人間関係の悩み解決法(メルマガ)

「あなたは今、どんな人間関係のお悩みを抱えていますか?」

人が抱える悩みの90%が、人間関係によるものだといいます。 私のミッションは、より多くの人の「心の問題」を解決し、素敵な人間関係を送れるよう、ナビゲートすること!

このコーナーでは、「人間関係の悩み」を解決する、具体的な方法をご紹介しています。

→人間関係の悩み改善個人レッスンはこちら 

→メルマガの詳細はこちら

→当ルームのメルマガで広告掲載してほしい!

 

  人間関係の悩み解決法   目次

(512) 過去のポジティブな感情を思い出す

(511) 「やりたくない」の気持ちを解消するコツ

(510) 雑談の効果

(509) 一つずつ短い時間に区切り片付ける

(508) 「わかちゃいるけど、やめられない」をやめる方法

(507) すぐにできることから片付ける

(506) なぜ「聞く」ことが大事なのか?

(505) 「やりたくない」ことでもまず動いてみる

(504) どっちの道に行けばいいの?

(503) 心に寄り添うコツ

(502) 焦った時の対処法

(501) 「ありがとう」に込められた本当の意味とは?

(500) 変わりたいと思っていても変われないのはなぜ?

(499) 不幸の原因を自分のせいにしない

(498) 幸福感を増す秘訣

(497) とても「いい人」よりも、ちょっと「悪い人」がいい

(496) カンに障る人との接し方

(495) 自己嫌悪は向上心のあらわれ

(494) 世界新記録より自己新記録がよい

(493) ルーティーンで心を整える方法

(492) 気持ちを抑えすぎるから人間関係がこじれる

(491) 「みんなといっしょ」よりも、自分らしく諦めよう

(490) 前向きに生きていくためのコツ

(489) 無感動な人のための感動力UP法

(488) 迷わなくてもいいことは迷わない

(487) 「情けない人」は元気、「強がっている人」はクヨクヨ

(486) 強すぎる「承認欲求」が生きづらさを生む

(485) 得たものがあれば失うものもある

(484) わかってくれる人を増やしていこう

(483) イライラの背後には期待がある

(482) 一致点を見つけ出す努力

(481) 比較心理がネガティブ感情を生む

(480) 悔しいことを上手に忘れるコツ

(479) 気合いを入れるのではなく、「たんたん作戦」で!

(478) 落ち込んだり、腹が立つ本当の理由

(477) 恨みの感情を忘れる方法

(476) 相性が合わない人との接し方

(475) 割り切りが大事なときもある

(474) 開き直って、「いいわけ」しよう

(473) 嫌味な人の言葉は軽く受け流す

(472) 人の気持ちを察するとトラブルが起きやすい

(471) 「忘れなくてもいい」と開き直る

(470) よき常識人であってこそ、個性が生きる

(469) 迷いを吹っ切るコツ

(468) 調子のいい人との接し方

(467) 考えないようにしようと思っても、考えてしまうのはなぜ?

(466) 「自己臭恐怖症」の改善方法

(465) 心から反省し許しを求めることで、救われる

(464) 「前向き」ごっこはやめましょう!

(463) 相手の短所は見てみないふり

(462) 好きな人と距離を縮める方法

(461) どんなときに心はたくましくなるの?

(460) 具体的なことだと相手に伝わりやすくなる

(459) 他人の不幸や失敗を忘れてあげる

(458) 相手の知りたいことを提案してあげる

(457) 過去を懐かしんでいても、しかたがない

(456) 迷惑な噂はすぐに否定しておく

(455) 毎日会うからこそ「ありがとう」を忘れずに

(454) いい思い出は美化し、イヤな思い出は忘れる

(453) 人が偏見を持つわけ

(452) いい思い出を残し、イヤな思いでは忘れる

(451) 自分から相手に話しかける

(450) 怒鳴る人は、無関係な人を苦しめる

(449) 恩きせがましい言葉は相手の重荷になるだけ

(448) グチばかりの人は、「ウサ晴らしノート」が必要

(447) ほめ言葉のつもりでも女性を怒らせる言葉

(446) 自分の状態を知る

(445) なぜ相手の話を聞くのか?

(444) 「Aさんに比べてBさんは」という褒め方が、人間関係を悪くする

(443) 自慢話ばかりは楽しくない

(442) 親しい仲だからこそ大切に

(441) KY上司は部下にストレスをかける

(440) 決めつけ口調で話す人は嫌われる

(439) ハッタリ行動をしていると、いつか本物に

(438) 身勝手な人は相手を不快にさせる

(437) ここぞという時の交渉術

(436) 会話をスムーズにする方法

(435) 完璧を目指さない

(434) 会話のキャッチボールが終わる理由

(433) たかが話し方、されど話し方

(432) 話し方で人間関係が決まる

(431) 自分の問題と相手の問題を分けて考える

(430) 人間関係を良くする共感能力

(429) パチンコ依存を克服するには?

