にくわえて素晴らしい絵を描く、
という例もあります。

また、ベートーベンが難聴だったことは有名ですね。

耳がよく聞こえなかったのに、
あれほどまでに素晴らしい曲を次々に創作したのです。

「ここが他人より劣っている」と思った時、
あえてその劣っていることに挑戦すればいいのです。

もしくは、似たようなことにチャレンジすればいいのです。

そして、「劣っている」という不安が消えるまで努力をする。

劣等感を克服しようとする努力をするうちに、
眠れる能力が掘りおこされということもあります。

あなたが、若くて、負けず嫌いの性格で、
それゆえに強い劣等感をいだいてしまうのならば、

それは、むしろ素晴らしいことを成し遂げる可能性を
秘めているといえます。

あなたの劣等感はそのための原動力になると、私は思います。



ちなみに私がマラソンを続けているのも、
劣等感が根底にあるからです。

陸上選手が活躍している姿をTVなどで見ると、
どうしようもない気持ちになってしまいます。

勝てるはずがないと、頭ではわかっているのですが、
こればかりはコントロールのしようがありません。

だからこそ、飽きっぽい私が
5年もマラソンを続けられているのだと思います。

さて、みなさんは、
劣等感をどんなエネルーギーに変えたいですか?


◆編集後記

先日、日経新聞でも紹介されていましたが、
今、蜂蜜が話題を集めています。

中には、ピロリ菌などにも効果がある蜂蜜もあり、
これから増々人気を集めそうですね。

私も「マヌカハニー」を毎日食べており、
体調が改善傾向にあります。

「人気がある=体にいい」
という自己暗示にもなっているようです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第323号(2015年10月23日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

不安な気持ちに支配されたときの対処法

新しいポストに就いたり、慣れない仕事を任されたりすると、
だれでも不安になります。

そういう不安は本来、自然な感情ですから、
ムリに打ち消す必要はないはずです。

不安だけど、逃げ出すわけにはいかないから、
向かっていくのがわたしたちです。

不安を抱えながら、ひとつひとつ実行していくうちに、
「大丈夫だな」とか、「何とかなりそうだな」という
自信が生まれてきます。

でも同時に、
わたしたちには「不安を見透かされたくない」
という気持ちも生まれてきます。



たとえば、
ポストが上がって部下を持つ立場になると、

「弱みを見せたらなめられてしまう」とか、
「自信を持ってふるまわないと信頼されない」
と考えます。

経験したことのない仕事を任されたときも同じです。

自分が出した企画が通って、
「さあ、これからだ」と思っても不安はあります。

 ・うまくいくかどうか?
 ・みんなの協力が得られるかどうか?
 ・とんでもない見込み違いがあったらどうするか?

考えれば不安なことだらけです。


その不安を、あえて否定するとどうなるでしょうか?

虚勢を張ります。

強がって、周囲のアドバイスを「大丈夫です」とはねつけたり、
「ここは任せてほしい」と拒んだりします。

うっかり助けを求めて「頼りない」とか、
「口ほどでもない」と思われるのがイヤなのです。

けれども、強がった瞬間から、
ヘルプのサインは出しにくくなります。

周囲も「余計なことは言わない」
といった態度になりますから、
ますます自分からペルプのサインは出せなくなります。



あなたにもしそんな傾向があるようでしたら、
不安な気持ちを抱えているときには、
「不安だ」といってみてください。

これは少しも恥ずかしいことではありません。

「不安だけど、ベストを尽くしてみる」
という気持ちは、決してウソではないと思うのです。

「自信はある」といい切って、
途中でポキンと折れたり投げ出したりするよりも、
はるかに正直で、誠実な態度になるはずです。



◆編集後記

先日、軽井沢に買い物に行ったとき、

「この蜂蜜は逆流性食道炎に効きます」
「毎朝この蜂蜜をなめれば胃酸をおさえる効果があります」

と、セールスされ、ついつい買ってしまいました。

1ビン7500円の蜂蜜を買ったのは初めてです。

人間は目先の商品よりも、その先にある何かを手に入れたくて、
商品を買うようです。

さすがは1ビン7500円もする今話題の「マヌカハニー」だけあって、
効いてるような感じがします。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第322号(2015年10月16日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

憎めない人ってどんな人?

ヘルプのサインを出せない人は、
ときどき自分の不器用さが恨めしくなります。

「こんなにつらいんだから、ムリしなくてもいいはずだ」

「口には出せなくても、
 ダメなときはそういう顔を見せてもいいんじゃないか」

そう考えるのですが、できません。


それができるぐらいなら苦労しないのです。

結局、いつもと同じようにふるまってしまいます。


そういう人は「甘え上手な人」が羨ましくなるのです。

昨日まであんなに元気だったのに、
きょうは朝からしょんぼりしています。

いつもはみんなに声をかけて飲み会に誘うのに、
周りが誘っても「そんな気になれない」とつぶやきます。

仕事中にも大きなため息をついたり、
つらそうな足取りで歩きます。

「どうしたの?大丈夫?」と声をかけると
「大丈夫だよ」と弱々しい返事です。

これでは周囲も気になります。

「大丈夫だよ」と言われても、
放っておけない気持ちになります。

それでつい、
「元気だそう!おいしいものでも食べて、おいしいお酒でも飲もう!」

と声をかけると、
「そうだね、ありがとう」と答えて、

結局、飲み会ではたっぷりグチをこぼして、
みんなに甘えまくるのです。


こういうタイプの人、憎めないといえば憎めません。

つい声をかけたり、元気づけてあげたくなります。

それに、ふだんは朗らかですから、
一緒に飲んだり食べたりしているうちに
だんだんと明るさを取り戻します。

そうなれば周囲もホッとしますから、
楽しい時間になるのです。

しかも、自分から弱音を吐いたり、
不満を漏らしたわけではありませんからね。

周囲が察してくれて励ましてくれるのです。

すごく得な人です。

でも、そんな人がいてもいいと思うのです。

いつもそうでなければ、
苦しいときに励ましてくれる人がいるというのは、
あなたの人望なのですから。


◆編集後記

ついにやりました!
ハーフマラソンで初の2時間切りを果たしました。

5度目の挑戦でようやくです。

記録は1時間56分。

地道に週3回走ってきたことが報われた気分です。

ただ、どこに向かって走り続けているのか、
自分でもいまいちわかりませんが・・・


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第321号(2015年10月9日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

周囲から避けられている気がしたら

自分はみんなと仲良くなりたいのに、
なかなか友だちができない。

それどころか、
会社や近所のみんなが自分を避けているように感じられる。

何も悪いことをしたつもりはないし、
間違っても人を傷つけるようなまねはしていない。

それなのに、
「どうして自分は人から避けられるのだろう?」


もし、あなたがそんな悩みを抱えているとしたら、
それはきっとあなたが傷つきやすい性格のためでしょう。


小さなことでも傷ついてしまう人は、
つい被害妄想にとらわれてしまいがちです。

たとえば友達に、

「最近ちょっと痩せたんじゃない?」
と言われても、

「特にダイエットもしていないのに、嬉しい」
と思う人がいれば、

「どうせ私は安月給よ」
「でも、わたしだってちゃんと食べるくらいの稼ぎはあるわ!」

と不機嫌になっていしまう人もいます。


相手がほめ言葉のつもりで口にしたことも、
驚くほど見事な想像力をもって、
マイナス方向にねじ曲げてしまうのです。

もし、あなたの周囲にこんな人がいたら、
あなたはどのように接するでしょうか?

きっと、腫物にさわるようにして、
恐る恐る接するに違いありません。

なにしろ、どこで傷ついて、どこで怒りだすのか、
まったく見当がつかないからです。


そうして腫物に触るように扱われた結果、
あなたは人から避けられているように感じるのです。

この悪循環を断ち切る方法はただひとつ。

あまり他人の言動を深読みすることをやめること。

つまり、相手の言葉の裏を探るのをやめることです。

そして、相手の言葉を、
額面どおりに受け取るように心がけることです。

そうすれば、
あなたを傷つける人なんてそういないことに気がつくはずです。


◆編集後記

食欲の秋ですね〜。

ここ最近の楽しみの一つは、「お昼ごはん」です。

ほとんど外食で、週2回はお寿司を食べています。

やっぱり、職人さんに握ってもらったお寿司は格別です。

僕は仕事帰りに飲みに行くということがないので、
お昼にはお金をかけることができます。

お小遣いのほとんどが、お昼代というのもどうかと思いますが・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第320号(2015年10月2日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

甘えることは悪いのか?

たいていの人は勤めの後で同僚と食事をしたり、
お酒を飲んだりする機会があります。

職場の付き合いは苦手でも、友人と会ってお茶を飲んだり、
おしゃべりすることはあります。

ほんとはそういうチャンスに、
もし心に悩みや不安を抱えていたり、
気分が落ち込んでいるときは打ち明けてもいいはずです。

「いまちょっとつらいんだ」とか、
「落ち込んでいるんだ」といった素直な言葉でいいのです。

決してイヤな顔をされることはないはずです。



でも、自分で禁じてしまう人がいますね。

「せっかく楽しくおしゃべりしているのに、
 暗い話なんか持ち出したくない」

「たまにしか会わない人に悩みを打ち明けるなんて、
 甘えているみたいだ」

そう考えると、「やめよう、やめよう」と
セーブをかけてしまうのです。

では、目の前で楽しそうにおしゃべりしている人は、
悩みも不安もなく幸せな毎日かといえば、それはわかりません。

むしろつらい気持ちを忘れたくて、
あなたとおしゃべりしているのかもしれません。

あるいはあなたがあんまり元気じゃないから、
盛り上げようと思って、
明るい話題を選んでいるのかもしれません。

もちろん、いいことがあって
本当に幸せな気持ちでいるのかもしれません。

すべて、わからないことだらけなのです。



ただ一つだけわかることがあります。

それは、あなたが「甘えてみたいな」とか、
「今の苦しさを口にできたらラクにだろうな」
という自分の気持ちは分かると思うのです。

他人の気持ちは分からなくても、
自分の気持ちなら分かるはずです。

そのわかっている自分の気持ちに、
たまには従ってみてもいいと思うのです。

なぜなら、「甘えてみたいな」という気持ちは
誰にでもあるのですから。


◆編集後記

中2の娘の陸上大会に行ってきました。
今シーズン最後の大会です。

結果は、100M5位、200M7位。

100Mは県大会出場を果たしました。

今シーズンはケガに泣き、思うような練習ができず、
結果思うような記録も出ず、悔しかったと思います。

でもまあ、思い通りにならないことを沢山経験するのは、
大人になって役立つはず。

いい経験をたくさんしています。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第319号(2015年9月25日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

人から裏切られたときの対処法

信頼していた人から裏切られる。

人間関係において、
これほどショックの大きいものはないでしょう。

「もう誰も信じられない」という人間不信にさえ、
陥りかねません。

そんなとき、わたしはこう考えるようにしています。

まず、その人は本当に信頼すべき人だったのか?

これは相手の人間性を問いただすのではなく、
自分とその人の関係性を見つめ直す作業です。

もしかしたら、自分が一方的に、
親友だと思っていたのかもしれません。

その人との会話の中で、気の合う部分だけ拾い集めて
「無二の親友」と決めつけていたのかもしれません。

そんな自分の過剰な好意が、
相手には負担だったのかもしれません。


そうやって考えていくと、はたして今回の「事件」が
本当に裏切りと呼ぶとふさわしいものだったのか、
冷静に判断することができるでしょう。

もし、仮に裏切りだったとしても、
そのショックはずいぶんと軽くなるのではないでしょうか。


そもそも、相手から裏切られてショックを受けるのは、
こちら側の過度な期待があってこそ起こるもの。

自分はこれだけ相手のことを思っているんだから、
と相手にも同じ好意を求める。

また、自分はこれだけのことをしてあげたのだから、
と見返りを求める。

そんな過度な期待が満たされなかった時、
わたしたちは裏切りを感じるのです。

しかし、相手に見返りを求めるような心の持ち方は、
あまりいいものではありません。

もしあなたが、別の人からそんな息苦しい関係を求められたら・・・

逃げ出したいと思うのではないでしょうか?

さて、みなさんは、人から裏切られたと感じた時、
どう対処しますか?


◆編集後記

ここ最近、マラソン大会に向けて週4〜5日のペースで走っています。

今までは週2日くらいだったので、大きな変化です。

僕の場合、やりすぎて苦しくなることが多々あったので、
ほどほどにしたいのですが・・・

でも、走らなければ不安になるし・・・

心の葛藤が続きそうです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第318号(2015年9月18日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

心の健康を保つ方法

心の苦しさというのは、
なかなか他人には分かってもらえないものです。

悩みや不安があっても、
それを押し隠そうとするのが私たちですし、

職場のように気持ちを張りつめている場所では、
うっかり弱音も吐けません。

すると、自分以外の人はみんな元気に見えてきます。

こころが強くて、悩みも不安もない人たちに見えてしまいます。

体の不調というのは外見でもわかりやすいから、
「顔色悪いよ。ムリしないでね」と声もかけやすいのですが、

わかりにくい心の不調はつい、
そのサインを見落としてしまうのです。


これでますます誰も気づいてくれなくなります。

そうなるともう、耐えるしかありません。


「弱音なんか吐いちゃダメだ」と
自分を励ましてギリギリまで我慢することになります。

職場に限らず、わたしたちが心の病にかかってしまうのは、
自分一人で抱え込んで我慢するという理由も確かにあるのです。

でもそういうとき、
もちろん心が本当に病んでしまう前にですが、
自分と同じように悩みや不安に苦しんだり、

弱音を吐けずに我慢している人に出会うと、
ふっとラクになります。

「この人もそうか」
「わたしだけじゃないんだ」

そう気がついただけで救われたような気持になるからです。


=============================
「悩んだり苦しんだりすることって、別に私だけじゃないんだ」
と気がつくには、心の健康にとっては大事なことなのです。
=============================

でもそのことに気がつくためには、
誰かが打ち明けてくれなければいけません。

あるいはあなたが
「つらい」とひと言でいいから打ち明けたときに、
「私もそうなんだ」とか「同じだね」と頷いてくれる人が現れます。

ですから困ったときに弱音を吐き、
助けを求めることは、少しも恥ずかしいことではないのです。

つまり、あなたが弱音を吐くことは、
自分自身の「心の健康」にもいいですし、
相手を助けることにもなるのです。

そう考えると、弱音を吐くことも悪くはないですね。


◆編集後記

和歌山県の親戚の家に行ってきました。

魚釣りにいき、釣った魚を唐揚げにしてもらっていただきました。

どうやら僕には魚釣りの才能があるらしく、
地元の人でもめったに釣らないような「ヒラメ」や、
「かさご」をつり上げました\(~o~)/

サビキというしかけでは、めったに釣れない魚だそうです。

それにしても、自分が釣った魚をその日のうちに食べるというのは
格別ですね。

おいしかった〜。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第317号(2015年9月11日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

管理職になるほど悩みは深い?

いま、あなたが就職活動中の学生だと想定してみましょう。

そして、あなたの前に100の就職先があった場合と、
10の就職先があった場合を考えてみましょう。

さて、あなたはどちらの場合が嬉しいでしょうか?