(428) よく休み、体調を整える

(427) 「プラス思考」のリスク

(426) 「感情」は「思考パターン」を変えてしまう

(425) スピーチで話をまとめるコツ

(424) 「感情」は変えず、「考え方」を変える

(423) まわりの人と感覚を共有する

(422) 不倫の恋はやめたほうが・・・そのワケ

(421) スピーチで緊張しない方法

(420) 適度なストレスはエネルギー源

(419) おしゃれは、自分を幸福にするため

(418) 学びつつ、実践する

(417) 仲間ができないときこそチャンス!

(416) 相手との距離間を縮めるコツ

(415) 一人で行動できる人になるには

(414) 落ち込んでいる相手を無理に励ます必要はない

(413) 大切な人と別れた淋しさを解消する方法

(412) 部下の上手な注意の仕方

(411) だれも自分を理解してくれないのは、なぜ?

(410) 自分の体験やフィルターを通さないで話を聞く

(409) 不運も輝きに変える

(408) ひとりぼっちの淋しさに勝つ!心構え

(407) 話題に興味を示さない相手とは苦痛

(406) 自分の本当の気持ちを知る

(405) 孤独に打ち克つ心構え

(404) 話をまとめたがる人とは、会話がかみ合わない

(403) 前向きになれる言葉をつぶやく

(402) イライラ気分を変えたい「オマジナイ」

(401) 思い込みが激しい人は、話をねじ曲げる

(400) 同僚から妬まれた時の対処法

(399) 二度と相談されない人の聞き方

(398) 同僚や後輩の仕事が気になってしかたがない

(397) 沈黙に耐えられない人は、話しを聞くのが下手

(396) いきがいや夢中になれるものがみつからない

(395) 人見知りを打破する方法

(394) 友達は欲しい、でも、友達づきあいは面倒だ

(393) ついついウソをついてしまう心理

(392) マザコン男と母親思いの見分け方    

(391) 攻撃的な人から身を守るには

(390) 失恋した時の対処法    

(389) パートナーとうまくいかない    

(388) 恋のマンネリを打破する方法    

(387) 期待されると無理をしてしまう

(386) 学生時代からの恋はなぜ長続きしないのか?

(385) すべてを把握しないと気が済まない

(384) いつも重い女になってしまう

(383) 正しいかどうかにこだわってしまう

(382) 「協調性のある人」になるための思考術

(381) 思い込みが激しく、物事を悪い方へ考えがち

(380) 悪いクセをやめられない    

(379) 役に立たないと存在価値がないと感じてしまう    

(378) 芯のある自分になるために大切なこと

(377) 自分が何がしたいか分からない

(376) 他人に期待しなければ、失望することもない    

(375) 落ち込みやすくなかなか立ち直れない    

(374) 心に「グレーゾーン」の置き場所をつくろう

(373) 「怒り方の作法」    

(372) 不安がいっぱいで押しつぶされそう    

(371) 心とカラダはつながっている

(370) つい人と比べて妬んでしまう    

(369) 心を奪われるなら、好きな人にしましょう  

(368) 開き直りが人を強くする

(367) どうしても許せない人がいる

(366) 「自分でコントロールできること」に集中しよう  

(365) 緊張をやわらげる方法

(364) 悩みも不安も落ち込みも、感情整理の基本は「書く」

(363) ケンカをしたら仲直り、だ  

(362) 「天職」を見極めるコツ  

(361) 若い女性に増えている「ランチメイト症候群」  

(360) 「モチベーションをあげる」のトラップ  

(359) 人には親切に接するに越したことはない

(358) 「半知り」が苦手な日本人  

(357) 心地よい環境で働く発想転換  

(356) 人と人とは、踏み込んでみるとうまくいく  

(355) 深い人間関係が築けない悩み

(354) 人には感謝してみるものだ

(353) 好きなことは仕事にできないか?

(352) 他人に恩を売るべからず  

(351) ちょっとした行動を変えれば悩みは解決する!?

(350) 「そうですね・・・。しかし」話法のすすめ  

(349) 体を動かすと頭の中も元気になる

(348) 上司は批判をされてなんぼ  

(347) 頼られてうれしくない人はいない  

(346) 他人が勧めるものを優先してみる

(345) 楽しみがあると落ち込まなくなれる  

(344) 解決志向ブリーフセラピー事例(失恋のショックで人間不信)  

(343) 解決志向ブリーフセラピー事例(子どもとの関係が苦しい小学校教師)  

(342) 解決志向ブリーフセラピー事例(大学に行けなくなり引きこもり生活)

(341) 解決志向ブリーフセラピー事例(上司のひどいパワハラでうつ状態)

(340) 解決志向ブリーフセラピー事例(前夫からのひどいDVでボロボロ)

(339) 仕事が自分の世界のすべてではない

(338) 紙に書けば気持ちが整理される

(337) 人間関係の悩みは相談しても解決できないの?