きっと、ほとんどの人が「100の就職先」と答えるはずです。

それだけたくさんの中から、
自分の希望に添った就職先を選ぶことができるのですから・・・


しかし、実際に100もの企業から自分の希望や適性に合った
就職先を選ぶのは、至難の業です。

ひとつずつ念入りに調べ上げ、それぞれを比較検討していく、
考えただけでも気の遠くなるような作業ですね。



このようにわたしたちは選択肢が多いほど自由になれる半面、
それだけ悩みも増えていくのです。

これは仕事のシーンでも同様です。

選択の余地がない場合、
わたしたちには自由も喜びもありません。

そのかわり、あれこれ悩む必要もないのです。

一般に、管理職になっていくほど、
その権限は強化されていきます。

決断を下す権限を与えられ、そこには無数の選択肢がある。

そして、その決断を誤った場合には、自分はもちろん、
部署全体、あるいは会社全体に大きな損失を与えることになる。

だからこそ、上司は物事を会社の立場で考える。

なるべくリスクを避け、安全策で着実に進もうとする。


権限の少ない若い社員が、
仕事を「自分がおもしろいか、おもしろくないか」
で判断するのとは、出発点が違っているのです。

上司と部下のすれ違いは、世代ギャップというより、
そこにこそ原因があることが多いようです。

そう考えると、
「それぞれの立場があって、それぞれの悩みがある」
ということが少しはわかってくるのではないでしょうか。


◆編集後記

マラソン大会のシーズンがやってきました。

今シーズンは、早くも2つの大会(ハーフマラソン)にエントリー。

目標タイムの2時間をなかなか切れないでいるので、
今度こそは!といいながら、5回目のチャレンジです。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第316号(2015年9月4日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

モチベーションは責任感から生まれる

「仕事に対するやる気が起こらない」

こんなお悩みを誰でも一度は持ったことはあるでしょう。

そんなとき、考えられる原因はおよそ二つに絞られます。

ひとつは、あなたが疲れ切っていること。

たくさんの仕事を抱え、やってもやっても終わらずに、
頭がパンクしそうになっていることです。


そしてもうひとつ、ここで考えてみたい原因は、
あなたが「ほどよい責任感」をもてずにいることです。

たとえば、二人の商品開発担当者がいたとしましょう。

彼らは二人とも、直属の上司である課長から夏の新商品について、
今週中に企画書をまとめるように言い渡されました。

このとき、やる気の出ないA君はこう考えます。

「こんな仕事、自分じゃなくてもできる。
 どうせ企画書もはねつけられるんだ」

一方、ほどよい責任感をもったB君はこう考えます。

「これは、他の誰でもない、自分だからこそ任された仕事だ。
 課長はオレの能力をそれだけ認めてくれているんだ」

もちろん、課長の真意は誰にもわかりません。

課長はB君が考えるほどには、
B君のことを買っていないかもしれません。


ですが、そんなことはどうでもいいのです。

与えられた仕事について、
「これは自分だからこそ、与えられた仕事なんだ!」
と思えることが大切なのです。

そうすれば、仕事についてほどよい責任感を持ち、
やる気をかきたてることもできます。

逆に責任感が希薄になると、なんでも人任せにして、
すぐに逃げてしまうでしょう。


さて、あなたはどちらのタイプでしょうか?


◆編集後記

週3日のペースで通っている「大戸屋」ですが、
値上げしたようです。

大戸屋のすごいところは、値上げした分、
メニューに工夫を加えているところ。

微妙に変わっているメニューもあれば、和食とは思えないような、
フランス料理のようなメニューなんかもあります。

お客を飽きさせないところがすごいですね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第315号(2015年8月28日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

自分だけが苦労していると感じたら

忙しく仕事をしていると、
思わず「どうして自分ばかりこんな苦労をするんだ」とか、
「面倒な仕事は全部オレに回ってくる」と考えてしまいます。

自分だけが苦労して、自分だけが忙しい。

他のみんなは涼しい顔で仕事をこなし、
残業もほどほどにサッサと帰っていく。

まるで、いじわるでもされているような、
仲間外れにあっているような、

むなしい孤独感に襲われるもともあるでしょう。

ただ、本当にあなただけが苦労しているのでしょうか。

他の人は、これといった悩みもなく、
ラクに仕事をこなしているのでしょうか。


私は違うと思います。


たとえば、あなたは人の悩み事を聞いて、
「まったくぜいたくな悩みだなあ」と思ったことはないでしょうか。

そう、どういうわけか、
他人の悩みはぜいたくに聞こえてしまうのです。

他人の悩みを理解することは難しく、
自分の悩みは必要以上に大きく考えてしまう。

そのため、よほどの悩みでないかぎり、
他人からみれば「ぜいたくな悩み」になってしまうのです。


だから、あなたが「自分ばかり苦労している」
と感じるのも無理はありません。

他人は、あなたの苦労や悩みをなかなか理解してくれないし、
認めてくれない。

きっとあなただって、他人のグチを聞いても
「そんなの、悩みのうちに入らないよ」と思う事でしょう。


これも、あなたが他人だからそう感じるのです。

苦労しているのは、あなただけではないということです。

そして誰もが、
「自分だけ苦労している」と孤独を感じているのです。


◆編集後記

子どもの携帯依存が社会的な問題になっています。

カウンセリングでも、
「子どもが1日中携帯を離さないで困っている」
というお悩みをよく聞きます。

携帯は便利なので、
今の時代ある程度の依存はしかたがないことだと思います。

ですが、生活に影響があるような依存は問題ですね。

我が家では、中2の娘に携帯を持たせていますが、
最初にルールを決めてしまいました。

とてもシンプルなルールです。

1、携帯の使用は22時まで
2、使用時間の例外は認めない
3、ルールを守れない場合は本当に没収する

これを紙に書き、部屋に貼ってもらっています。

今のところ、効果があるようです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第314号(2015年8月21日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

不幸な恋愛から抜け出せない悩み

とてもいい子なのに、なぜか不幸な恋愛ばかりしている。
という女性をよくみかけます。

ヒモのような男性と付き合って、
「もう絶対、あんなヒモ男とは付き合わない!」
と疲れ果てて別れても、また似たような男と付き合っている。


ほかにも、

浮気性やDV男だったり、
お互いに束縛し合ったり、
歪んだ恋愛関係で、自分をコントロールできなくなったり、

仕事や生活によくない影響を及ぼすようになってしまていたら、
それは「恋愛依存」といえるかもしれません。

さっさと別れましょう。


といっても、そんなに簡単にはいかないのですよね。

なにせ、「依存」になって、
そこに自分の居場所があるわけですから、

「ツライ」と思っていても、
なかなか離れることができないのです。


なぜ、ツライ恋愛をしてしまうのか?

ひとつの説として、
幼いころ、親の期待通りのいい子でいようとしたために、
大人になっても本当の自分がわからないAC(アダルトチルドレン)
であるという説もあります。

だから、自分がどうしたら幸せになれるかが分からない。

そして、自己評価が低いことも原因のようです。


「ツライ恋愛をする自分」という、
自分へのイメージが定着しているために、

いい恋愛をして幸せになる価値のある自分を認められない。
見出すことができない。

結局、不幸な恋愛を続けている人は、
潜在的には「不幸な自分」が好きなのかもしれません。

「不幸な恋愛はイヤ」と言いつつも、
心のどこかで「そんな自分でいたい」と願っているのです。

まずは、それに気づくことです。

そして、そしてそんな自分を変えたいのであれば、
具体的にどう動くかです。

具体的に動けば、具体的な結果が出ますから、
その結果に対して検証していけばいいのです。


◆編集後記

家族旅行で北海道に行ってきました。

夏の北海道は20年ぶりです。

旭山動物園がメインのツアーだったのですが、
夏には行くもんじゃないですね。

動物もぐったりでしたが、僕ら人間もぐったりでした。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第313号(2015年8月14日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

その忙しさは出発点が間違っている

仕事の中で「逃げ出したい」と思うとき、
その一因として忙しすぎるということはないでしょうか。

本来、仕事とは忙しいものです。

純粋な労働時間で考えれば、
あなたよりも長く働いている人なんてごまんといるでしょう。

それなのに、あなたは忙しすぎるし、
忙しさが多大なストレスとなってしまっている。

それでは、どうしてあなたは忙しすぎるのでしょうか?


答えはただひとつ。

その仕事の忙しさが「誰かに与えられたもの」だからです。

誰かから与えられた仕事とは、要するに命令であり、
「強制」です。

いい気持ちのするものであるはずがないし、
押しつけられたら反発したくなるのが、
人間の心情というものです。


さらに、誰かに命令されて働いているかぎり、
あなたに自由はありません。

あなたの時間、あなたの仕事は、
いつも他人にコントロールされているのです。


これを解決するには、その仕事を与えられたものとして
考えないことです。

上司から命令されたと考えず、上司がお願いされたと考える。

そして、そのお願いを承諾したと考える。

どんな仕事も、自ら望み、
自ら選択したものだと考えればいいのです。


そうすれば「やらされる仕事」は、
すべてが「やると決めた仕事」になります。

仕事のスタートラインを正し、
ボタンの掛け違いを修正するのです。

与えられた仕事をやらされているだけでは、
あなたはいつまでたってもやりたいことができません。

自分の時間が持てず、
いつも上司のプレッシャーを感じて過ごすことになります。

表面的には、与えられた仕事でも、少しだけ見方を変えてみれば、
仕事に対する気持ちや姿勢も変わるかもしれません。


◆編集後記

前職の20年来の友人たちと、1泊2日で旅行に行ってきました。

海で童心にかえった気分で遊ぶのは久しぶり(^O^)/

度々、飲むことはあっても泊りがけの旅行というのは初めてです。

職場はみんな違うのですが、なぜか続いています。

あまり干渉しすぎないというのがいいのかもしれませんね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第312号(2015年8月7日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

評価が低いのはモノサシの違い

転職を考えている人に話を聞いてみると、
多くの人たちが

「いまの会社は自分を正当に評価してくれない」とか、

「もっと自分の能力が発揮できる職場を探したい」

といった不満を抱いているようです。

会社で働く以上、
正当な評価を受けたいと思うことは当然のことです。

もし、本当に正当な評価を受けていないのだとしたら、
大いに問題です。


ただ、転職する前に考えてほしいのです。

どうして、あなたは正当な評価を受けていないのでしょうか。


そもそも、何をもってその評価が
「正当か不当か」を判断するのでしょう。

おそらくは、会社はその評価を「正当だ」と思ってる。

そしてあなたは「不当だ」と思っている。

この自己評価と客観評価のギャップにこそ、
問題があるわけです。

人間、誰しも自己評価は高くなりがちです。

そして、自己評価をある程度の高さに設定しておくことは、
自信をつける意味でも望ましいことです。


ただ、その自己評価には、
「期待値」や「潜在能力」が含まれていることを
忘れてはなりません。

自分はやればできる!

好きな仕事にさえ巡りあえば、存分に力を発揮できる!


そんな気持ちが、
あなたの自己評価を少しだけ高めているとしたら・・・

一方、会社の側は、
あなたの潜在能力なんて見ようとしていません。

会社が見ているのは、
あくまでも「いま、できること」と、
「これまでやってきたこと」です。

つまり、「自分」を評価してほしいあなたに対して、
会社は「成果」だけを評価しているのです。

だから、あなたは決して
不当な評価を受けているわけではありません。

ただ評価を測定するモノサシが違っているだけなのですから。


◆編集後記

毎日のように暑い日が続いていますね。

ここまで暑いと走るのは大変です。

特に、走る前の熱中症対策は重要になってきます。

精神年齢は18歳ですが、身体は40歳。

学生のころはそんなに意識して対策をしなくても
大丈夫だったのになあ〜。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第311号(2015年7月31日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

相手を説得させるとっておきの方法

相手を説得したいというときに、
自分に都合のいい話ばかりしていると、

相手は、話の内容だけでなく、
あなた自身までも「うさんくさい」と感じるようになります。

それが人間というものでしょう。


実は、自分に有利な話をしていても、
相手に「うさんくさい」と感じさせない方法があります。

それは、あなたの意見として話すのではなく、
誰か別の人に語ってもらう方法です。

その誰かがその場にいる必要はありません。

その人の名前を借りて話すのです。



たとえば、
あなたの売ろうとしている製品が長持ちするかと聞かれたら、
次のように答えたらいいのです。

「私の隣に住んでいる人が、4年前から同じものを使っていますが、
 ずっと調子がいいとおっしゃっています」

その隣人はその場にいるわけではありませんが、
質問に答えていることになります。


あなたが新しい職場で、
ある地位を求めている場合を考えてみましょう。

新しい雇用主があなたにその仕事ができるかどうか
迷っているとしたら、

あなたは、以前の雇用主が自分の仕事ぶりに
どれだけ満足していたかを話せばいいのです。


あなたがアパートを経営していて、
部屋を見に来た人が、静かな環境かどうか心配しているときには、

「これまでの住人は静かで快適な住まいだと話していた」
と言えばいいのです。


もちろん、でっちあげの話ではいけませんが、
それが「本当」なのであれば、堂々と伝えてもいいのです。


以上のように、
あなた自身が質問や疑問に答える必要はありません。

隣人やかつての雇用主や以前の住人に、
代わりに答えてもらえばいいのです。

そうすれば、相手は、
あなたが答えるよりもずっといい印象を持つでしょう。


考えてみれば変な話ですが、
人は、あなた自身が話すことには疑いを持っても、
同じことを他人の言葉として聞いた場合は、
少しの疑いも持たないものなのです。

うまくいった話と関連づけたり、事実や統計を引用したりして、
人の言葉を借りましょう。


◆編集後記

ここ最近、パン屋さんに行くと必ず買うのが、「塩パン」です。

これがまたおいしい!

店によって味が違うのもまたいい。

このレシピを考えた人は天才ですね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第310号(2015年7月24日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

男性が求める女性像とは?

あるマーケティング調査機関の
「男性が結婚相手に求める、譲れない条件とは?」
というアンケートでは、

(1)やすらぎ
(2)気配り
(3)健康
(4)誠実さ
(5)料理

という結果。

容姿や年齢は10位までに入っていません。

そのコメントは、

「ずっと一緒にいるんだったら、ただきれいな人よりも、
 安心できる人がいい」

「自分はもちろん、友達や親、近所の人など周りと
 上手くやってくれる人」

「彼女にするならカワイイほうがいいけれど、
 結婚相手は、ルックスはあまり関係なし」

「毎日一緒にいて疲れず、生活を楽しめる人。
 落ち着いた、大人の女性がベスト」

といった意見が出ていました。


男性特有のやや身勝手な意見もありますが、
結婚相手に対する本音は、どの男性も同じようです。


ところで、男性にもてる女性が、
共通してもっている条件を知っていますか?

それは、「コミニュケーション力」だそうです。

な〜んだ、と思われるかもしれませんが、
コニュニケーション力さえあれば、
ほとんどのことはカバーできるようです。

男性が求める安らぎ、気配り、誠実さを演出して、
相手を心地よくさせることもできるし、
少々、いたらない点があっても、問題ありません。

もともと女性はコニュニケーションが、
男性から比べると得意だと思います。


ご近所付き合いや、学校関係での付き合いはほぼ女性です。

道端で立ち話をしているのも、ほぼ女性です。

私の近所でも、気持ちのいいあいさつを返してくれるは、
女性が多いです。

ママ友という言葉はあっても、パパ友という言葉は聞きません。


なので、コニュニケーション力を極めていけば、

ほとんどの現実を、
思い通りにコントロールできるようになるのでしょうね。


◆編集後記

1日中、水以外何も口にしなかったのは初めてかもしれません。

いわゆる断食です。

逆流性食道炎の治療の一環でおこなってみました。

おかげで胃もたれが改善\(~o~)/

もっと苦しいかと思っていたけど、案外できるもんですね。

自分に勝てたことには、少しだけ充実感があります。

時々やってみてもいいかもしれません。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第309号(2015年7月17日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