(336) 自分が好きなことを強引に勧めてくる人の心理

(335) 人には耐えられない二つの侮辱  

(334) 不安を小さくするコツ

(333) 人生の舞台で自分を演じよう

(332) 「自信が持てない人」は優しい人

(331) 相手のマイナス感情はスッとかわす

(330) 頼られる人の立場になると見えてくることがある

(329) 腹の立つことには近寄らない

(328) 友人だと思っていたのに・・・

(327) いいほうへ、いいほうへと考える

(326) 助けを求めることから始まる人間関係

(325) 人の弱味は見て見ぬふり

(324) 周囲が応援したくなる人とは?

(323) 劣等感って必要なの?

(322) 不安な気持ちに支配されたときの対処法

(321) 憎めない人ってどんな人?

(320) 周囲から避けられている気がしたら

(319) 甘えることは悪いのか?

(318) 人から裏切られたときの対処法

(317) 心の健康を保つ方法

(316) 管理職になるほど悩みは深い?

(315) モチベーションは責任感から生まれる

(314) 自分だけが苦労していると感じたら

(313) 不幸な恋愛から抜け出せない悩み

(312) その忙しさは出発点が間違っている

(311) 評価が低いのはモノサシの違い

(310) 相手を説得させるとっておきの方法

(309) 男性が求める女性像とは?

(308) どうしても周囲の目が気になるときには

(307) 自分のしてほしいことを相手にしてもらう方法

(306) 小心者なら危機を回避できる

(305) 恋人と1年以上続かない悩み

(304) 心のハンドルに「遊び」を用意する

(303) 相手から感じのいい人だと思ってもらえる方法

(302) 劣等感は向上心のあらわれ

(301) 忙しくて、出会いがない悩み

(300) 「受けいられる言葉」と「受け入れられない言葉」を知る

(299) マイナス思考は悪いの?

(298) 「気の合う人」ってどんな人?

(297) 社内恋愛、周りにはいつ言うべき?

(296) よい人間関係を築く第一歩とは?

(295) 「やってみたいから、やる」でいい!(内発的な動機づけ)

(294) 殺伐とした職場の悩み「私はどうすればいいの?」

(293) 感情を大いに満足させる方法

(292) アフター5の悩み

(291) なぜ欲求を表に出さない人は、不機嫌になるのか?

(290) 誰にでも優しくしなくてよい、困った人を助けなくてもよい

(289) 「わかりやすい人は」明るい人に見える

(288) 好きになれない人に近づけば、愛情が枯れていく

(287) いいパートナーシップを取るコツ

(286) 悪いイメージも事前に描いておく

(285) 気分が停滞したときは、環境を新しくする

(284) 自分から感情の起伏を抑えてはいけない

(283) 許せないことは、無理に許さなくてもいい

(282) 自然と前向きな気持ちが生まれる方法

(281) 実力が同じなら外見が良いほうが勝ち

(280) 相手と比べて妬んでしまったときの対処法

(279) 感情を治す「統合失調症」治療とは?

(278) そもそも人間は孤独なもの

(277) 人の心は傷つきやすい、理解されたり誤解されたり

(276) 流れ星に願い事をすると、なぜ叶う?

(275) 第一印象はどうして逆転できないのか?

(274) ときには他人をねたんだり、うらやんでもいい

(273) プロロングド・エクスポージャーで忘れる

(272) イヤなことがたくさん起きた時の切り換え方

(271) 孤独を感じると、人はどうなるか

(270) 八方美人ほど、八方ふさがりになりやすい

(269) 孤独はどこからくるのか?

(268) 立ち直る能力を鍛えるのために大切なこと

(267) イライラしないためのコツ

(266) 人が変わるために必要なこと

(265) ネガティブ経験を忘れるために大切な事

(264) このままの人生が10年続いたとして、一番後悔することは?

(263) 問題解決するコツ

(262) 男性の怒りと女性の怒りは違う

(261) 信頼関係がない怒りは役に立たない

(260) いったい何を怖れているのだろう?

(259) あまり怒らない人が、怒らない理由

(258) 今日楽しみなこと3つは?

(257) 怒りの対処法

(256) あなたの気分転換法は?

(255) 怒っても他人を変えられないのは、なぜ?

(254) 不満を感じたときの対処法

(253) 本当の自分はどこにいる?

(252) 人生で未完了になっていることは?

(251) 緊張するのはなぜ?

(250) 相手を許す理由

(249) そっとしておく問題解決法

(248) 神様に任せられることは?

(247) 「気持ちのいいこと」を組み合わせる

(246) 何があっても、あなたを信じてくれる人は?

(245) 得意分野で勝負しよう!

(244) 才能を開花させる方法

(243) 嘘をついたら、最後までつき通す

(242) 苦手な事は考えずに結論を出す

(241) なぜ悪い予感は当たるのか

(240) 初対面の人と仲良くなる秘訣

(239) ほめられたら否定しない

(238) 「前よりマシになった」と声に出して言ってしまおう!

(237) 自分探しをする理由

(236) 第一印象が大切な理由

(235) 結論の出し方=「楽しそうだからやってみよう」

(234) 潜在意識は答えを求め続ける

(233) 「考え方」を変える思考トレーニング法

(232) ポジティブのためなら死んでもいい?