どうしても周囲の目が気になるときには

人間関係の悩み、「自分は対人恐怖症だ」と思っている人は、
決して少なくないでしょう。

人前に出ると手が震えてしまう。

顔が赤くなってしまう。

言葉に詰まってしまう。

そして極度に緊張し、
場合によっては吐き気や頭痛、腹痛などに襲われることも。

これは対人恐怖症に違いありません。


まず最初にお断りしておきたいのが、
対人恐怖とは「人が怖い」という意味ではありません。

「人からどう思われているかが怖い」という、
自意識が膨張して敏感になりすぎた状態のことを、
対人恐怖と呼ぶのです。


自意識の膨張という言葉がわかりにくければ、
風船を例に出してみましょう。

人は、誰もがみんな小さな風船をもっています。

自意識という名のゴム風船です。

そしてこのゴム風船に思いっきり空気を吹き込んで、
どんどんふくらませる。

このふくらみすぎたゴム風船が、
いわゆる「自意識過剰」という状態なのです。

弾力があり、それなりに強度があるゴム風船も、
あまり大きくふくらませすぎると危険です。

ふくらむほどゴムは薄くなり、
ちょっとしたショックを受けただけで簡単に破裂してしまいます。


つまり、自意識過剰の人が打たれ弱いのは、
心が繊細だからというわけではありません。

単に自意識のゴムがふくらみすぎている、
それだけなのです。


もし、あなたが「自分は対人恐怖症だ」と思っているとしたら、
まずは自意識のゴム風船から少しだけ空気を抜いてあげましょう。

自分の自意識を適性なサイズに戻してあげましょう。

特に疲れている時や、悩みの渦に埋もれているときは、
自意識過剰になっていることさえも気づかないことが多々あります。

カウンセリングで自分自身のことを客観視するのは、
まず、現状を把握するためです。

心理療法をおこなうのは、たとえ自意識過剰になったとしても、
何とか対処できる手法を学ぶためです。


話し方や笑顔のつくり方などを練習するのは、
そのずっと先のことでいいのです。


◆編集後記

逆流性食道炎になってしまいました(>_<)

後でお医者さんから言われたことですが、
お酒やコーヒの飲みすぎ、満腹まで食べる、食べてすぐ横になる、
というのは特によくないらしいですね。

僕はこれらを全て習慣的にやっています。

おそらく薬である程度は抑えられるでしょうが、
根本的に治すには習慣を変えないと難しいようです。

さあ、これから欲望との闘いが始まります。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第308号(2015年7月10日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

自分のしてほしいことを相手にしてもらう方法

自分のやってほしいことを相手にしてもらうには、
どうしたらいいでしょう?

まず相手が求めているのは何か、それを見つけ出しましょう。

これは最初の一歩ですが、とても大きな一歩となります。

というのも、相手をその気にさせるものが何かわかれば、
こちらの出方も考えられるからです。

人にはそれぞれ好みがあり、価値観もさまざまです。


自分が好きだから相手も好むはずだとか、
自分と同じものを相手も求めているにきまっているとか、
間違ってもそんなふうに考えてはいけません。

人はみなちがうのだということを肝に銘じて、
相手が何を求め、何を好きかを見つけだしましょう。



例えば、あなたの会社が、
ある優秀なエンジニアを雇おうとしている場合を考えます。

このエンジニアには、
他にも数社から引き合いが来ているとしましょう。

「相手が求めているものは何かを見つける」のですから、

そのエンジニアがどんな環境で働きたいのか、
どんな地位につきたいのか、
何にいちばん魅力を感じるのかを見極める必要があります。


そのエンジニアが、
昇進の機会が多い会社を希望しているとわかったら、

あなたの会社には、
どのくらいの昇進の機会があるかを示せばよいのです。

もし、相手が雇用の安定を望んでいるなら、
それについて話せばいいし、

より高度の教育や経験を望んでいるなら、
それについて話せばいいのです。



これを反対の雇用側の立場から考えてみましょう。

あなたがどうしても働きたいと考えている会社があるとします。

求められている技能や職種や責任がわかれば、
あなたこそ、その会社が求めている人材だと示せばよいのです。

電話で顧客に対応できる人間が求めれれているのなら、
自分はそれが得意だ、もしくはその経験があると言えばいいのです。

相手の求めているものがわかれば、
相手の聞きたがっている内容を話せるのです。



では、相手が何を求めているいるか知る具体的な方法は、
どんな方法でしょうか?

それは、相手に質問したり、相手をよ〜く観察したり、
相手の話を注意して聞くことによって、知ることができます。

もちろん、簡単には分からない場合もあるでしょう。

話していることと、本当は違う場合もあるでしょう。

大切なことは、知ることができるかどうかではありません。

知ろうと思うこと。
知りたいという態度を示すこと。

そういった相手への姿勢が大切だと思うのです。


◆編集後記

僕は人ごみがとても苦手です。

目の病気を患ってからは、
人の多いところへ行くとめまいがして気絶しそうになります。

ショッピングセンターなんかも長くはいられません。

子供が喜ぶような遊園地なども、
僕にとっては大変苦しい場所です。

だから、今の仕事をしている時間が一番いいのかもしれません。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第307号(2015年7月3日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

小心者なら危機を回避できる

小心者で、たえずビクビクしているのは、
よいことなのか、悪いことなのか。

おそらく、読者のみなさんは、
声をそろえて「悪いことに決まっている」と答えるでしょう。

100人の人がいれば、100人ともそう答えずはずです。

しかし、ちょっと待ってほしいのです。


小心者で、すぐに不安を感じるということは、
「危機を事前に察知する能力に長けている」
ということではないでしょうか。

目の前に、差し迫った危機があるわけではないのに、

「ひょっとすると危ないかもしれないぞ」
と思うことができるのですから、
これはまさに「危機管理能力」です。


経営において、
「危機意識のない会社はつぶれる」とよく言われます。

当面は、事業が順調でも、「このままじゃ危ない」
という危険を敏感に察知して、

あらかじめ手を打っておかないと、
会社の経営はできないのです。


「うちは順調だから、大丈夫、大丈夫」
などと経営者が言っている企業は危ない。

優れた経営者は、少しくらい業績が上向きでも、
「いつ落ちるかわからない」と不安で
ビクビクしていることが多いようです。

不安でどうしようもないから、何か手を打とうと考える。

そうやって不安を鎮めるのです。


たしかに、不安に感じることの大半は、
単なる「取り越し苦労」なのかもしれません。

しかし、自分に危機が降りかかってくる可能性が、
ゼロではなく、かりに1%でもあるのであれば、

あらかじめその危機を避けるための努力を
しておかなければなりません。

それが賢い人間のありようというものではないでしょうか。



日本中がバブルに湧いていた頃は、
どの企業の経営者も、おしなべて楽観的でした。

海外の識者などからも、
日本経済がナンバーワンなどとチヤホヤされ、
その好況がずっと続くものだと思われていました。

「こんなにうまくいくことが、ずっと続くわけがない」
などと不安を口にすると、
陰気なヤツだと思われる始末でした。

しかし、現実には、
楽観的だった企業は軒並み潰れてしまいました。

現在でもきちんと存続してる会社は、
バブル期にも不安を感じて、ビクビクして、
あらかじめ不況になったときの対策を練っていた企業ばかりです。


不安がなければダメなのです。

不安で、不安で、どうしようもなくて、
その不安を打ち消すための行動を積極的にとるからこそ、
危機は回避できるものなのです。

そう考えると、
小心者でも悪いことばかりではないですね。


◆編集後記

娘の陸上地区予選会の応援に行ってきました。

まさかの全て予選落ちという結果(>_<)

1週間前に痛めた部分をかばいながらの走りだったので、
しかたがないのですが。

タイムでは3位を狙える位置にいたので、
とてもくやしがっていました。

「そういうこともある」

「勝負の世界だから」

といいながらも、自分で自分を慰めているような・・・


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第306号(2015年6月26日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