(231) 疲れたら「積極的」に休む

(230) 迷いを消す思考術

(229) 消えゆく感情を定着させる方法

(228) あえて他人に流される

(227) 議論を前進させる方法

(226) 神様仏様に頼みごとをする意味

(225) 始められない理由、続けられない理由

(224) 相手に好感を持ってもらうコツ

(223) 理想を声に出す、文字にする

(222) わかりやすい人になろう!

(221) どうして感情は冷めてしまうのか?

(220) 結婚相手に経済力を求める女性の心理

(219) お人よしの自分を変える秘訣

(218) マイナスイメージを瞬時に切り替える方法

(217) 成長するための二つの原理原則

(216) 心配事は3つに大別する

(215) 自分らしい仕事を見つける方法

(214) 思考停止になる理由とは

(213) 発展思考になるコツ

(212) 不純な動機で成功を手に入れる方法

(211) 「よかった日記」を書いてみよう!

(210) 自分の弱みを認識すると余裕が出る

(209) 「ダメかも」理性を打ち消す方法

(208) ペットで癒される理由

(207) 厳しい現実は「笑い話」にしてみる

(206) ゴールを明確にする

(205) 苦手な相手と仲良くなって、世界を広げる

(204) 「やらずにおくこと」リストを作る

(203) 人が助けを求める心理とは?

(202) 人間関係のしがらみを軽くする方法

(201) 目標を立てるコツ

(200) 「あのとき、こうしていれば」の対処法

(199) 三日坊主を克服する秘訣

(198) お金持ちの人に読書家が多い理由

(197) けなされた時の対処法

(196) つらすぎる心を立て直す秘訣

(195) 男性が家事をおこなうメリット

(194) 習慣を継続させる方法

(193) アルコール依存の深層心理とは?

(192) 電話で「声の魅力」を自然と相手に伝える方法

(191) ポジティブでないと成功できないの?

(190) 魅力的な人の言葉遣いとは?

(189) ネガティブ思考に歯止めをかける方法

(188) 大事にしたい人なら、大金は貸さない

(187) 人に慕われる秘訣

(186) 「自分のため」に生きていることを、否定しない

(185) 会社の面接で自信喪失したら・・・

(184) 日本で成功者が「お陰さま」という理由

(183) 矛盾があるから成長できる(弁証法とは?)

(182) 仕事に使命感を感じるには・・・

(181) 心を整理する方法

(180) 部下のやる気を倍増させる方法

(179) 「ありがとう」を口ぐせにしよう

(178) 成功する人と頑張っても成功できない人の違い

(177) 「自己重要感」を満たして相手を喜ばせる方法

(176) チャンスをつかむ方法

(175) 成果が出ないときの対処法

(174) 自分のことを正当に尊重する

(173) 人に話すとラクになる理由

(172) 言わなくては伝わらない

(171) 何回くらいでよくなりますか?(セラピーのご質問)

(170) 人生の師が見つからないで困っている

(169) 紙に書くと気持ちがラクになる理由

(168) 自分らしい職業の探し方

(167) 事実を正確に受け止める

(166) 他人の応援をしすぎない

(165) 小さく動き、小さく変える

(164) 役に立たない人間を部下に持ったら・・・

(163) 他人を信用する基準とは?

(162) 人づきあいを豊かにする方法

(161) 子どもに生きる力を伝えるには

(160) 松下幸之助の経営哲学を取り入れたセラピー

(159) 体験を通じて得た「幸せになれる秘訣」

(158) 短期間で回復に向かう理由

(157) カウンセリングとコンサルティングの違い、コーチングとは?

(156) 人間関係改善個別レッスンを始めたきっかけ

(155) NLPとはどんな心理療法なの?

(154) 自己啓発本を読んで自信を失わない方法

(153) 上手くいっている人が上手くいっている理由

(152) 継続するための秘訣

(151) どんな人のお役に立てるの?

(150) カウンセリングの方針

(149) 自然に触れると癒される理由

(148) 催眠療法とは?

(147) 行動や結果には波がある

(146) 信頼関係を築けない理由

(145) 行動にこそ本心がある

(144) 分度(ぶんど)を守る難しさ

(143) いい人間関係を築くために大切なこと

(142) 人生は自分自身にどんな質問をするかで決まる

(141) 今苦しくてしかたがないと相談を受けたら?

(140) 受け入れられない相手と接するには?

(139) 嫉妬(しっと)の対処法

(138) 嫌な出来事の印象をやわらげる方法

(137) 小さなことを大げさに考えて悩んでしまう

(136) 暗く考えてしまう過去の印象を明るくする方法

(135) つらい過去の思い出を弱める「具体的な」方法

(134) 仕事ができない部下・同僚をもった時・・・

(133) 悪口・愚痴・うわさ話のかわし方

(132) 上司のパワハラで悩んでいます

(131) 扱いづらい年上の後輩をもった時の対処法

(130) 後輩の態度の悪さが許せない!

(129) 仕事を押し付けられて断れない悩み

(128) 嫌いな上司とうまくつき合う方法

(127) マンネリを打破する方法

(126) 先延ばし癖は治るの?

(125) お金が貯まらない悩み

(124) 夢がなくても大丈夫?!

(123) 飲み会の席で下ネタを振られたときの対処法

(122) 酔っ払いを上手くこなす方法

(121) 飲み会の席で絡まれたときの対処法

(120) 仕事が長続きしない悩み

(119) 孤独のお悩み対処法

(118) 将来の「不安」を軽くする思考術

(117) 仕事のスランプ悩み解決法

(116) 失敗・自己嫌悪の悩み

(115) 仕事が好きになれない悩み

号外  ワークショップ(11月開催)のご案内

(114) 職場に自分の居場所がない悩み

(113) 仕事が忙しくてイライラする悩み

(112) 働く意味が分からなくなった悩み

(111) 専門性がない悩み

(110) 「ワーク・ライフ・バランス」の悩み

(109) 資格がない悩み

(108) 会社で評価されない・褒められない悩み

(107) 会社を辞めたい悩み

(106) やる気が空回りしてしまう悩み

(105) やり甲斐の悩み(仕事にやり甲斐がもてません)

(104) 昇格・昇進の悩み

(103) ハードワークの悩み

(102) 給料が少ない悩み・不安の対処法

(101) リストラの悩み・不安対処法

(100) 目標達成の秘訣「リソースとは?」

(99) 聴き上手になるコツ

(98) 自慢話が多くなったら気をつけること

(97) 劣等感にとらわれてしまったら

(96) 感謝の気持ちが自然と湧き出るワーク(3)

(95) 感謝の気持ちが自然と湧き出るワーク(2)

(94) 感謝の気持ちが自然と湧き出るワーク(1)

(93) 後悔しない人生を送るには?

(92) 考えて行動できる人間になるコツ

(91) 商売を長続きさせる方法

(90) つまらない快楽に打ち勝つ秘訣

(89) 教師とカウンセラーの意外な共通点とは?

(88) 【カウンセリング事例】うつ病で3年間・・・

(87) 物事を正しく見極める方法

(86) 仕事の出来を褒めるときはこの言葉!

(85) 達成感を味わう秘訣

(84) 大人の会話ルール「体型を話題にしない」

(83) 【カウンセリング事例】痛恨のバトンミス

(82) ハンデを持つ人が強い理由

(81) 幸運を手に入れる極意

(80) 成功する秘訣

(79) 【カウンセリング事例】仕事、私生活がうまくいかず不安・・・

(78) 自分に向いた仕事を探すコツ

(77) 部下に信頼される方法

(76) 夢を叶える人の行動パターン

(75) 迷ったらコレ!

(74) もっとも簡単に「感動」を味わう方法

(73) ちょっと不幸を感じたときの対処法

(72) 周囲から高い評価を得る方法

(71) 断然聞きやすい話し方のコツ

(70) ミツバチに学ぶ成長法則

(69) 短文主義で話すコツ

(68) 「経験が少ない」を言い換えると

(67) 「よい言葉」に意識を向ける

(66) 自分の弱さに向き合う

(65) 「できません」はうまく言い換える

(64) 賢い人の学び方

(63) 最高の結果を出すヒント

(62) ちょっとした言葉の言いまわしで上品に聞こえる方法

(61) 聞き取りやすい話し方のコツ

(60) 一人の時間は大切

(59) 幼稚な話し方は「ラ行」が原因

(58) 相手を褒めるときのテクニック

(57) 人間関係を良好に保つ秘訣 

(56) 「せめて」のひと言が素敵な人間関係を築く

(55) 嫁姑問題を改善したい(カウンセリング事例) 

(54) 優しい言葉

(53) 誘惑に負けない秘訣

(52) カウンセリング事例「親の支配からの脱出」 

(51) 非難されたときの対処法

(50) 楽しいと思うことを続ける生き方

(49) 驚くほど、人の心にあっさり入り込めるテクニック

(48) ペーシングで人間関係をよくするコツ

(47) 人は自分のことになると「保守的な心理」になるのは、なぜ?

(46) 子どもの自立を妨げるお小遣い干渉とは?

(45) 心理カウンセリングの本当の目的は?

(44) カタルシス(浄化)作用とは?

(43) 相手の本音を知る秘訣

(42) 幸せになるためのコツ

(41) 信頼関係はどこから生まれる?

(40) コミュニケーションで大切なこと

(39) 子どものやる気を引き出す方法

(38) 子どもの正しい叱り方とは?

(37) 自信のない子どもに自信を持たせる方法

(36) そのことは真実か?一般化される理由とは?

(35) 教師専門のカウンセリングルームを開業した理由

(34) 「縁を生かす」2010年あなたの心に届く!感動の物語

(33) 同じ言葉でも受け取り方は人それぞれ、その理由とは?

(32) 催眠療法とは?

(31) 教師間改善のテクニック

(30) 心理カウンセリングとは?