恋人と1年以上続かない悩み

ここ最近、カウンセリングで恋愛に関するご相談が増えています。

その中で多いのが、「恋人と長続きしない」というお悩みです。

どうやら、1年というのは、大きな壁みたいですね。

なかには、3ヶ月、半年というサイクルが短い場合もあるけれど、
なぜか、「1年」が多い。

20代だけでなく、30代でも、そう嘆く人は多いようです。


恋愛初期は、おたがい、いいところばかりがクローズアップされて、
自分勝手に恋人の理想像をつきりあげてしまう時期です。

けれど、半年もすると、ボチボチ、相手の素の輪郭が見えてきて、
「あ〜こんな人だったんだな」となる。

さて、そこから先が問題です。

いいところもある相手を「それでも、いい」と受け入れられるか、
それとも「やっぱり、ダメ」と受け入れられないか。

もし、受け入れる場合は、
相手の「イヤだな〜」と思う部分も大目にみなければなりません。


相手に要望があれば、上手に交渉する必要があります。

相手が気持ちよく過ごすために気を遣うことも大事。
自分を抑えることも必要・・・
と続けるための努力が必要になってくる。

相手と自分との折り合いをつけなければなりません。


「やっぱり、ダメ」と受け入れられない人は、
自分の期待に相手が応えられない、
または理想の枠からはみだしていると、

「〜してくれない」「ちょっと違う」の連続で、
そこでストップしていまいます。

自分中心の恋のまま終わってしまいます。


よほどぴったりあった相性の人以外は、
同じことの繰り返しでしょうね。

長続きさせるために、結局は
「相手を全部ひっくるめて受け止める覚悟があるか」
ということではないでしょうか。

そして、「自分の期待通りにならないこと」とも、
うまく付き合っていく。

話をよく聞いたり、相手を立てたり、ほめたり、感謝したり・・・。

相手の存在価値を高めることを習慣的にしていたら、
うまくのせて、自分のペースにもっていくことだってできるはずです。


どんな関係であっても人とのつながりで、一番強いのは
「認めてくれる」関係です。

その信頼関係がつくれたら、
おたがいにかけがえのない存在になっていくと思うのです。

そんなことを頭の片隅におきながら、
誰かと続けてみてはいかがでしょうか。


◆編集後記

娘の陸上の県大会をみにいきました。

100Mで出場したのですが、レベルが違い過ぎて予選落ちという結果。

でも、自己ベストだったのでものすごく喜んでいました。

自分で決めた目標を達成する。

きっと、「成功」ってそういうことなんでしょうね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第305号(2015年6月19日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

心のハンドルに「遊び」を用意する

ウソも方便、という言葉があります。

本来はウソをつかずに生きることが望ましいのでしょう。

しかし、場合によってはウソをつくことで物事を円滑に運び、
よい結果を得ることもあるようです。

そんな意味の言葉です。


わたしは「逃げ」についても、
これと同じことが言えると思っています。

車の運転に例えると、わかりやすいでしょう。

極限のスピードを競い合うレーシングカーには、
ハンドルの「遊び」がいっさいありません。

一流レーサーがほんのわずかな指先の動きにも対応できるように、
ハンドルとタイヤの動きが完全に連動しているのです。

しかし、わたしたち一般人の運転する乗用車には、
ハンドルの遊びがたっぷり用意されています

だから、運転中にハンドルを握る手が多少ふらふらしても、
車そのものは真っ直ぐ進むことになります。


それでは、なぜ、
ハンドルに遊びが用意されているのでしょうか?

答えは簡単。

人間は、完全ではないのです。

どれだけ用意しようとしても、
必ずミスをするのが人間なのです。

どんなに集中力をキープしようとしても、
なかなかそれができない。

だから、ハンドルに遊びがあるのです。



私たちの人生も同様だと思うのです。

いつも身を固くして四角四面に過ごしていたら、
心のほうが先にまいってしまいます。


そうではなく、
たとえば、お酒でストレス発散してもいい。

週末に温泉に出かけるのもいい。

ほんのちょっとした、
自分なりの「逃げ道」を用意しましょう。


人生を真っ直ぐ進むには、
心のハンドルに遊びが必要なのです。


◆編集後記

お医者さんを数件まわりようやくわかりました!

1ヶ月以上続いた「咳や痰」の症状は、
どうやらアレルギーだったようです。

ようやく薬がマッチしたようで症状が治まりました。

もう少し早くにわかればよかったのですが・・・

でも、そう診断してくれたお医者さんに感謝。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第304号(2015年6月12日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

相手から感じのいい人だと思ってもらえる方法

人と話すとき、どんな話題がいいでしょうか?

言うまでもなく、
相手にとってもっとも関心のある話題を取り上げることです。

それでは、相手にとって一番関心があることと言えば、
それは何でしょう?

それはもちろん、「その人自身」のことです。


相手のことを話題にすれば、
それはその人にとって一番の関心事ですから、

相手は身を乗り出してきて、
その話題にすっかり夢中になるはずです。

そしてそんな楽しい話題を持ち出したあなたを、
感じのいい人だと思うことでしょう。

相手のことを話題にしている間は、
相手のちょうどかゆいところをかいてあげるようなものです。

人間の本性をうまくついて仕事をしているのです。

でも、相手のことではなく
あなた自身のことを話し始めたらどうでしょう?

それは、
人間の本性に逆らって仕事を進めようとしていることになります。

かゆくもないところをかかれても、
いい気持ちにはならないでしょう。


自分のことを話したいというのは人間の本性ですから、
あなた自身も自分のことを話していれば楽しいはずです。

けれども、それで得られる満足感をあきらめて、
「私」という言葉を使わないでおけるなら、

相手にとって好ましい話し相手となり、
よい人間関係が築けるようになるのです。



とはいっても実際に行動に移すのは、
なかなか難しいでしょうし、
経験も積まなければならないでしょう。

なので、今日1日だけとか、1時間だけというように、
期間を区切ってしまうのも手です。

何かしらの努力と、それをおこなう
自分なりの工夫は必要かもしれませんが、

その苦労に見合う、十分なご褒美は得られるはずです。


まずは、家族や恋人、子供など
身近な人から試してみてもいいかもしれませんね。


◆編集後記

気温37度の中、ハーフマラソン完走\(~o~)/

北戸田でおこなわれた「ベジタブルマラソン」で走ってきました。

ここまで暑い中でのマラソンは初めてです。

8キロ付近で暑さのためか精神的にやられてしまい、
棄権も考えました。

ですが、何度も給水をとり、かぶり水をかけ、
体を氷で冷やしなんとか歩かないで完走。

記録はいまいちでしたが、この経験は自信になります。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第303号(2015年6月5日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

劣等感は向上心のあらわれ

自分に自信をもてない人は、
「強い劣等感」に悩まされていることが多いです。

学歴や肩書にコンプレックスを抱く男性は多いですし、

女性であれば自分の容姿に関して、ひとつやふたつの
コンプレックスはもっているでしょう。

そして、そのコンプレックスが邪魔をして、
なかなか自分を好きになれず、いつも消極的になってしまう。

その結果、自分自身をダメだと思い込んでしまう。

そんなパターンに陥っている人は多いのではないでしょうか。



ですが、仮に学歴コンプレックスをもつあなたが、
東大に入学できたとしましょう。

そうすると、今度は同じ東大でも、
学部によってコンプレックスを感じたり、

首席で卒業する者をうらやましく思ったりと、
また新しい劣等感がわいてきます。


結局のところ、わたしたちはどこまでいっても
コンプレックスから解放されることはないのです。

上には上がいるわけですし、隣の芝は青く見える。

そしてなにより、人は驚くほど欲張りなのです。


なので、
私は劣等感そのものを否定するつもりはありません。

というのも、劣等感とは、すなわち、
「もっとよくなりたい!」という向上心のあらわれだからです。

向上心があり、理想があるからこそ、
わたしたちは劣等感を抱き、悩むのです。

「わたしは悩みも劣等感もない」なんて言っている人は、
よほどおめでたい人か、成長をあきらめた人の言葉です。


だから、もしあなたが何らかの劣等感に悩まされているとしても、
一向にかまいません。

あなたはそれだけ理想が高く、
それだけ立派な向上心を持っているということです。

さあ、劣等感の向こう側にある、自分の夢を見つめてみましょう!

夢をもてることは、
人間に与えられた素晴らしい特権なのですから。


◆編集後記

ちょっとした目標ができました。

「短距離でマスターズ陸上に出場すること」です。

たまたま陸上の記録を調べていたら、
高校時代のライバルや大学の後輩が出ていたことにビックリ。

と同時に、あのときの熱い気持ちがメラメラと湧き出してきました。

3年以内を目標にしたいなあ。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第302号(2015年5月29日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

忙しくて、出会いがない悩み

無理に出会おうとしなくてもいいのではないでしょうか。

「出会おう」「恋人を見つけよう」としていると、
なかなか出会えないものです。

自分からガツガツと動くのではなく、
ワクワクしながら待っていたらいいのです。

縁のある人というのは、無理に設定しなくても、
自然の流れで知り合えるはずです。

どんなに忙しくても、出会うべき人とは、
ちゃんと出会わせてもらえるのです。

こんなに、男と女があふれていて、
何かしら接しながら生きているわけですから・・・

この先、ずっと何もないなんて考えられません。


たとえば、
「結婚相手を見つけたい!」と気合を入れて、
週末合コンや、婚活、お見合いパーティーなどをくり返しているときは、
なかなかいい相手に巡り会えないものです。

でも、もしかしたら、毎朝の通勤で、
バスを待つ列のすぐ後ろに並んでいる人かもしれない。

ときどきやってくる営業の人かもしれない。

次のホームパーティで出会う人かもしれない。

出会いってそんなものではないでしょうか?