(29) ミスコミュニケーションが起こる原因

(28) 忘年会はいったい何のためにするの?

(27) 願望実現の秘訣

(26) 成功者から学ぶ、目標達成の秘訣 

(25) 本当の幸せを手に入れる第一歩とは?

(24) 魔法の言葉で幸せを引き寄せる方法 

(23) 失敗したくなくても失敗してしまう理由とは?

(22) 好きな人ができるとその人ばかりを意識してしまうのは、なぜ? 

(21) イメージを使った願望実現法と脳のシステムA  

(20) イメージを使った願望実現法と脳のシステム@

(19) 会話で大切なこと 

(18) トラウマになるような「辛い過去のイメージ」を弱める方法  

(17) 同じ出来事なのに受け止め方が違うのは、なぜ?  

(16) 言葉の力を自分自身に活用する心理術 

(15) 言葉より行動に出る人間の本心  

(14) 気持ちをリセットするテクニック 

(13) 毎日を穏やかに過ごす秘訣 

(12) 苦手な相手とうまく会話をする方法 

(11) 人間関係トラブル解決法「I(アイ)メッセージの効果とは?」 

(10) 食事の前に「いただきます」というのは、なぜ? 

(9) 散歩が悩んでいる人にいいのは、なぜ?

(8) 行動できる人と、できない人の違いとは? 

(7) 相手に好印象を与える最高の贈り物

(6) 人間関係をよくする方法「具体的な呼吸あわせ」の方法とは?

(5) 人間関係がうまくいく!「呼吸あわせ」のコツ

(4) 裏メッセージに隠された人の心理とは?

(3) メールカウンセリング事例

(2) 相手を不機嫌にする表情、しぐさにあなたは気づいていますか? 

(1) こんな時何て言う?とっさのひと言「あいさつ」編

次項有人間関係の悩み改善個人レッスンはこちら 

 

▲TOP

過去のポジティブな感情を思い出す

何かを目指していると、
「自分にはできないかも」と悩む時期があるものです。

つらい仕事や練習にばかりに目がいくと、
夢や目標に向かって行動もできなくなります。

でも、それは能力が伸びようとする際につきものの、
必ず通過しなければならない時期です。

この時、どのように考え、
どう行動するかで次のステージに進めるかどうかが決まります。

これまで成功体験が少なく、
失敗体験ばかりが脳に記憶されていると、

どうしても将来の自分に対して希望を持てず、
ポジティブな感情になりにくくなります。

しかし、いくら失敗経験ばかりの人でも、
過去にうまくいったことや夢中になって取り組んだこと、
心をときめかせたことなど、
肯定的な感情になったことがあるはずです。

脳は未来よりも過去の方がイメージしやすい傾向にあります。

経験していないことよりも、実際に経験している分、
脳に強く記憶されているからです。

そのため、
まずは過去の心躍る体験や胸が熱くなった出来事から、
その時の前向きな感情を思い出しましょう。

過去に思い描いた夢や楽しみながら取り組んだことは何か?

ワクワクしていた頃の自分は、今の自分とどこが違うのか?

このように脳に問いかけて、
過去の体験や経験から肯定的な感情を呼び起こした上で、
将来の「できるイメージ」を作ります。

ただ、それでも将来の夢や目標に対して
「できるイメージ」をすんなり描けないこともあるでしょう。

なぜなら、そのことをまだ経験していないからです。

その場合は、憧れの人や尊敬している人、
なりたい自分を体現している人をイメージしましょう。

その人は何をしているのか?

なぜ、自分はその人に憧れを感じるのか?

その人との間にはどんな違いがあるのか?

このように脳に問いかけることで、
なりたい自分を体現している人物を通して、
将来像をイメージすることができるでしょう。

さあ、あなたの夢や目標を実現している人を見つけてみましょう!


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

自分の中の「どうせ」「でも」「だって」に負けない33の方法 
著:飯山ジロウ(実務教育出版社)


◆編集後記

出版情報です。

7/22(月)に、
僕の初めての単著「なんとなく生きづらいがフッとなくなるノート」
が発売されます。

本屋さんには東京の書店を中心に、
7/22(月)以降に並ぶ予定ですが、アマゾンでは今から予約ができます!
http://www.amazon.co.jp/dp/4295403210

僕は体育系の大学出身で、
文章の勉強は全くしていなかったので、
正直とても大変でしたが、
10年間の思いを込めて、精一杯書きました。

ぜひとも、手に取って頂けたらうれしいです!

◆詳細はこちら
http://www.kokoro-str.jp/article/16133766.html



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第512号(2019年6月14日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「やりたくない」の気持ちを解消するコツ

苦手意識があることをしなければならない時や、
うまくいくかどうか自信が持てないことをするときには、

人の心にはどうしても
「やりたくない」という思いが重くのしかかってきます。

そのため、なかなか物事に取り掛かることもできず、
いつまでもグズグズしていることになりがちです。

このようなケースでは、
「とりあえず5分だけ集中してやってみよう」
と考えることが有効な解決策の一つになります。

「今日1日、このことに従事しなければならない」
と考えると、

それが強いプレッシャーとなって、
心にブレーキをかけてしまうことになってしまいます。

特に、苦手意識があること、
自信が持てないことに関しては、
そのようなプレッシャーを強く感じることになると思います。

ですから、
「とりあえず5分だけ」と考えてみるのです。

「5分」であれば、
それほど強いプレッシャーを感じずに済むと思います。

何事もそうですが、出だしが大切です。

最初の「5分」とは、いわば助走です。

そこで勢いがつけば、その勢いに乗って、
心理的な負担を感じることもなく、
その後もスムーズに物事を進めていくことができます。

ですから、最初の「5分」は余計なことは考えずに、
無心になって物事に集中するのです。

そうすれば、その後も、
苦手意識や自信のなさに振り回されることなく、

「やりたくない」という気持ちも消し去って、
スムーズに物事を進めていくことができるのです。

ちなみに私は、
1週間で5つの課題をしなければならないという時は、
とりあえず1日で5つの課題に手をつけ、見通しをつけます。

その方が、不安が解消されますので、
「やりたくない」という気持ちが和らぎます。

自分なりのオリジナルの
「やりたくない」対策を作っておいてもいいですね。

---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「すぐ動くコツ」著:植西聡(自由国民社)


◆編集後記

この時期は、子供の気持ちも不安定になり、
不登校のご相談が増えます。

不登校相談でカウンセリングを受けるのは、
基本的に親御さんですが、

ご本人の意志があれば、
お子さんをカウンセリングすることも可能です。

その際は、必ずご本人の承諾をとってくださいね。

◆不登校相談はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1421832.html

どんな感じで進めるのか、参考にして頂ければと思います。
◆不登校相談の一例(5回セッションの流れ)
http://www.kokoro-str.jp/article/16107891.html



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第511号(2019年6月7日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

雑談の効果

相談したい事があるとき、愚痴を聞いてほしいとき、
あなたは誰に話しますか?

そう聞かれて、頭に思い浮かぶ人がきっと一人はいると思います。

その人に話したい、話せると思うのはどうしてでしょう?

それはきっと、
安心して話を聞いてもらえる人だからではないでしょうか。

私はカウンセリングがクライエントさんにとって、
まずは「安心して話せる場」と思ってもらえるように、
クライエントさんの話したいように話をしてもらうことが
大切だと考えています。

ゆえに、お悩みや愚痴をお話しいただくことはもちろんですが、

カウンセリングの時間を楽しい時間、
癒される時間、快感を得られる時間として、
活用してもらっています。

実際、
クライエントさんもそのような時間を望んでいることが多く、
1回のカウンセリングで最初から最後まで
雑談のような感じで終わることもあります。

同様に、みなさんが誰かの雑談にのる際も、
まずは安心して話せる場となることを
目指してほしいと思います。

相談がなかなか本題に入らなくても、
相談者にとっては雑談で楽しい時間をすごすだけで
十分であったり、

ほかの話をして笑ったりすることで、
気分をまぎらわせたいということがよくあります。

たとえあなたが励ます気満々だったとしても、
悩みや問題について話すことが、どんな人にとっても
気分を上向きにさせる最良の手段とはかぎりません。

友人や家族に何でも気軽に話すことが出来る人もいれば、
他人に悩みを打ち明けたり、
相談にのってもらうことができない人もいます。

そのような人たちにとっては、
本題を話すよりも楽しい雑談をするほうが
気分を上向きにさせることもあるのです。

---------

今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「はげます技術」著:あさくらゆかり(サンマーク出版)


◆編集後記

暑くなったり寒くなったりで体調管理が大変です。

この時期は毎年そうですが、身体がだるくなります。

肩こりもひどくなり、目も疲れます。

こういう時こそ、規則正しい生活が大事ですね。

暴飲暴食をやめる。

睡眠をしっかりとる。

お酒を控える。

このお酒を控えるのが難しい・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第510号(2019年5月31日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

一つずつ短い時間に区切り片付ける

たとえば、1日に8時間働くとします。

その8時間の中で、10のことをしなければならないとします。

こういうケースで、いつもグズグズしていて、
やるべきことをすぐにできない、
というタイプの人は、
この「10のこと」に意識を強く奪われてしまいがちです。

「10のことを、今日中にしなければならない、ああ面倒だ」

というネガティブな感情にとらわれてしまいます。

そして、

「面倒だ。やりたくない。
どうしてこんなことをしなければならないのか」と、
意味のないことをぼやきながら、
時間を無駄にしていきます。

その結果、8時間たっても、
「10のこと」のうちまだほとんど終わっていない、
ということになる場合も出てきます。


そうならないための方法として、

「やることと、それにかける時間を、
小さく分割して目標を設定する」

というやり方があります。

たとえば、
1日8時間のうち、お昼の休憩を1時間取るとすれば、
実質的な労働時間は7時間です。

分にすれば、420分。

420分で「10のこと」をするのであれば、
1つのことにかかる時間は、42分。

したがって、
「1つのことを40分で終了する」
という目標を立てて、集中して取り組みます。

1つのことを終えたら、
2分ほど休憩して、また次のことに全力で集中します。

このように、漠然と、
「10のことをやらなければならない」
と考えるよりも、

「1つ1つのことを時間を区切ってやっていく」
というように心がけるほうが、

「面倒だ、やりたくない」
という思いにとらわれずに済むのです。

仕事だけではなく、
試験勉強などにも応用できるので、
学生の皆さんは試してみてくださいね。

---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「すぐ動くコツ」著:植西聡(自由国民社)