そんな普段の生活、自然の成り行きのなかに、
人との縁はまぎれこんでいる。

それに気づくか、気づかないか。

そんな小さな縁を大切にできるかどうかだと思うのです。

だから、週末だけがんばっておしゃれをするのではなく、
毎日、いつ起きるかわからない出会いに備えて、
自分を磨いてみてはいかがでしょう。


「今日、何か起きるんじゃないか?」

そう考えて、楽しそうに過ごしている人は、
魅力的に映るものです。


◆編集後記

風邪をひいてしまいました。

体はだるい、喉はいたい、咳はでる(>_<)

だいぶ回復してきましたけど、
ここまで風邪がひどくなるのは5年ぶりくらいです。

個人でする仕事なので、体調管理には気をつけていたのですが・・・

少し休めというサインなのかもしれませんね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第301号(2015年5月22日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「受けいれられる言葉」と「受け入れられない言葉」を知る

私たちは、「自信がない」部分を褒められても、
その言葉をなかなか受け入れることはできません。

たとえば、
小さいころから「自分は愛されていない」という
感覚を持って育った人は、誰かから「好きだ」と言われても、

「本当なのだろうか?」

「みんなに同じことを言っているのではないか?」

と、愛情を素直に受け入れられないことがあります。


これはポジティブシンキングの結果、予想外で起こる
ネガティブなことに対応できないでいるのと似ています。


つまり、「あらかじめこれで褒められたい」ということを
決めてしまっているから、
予想外のことで褒められたときに反応できなくなっているのです。

もし「ほめ言葉」として受け入れられれば、
自分が考えていなかった新しい魅力を発見できます。


また、スポーツ選手の中には、
「すごいね」「うまいね」と褒めても、
あまり響かない人がけっこう多くいます。

一方でこの手のタイプは、「努力しているね」と言えば、
嬉しそうな表情をしたりすることがあります。

この場合は、
「結果」よりも「過程」に価値を置いているわけです。


私のカウンセリングではどうするかといえば、

たとえば、ミスをしないようにしている相手に、
「努力しているね」と「本人が認められるほめ言葉」
を言ってから、

「ミスをしてても結果を出せるなんてすごいね」と、
本人が認めにくい部分のことにも評価を加えます。

すると相手は「そうかな」と、
気づいていなかった部分に気づくようになるわけです。



もしあなたが上司や先輩として、
部下や後輩の面倒を見る立場だとしたら、
こうした考えはすぐにコニュにケーションに対応できます。

プレゼンが苦手な部下にプレゼンをしてもらい、
その結果に「うまいじゃないか!」と褒めても
「いや、全然そんなことないですよ」と、すぐに跳ね返られてしまうでしょう。

けれども、
「あのプレッシャーによく一時間も耐えたじゃないか」
とまずは頑張ったことを褒め、

その部下が「なんとかできました」と反応したら、
「内容もずいぶん考えてあったぞ、うまく伝わったんじゃないか」
と結果を評価してあげればいいわけです。

そうすれば、
部下も自分のプレゼン能力に手ごたえを感じられます。


自信のないことに対する評価を受け入れられるようになるためには、
まず書き出してみましょう。

たとえば、「仕事」「恋愛」「趣味」などと
カテゴリーをあらかじめ分け、

その中で「受けいれられる言葉」と「受け入れられない言葉」
を書き出していくのです。

人から言われる言葉ですから、
すぐに思い浮かばないかもしれないので、
1日の終わりに日記形式で記録してもいいかもしれません。


「受け入れられない言葉」がわかれば、

それを言われたときに、
「あまり嬉しい気持ちはしないけど、それでも評価されている」
と客観的な判断ができるようになります。

実はこのトレーニングは、自分がどんなことに自信があって、
どんなことに自信がないかを見極めるためにも重要なのです。


◆編集後記

ここ最近、走る時間を確保できないので、
朝走るようにしています。

気温もそんなに高くなく、走りやすいのですが、
慣れていない時間帯に走るので体が思うように動かない。
そのことがもどかしくもあります。

じゃあ走らなければとも思うのですが、
これがまた中毒みたいになってしまっています。

僕の性格上、とことんやってしまう部分があるので、
ほどほどにしないと・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第300号(2015年5月15日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

マイナス思考は悪いの?

マイナス思考というのは、
「マイナス」という言葉がついているために、
イメージが悪いようです。

しかし、マイナス思考の基本的な性質はというと、
「批判的思考」なのです。

甘い考えを許さないのがマイナス思考だといえます。

つまり、マイナス思考は、
自分を戒めるのに役立つ思考なのです。



人間は、ともすると自分にとって、
ものすごく都合のいい思考に陥りがちです。

たとえば、こんな実験があります。

オハイオ大学のグレゴリー・プレウスは、
数多くの大学生に「デート相手を募集するための自己紹介」
をビデオカメラの前でしてもらいました。

それから、
「自分の魅力を、7点満点で得点をつけるとしたら、何点?」
と尋ねました。

すると、平均で4.39点という答えが返ってきました。

次に、プレウスは、
それぞれの自己紹介ビデオをほかの人に見せ、
「この人の魅力は、何点くらいだと思う?」
と尋ねました。

すると、平均して3.64点になったのです。


この実験は、
私たちが自分の魅力を過剰評価することを示しています。


実際には、そんなに魅力的でもないのに、
「私って、すごく魅力的」と思ってしまうものなのです。

自分では、魅力が80点だと思っていても、
ほかの人は60点とか、50点とか、
ずっと低い点数しかつけていないのです。

そういった思考を、厳しく追及するのがマイナス思考です。



たとえば、かわいいと思っていた後輩の女性から、
「先輩って、すごく男らしいですよね」
などとホメられたとしましょう。

たいていの人はすぐに浮かれて、
有頂天になってしまうはずです。

しかし、マイナス思考の持ち主は、少しくらいおだてられても、
決して慢心することはありません。

なぜなら、
マイナス思考がちゃんと自分を戒めてくれるからです。


だから、マイナス思考がある人は、
実際に魅力的であっても、すごく謙虚でいられるのです。

人間は、どうしても自分に甘い判断をしがちです。

ですがそれを戒めてくれるのが、
マイナス思考の働きなのです。

その働きがあるからこそ、
きちんと「現実」を見つめることができるのではないでしょうか。



確かに、マイナス思考がわずらわしい(>_<)
と思うことはあると思います。

ただ、マイナス思考があるからこそ、
危ない橋を渡らずにすませられることもまた事実。

そう考えると、
決してマイナス思考も悪いものではありませんね。


◆編集後記

GWは、娘が部活ということもあり、
日帰りで「横浜中華街」へ行ってきました。

ものすごい人の多さで、ぐったりでしたが、
エビチリ、マーボー豆腐、チャーハン・・・

おいしいものを食べると元気になりますね\(~o~)/



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第299号(2015年5月8日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「気の合う人」ってどんな人?

私たちには、いつ会ってもすぐに打ち解けて話ができたり、
おたがいの話に「うん、うん」とうなずいたり、

声を合わせて笑い合ったりできる人間がいます。

いわゆる「気の合う人」です。

そういう人とは、
向かい合っているだけで朗らかな感情を共有できますが、

ときにはいっしょに悔しがったり、悲しんだり、
あるいは怒ったりすることもあります。

喜怒哀楽のさまざまな感情が、すぐに通じ合うのです。



私たちのまわりにはいろいろな人間関係がありますが、
おそらく、いちばん楽な関係を保てるのはこういった
「気の合う人」でしょう。

なぜなら、楽しい気持ちが長く続くからです。


相手の感情がすぐに伝わってくるということは、

いま楽しい気持ちでいるのか、
少しイヤな気持ちになっているのかが
すぐにわかるということです。

相手が楽しい気持ちでいるようだったら、
そのときの話題を流れに任せて続ければいいし、

イヤな気持ちが伝わってきたら話題を変えればいいのです。


逆に、
こちらが「あんまりこの話は続けたくないな」と思えば、
相手もすーっと話題を変えてくれます。

楽しい気持ちになっているときには、
その楽しさをさらにふくらませてくれます。


悲しいときやつらいときもそうです。

相手の気持ちの落ち込みが伝わってくると、
ここはゆっくり話を聞いてあげようとか、

あるいは明るい話題を持ち出して元気づけてあげようといった
配慮ができます。

お互いにそういう配慮ができる関係というのは、
いつ会っても心地よく、しかもわかり合える関係になってくるのです。

したがって、
気の合う人とは感情的な行き違いはなくなります。



人間同士ですから何もかも意見が合うわけではありませんが、
たとえ意見がぶつかったとしても、

相手の感情がわかればスッと引いたり、
こじれる前に話題を変えたりといったことが、
お互い、自然にできるからです。


つまり、気持ちのよい人間関係に必要なのは、
知識や論理や説得力ではなく、
「相手の感情を理解する能力」ということになります。


◆編集後記

胃カメラ検査を受けてきました。
今回で2回目です。

半年前にもおこなったのですが、
少し心配な部分があったので、定期的に検査することになりました。

前回とさほど変化はないようなので、大丈夫らしいです。

安心はしましたが、気持ちいいものではないですね(>_<)



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第298号(2015年5月1日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

社内恋愛、周りにはいつ言うべき?

個人的な意見としましては、
二人の結婚の意志が固まった後がいのではと・・・。

ただ、最近は、
「一緒に住んでも、一生結婚するつもりはありません」
なんていうケースも増えてきているので、

ひたすら隠し続けるのがいいとも言えません。

「安定期」に入って、
みんなに祝福してもらえるタイミングならいいと思います。


さて、どうして結婚の意志が固まった時がいいのか?

それは、カミングアウトした場合、

「周りが気を遣う」

「いろいろ口を出される」

「仕事とプライベートの区切りがなくなる」

「上司と部下だと、叱ったり褒めたりしにくくなる」

などさまざまなリスクが出てきますが、

最大のリスクは、
「別れた時に、相当、面倒くさくなる」からです。


大抵の場合は、どちらかが転属、
または退職を余儀なくされます。

好きな人のために仕事を辞めるのはいいにしても、
別れた人のために失職するのは避けたいところ。


カミングアウトは、冷静に状況を見つめて。
最初は、希望的な観測で「結婚するかも」と思っていても、
時間が経つと波も引いてきます。

倦怠期に入る人、別れたりくっついたりする人、
フェードアウトする人、いろいろですからね。

それから、社内恋愛を隠す場合は、
徹底的に隠し通すことです。

仲のいい同僚に隠しておくのが耐えられず、
ポロッと言うと、あっという間に社内全体に広まる・・・
というのはよくある話です。


そして、せっかくの機会。
「秘密の恋」とやらを楽しんでしまいましょう!

「秘密」というのは媚薬のようで、結構、盛り上がるものです。


◆編集後記

今話題のストレッチ専門店に行ってきました。

誰かにストレッチをしてもらうのは初めてだったので、
新鮮な感覚でした。

自分ですると手加減してしてしまうので、
柔軟性が高まらなかったのがちょっとした悩みでした。

これなら、今までの悩みを解消できるかも\(~o~)/



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第297号(2015年4月24日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

よい人間関係を築く第一歩とは?

よい人間関係を築くための第一歩は、
「人間とは何か、人間の本性とは何か」を、
きちんと理解することです。


人はどうしてそんなふうに行動するのか?

状況が違えば反応がどう変わるのか?

またそれはなぜなのか?

それが理解できていないと、
人とのふさわしい接し方もよくわかりません。


ところで、人間の本性を理解するとは、
どういうことでしょうか?

例えば、
今あなたがある人物を相手にしているとしましょう。

その人物がどういう人間であるかは、
あなたが相手をどんな人間と考えるかでも、
相手にどんな人間であってほしいかでもありません。

理解するとは、その人物をその人物として
受け入れることから始まります。


それでは、人間の本性とは何でしょうか?

人間とは、もともと自分のことしか考えない生き物です。

関心があるのは自分自身であって、
そもそも他人には興味はありません。

これが人間の本性です。


アルフレッド・アドラーもこういっています。

========================
「他人とうまく付き合うには、
 相手がなんとか自分を優秀に見せようと、
 やっきになっていることを念頭におくことだ」
========================


人はこのような本性を持っているわけですから、
その行動も、その人自身の考え方や利害に左右されます。


たとえば、寄付する場面を考えてみましょう。

人が寄付するときにいちばん考えているのは、
その寄付がどれほど役立つかではありません。

それは二の次で、ほとんどの人の頭にあるのは、
寄付することによって自分が役立ててうれしいという
「満足感」なのです。


「人間は自分中心に行動する」
このことを頭の片隅におき、日常生活を送ってみてください。

人間関係にちょっとした変化が起こることでしょう。


◆編集後記

練習で20Kが普通に走れるようになってきました\(~o~)/

3年前までは、3K走るのがやっとだったのがウソのようです。

ハーフマラソン、30Kマラソンと段階を踏んで
走れるようになってきたので、
次はフルマラソンに挑戦できればなあと思います。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第296号(2015年4月17日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「やってみたいから、やる」でいい!(内発的な動機づけ)

社会に出ると、1日の大部分は
「やらなければいけないこと」でつぶれてしまいます。

会社勤めの人は、朝、目が覚めた瞬間からそれが始まりますね。


7時には起きなければいけない。

30分以内で洗顔、朝食をすませ、
遅くても8時には家を出なければいけない。

といった調子です。

職場の1日も、
「やらなければいけないこと」で埋め尽くされます。

退社時間が来て、やっと解放されるころにはもう、
何もしたくありません。

「やらなければいけないこと」がなくなると、
食べたり飲んだり、

あるいはテレビを観たり、
パソコンと向き合ったりして過ごします。


そういうことはほとんどの場合、
とくにやりたくてやっているわけではありません。

他にやりたいことが思いつかないからやっているだけ、
というのが現実ではないでしょうか。



そういう毎日の中で、
「やってみたいな」と思うことがある。

それだけでも新鮮で、
貴重な感情の起伏といえないでしょうか?

なぜなら、「やらなければいけないこと」のほとんどが、
外発的な動機づけで実行されるからです。

外発的な動機づけとは、

たとえば、
「上司ににらまれる」とか、

「ノルマを達成できない」
「会社や取引先に迷惑がかかる」
「クビになったら家族が困る」

といった、義務感、責任感が根底にあります。

その仕事をやりとげることで、
たしかに充実感や達成感も味わえますが、

それは義務や責任を果たした安堵感であって、
やりたいことを成し遂げた快感とは違います。


もちろん、
仕事の中で自分のやりたいことを実現させている人は、
大いに快感を味わうはずですが、

ある程度、高いポストについている人か、
よほど恵まれた職場環境にある人でなければ難しいでしょう。



けれども、「やってみたいな」と思うものは違います。

こちらは自分が実現したいこと、そのものになります。

たとえ仕事とは無関係であっても、
「できたらいいなあ」と思っていることに挑戦してみるというのは、
内発的な動機づけになります。


「やってみたいから、やる」というのは、
動機としても純粋なのです。


さて、あなたが、少しでも「やってみたいなあ」
と思うものは何でしょう?


◆編集後記

僕のカウンセリングルームではアロマを焚いています。

初めは1〜2種類だったのが、今では15種類以上のアロマオイルがある。

こういうのは色んな香りを試したくなってしまいます。

あまり詳しくはないのですが、はまってしまう性分のようです。




今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第295号(2015年4月10日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)