◆編集後記

1日2食生活に慣れてきました。

始めて1か月が経ちます。

当初は、お腹がすいてしかたがなかったのですが、
慣れてしまえば大したことないですね。

体調もいいし、体重も少しずつ落ちてきている。

何しろ、お腹がすいているので、
昼食は何を食べてもおいしい。

空腹は最高の贅沢かもしれません。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第509号(2019年5月24日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「わかちゃいるけど、やめられない」をやめる方法

ダイエットしたいのに、つい甘いモノに手が伸びてしまう。

時間を有効活用したいのに、ついSNSを眺めてしまう。

試験勉強をしなければならないのに、
つい友達とLINEにふけってしまう。

行動を起こそうとしているのに、
それを邪魔する感情が顔を出してしまうことを
「意志が弱い」などとよく言いますが、
実はそうではありません。

ただ、脳の反応がそうさせているだけです。

脳は、経験や体験をどんどん記憶していきます。

中でも脳が「快反応」を起こしていることは、
何度も続けようとしてしまうのです。


ダイエットと並ぶ、なかなか達成できないことに、
禁煙があります。

これも、脳が吸いたいと思ったら、
無意識にタバコに手を伸ばしてライターで火をつけて、
ふぅ〜っと一息することに「快」になっているわけです。

これが繰り返されると、
脳に「快」情報としてどんどん記憶されます。

タバコを吸うことに脳が「快」反応を示している限り、
禁煙はできません。

無意識にタバコを欲しているのに、
意識的に代替用品を使ってもストレスになるだけです。

では、どうすればいいのでしょうか。

それは、意識して「間を置く」ことです。

タバコを吸いたいと思ってもすぐに吸わず、
少し時間を置いてみるのです。

行動をすぐに起こさないと脳は、
「回避反応」を起こすので、
タバコを吸いたいという気持ちが薄れていきます。

そうすることで、
「タバコ=快」という公式を崩していくのです。

さらに、タバコを吸った後に、
「これでまた肺がんに近づいたな」などと
怖いマイナス言葉を使います。

それを続けていくうちに、
脳が「タバコ=不快」と反応するようになります。

いけないとわかっているのに、
ついやってしまうことは、まず意識して「間」を置きましょう。

その後にマイナス言葉を使うと、なお効果的でしょう。

ちなみに私はタバコは吸っていなかったので、
禁煙の必要はありませんでしたが、
この「間」を置く方法で、ギャンブル依存を克服しました。

---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

自分の中の「どうせ」「でも」「だって」に負けない33の方法 
著:飯山ジロウ(実務教育出版社)


◆編集後記

関東大会につながる陸上の応援に行ってきました。

全ての選手がそこを目指すので、し烈な競争です。

娘は、400Mハードルと、
4×400Mリレー(マイルリレー)に出場しました。

400Mハードルは相手にならず予選敗退。

マイルリレーはおしかった。

予選で8位以内のタイムに入れば決勝進出だったのですが、
予選で10位。

決勝に残り、6位以内に入れば、関東大会に出場できます。
しかし、0.5秒差で逃しました。

でも、娘も自己記録を1秒以上縮める快走で、
チームに貢献しました。

「高校に入ったら関東大会に行きたい!」
といつも言っていて、
僕との日常会話もほぼほぼ陸上会話でした。

家でも朝練や自主練、ストレッチ、など
陸上にかける娘の情熱は、はんぱなく、
真剣に関東大会を目指して練習していたのですが・・・

現実は残酷です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第508号(2019年5月17日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

すぐにできることから片付ける

「やりたくない」という思いにとらわれて、
いつまでもグズグズしている人がいます。

すぐにやらなければならない用事があるのですが、
「やりたくない」という思いから、
関係のないことばりしてグズグズしてしまいます。

しかし、
グズグズすればするほど、
ますます「やりたくない」という
気持ちが強まっていくばかりなのです。

その結果、
「やらなければならないこと」は、
どんどん後回しになっていきます。

これでは、生産性のある人生を
築きあげていくことはできないでしょう。

充実した人生を実現するためには、
「やらなければならないことはサッサと片付けていく」
という習慣を身につけることが大切です。

きっと、「やりたくない」という思いが生じるのには、
理由があると思います。

その理由を自分自身で把握して、
的確な対処策を取ることが、
人生を有意義なものにするはずです。


たとえば、
「やらなければならないことが多すぎる」という理由から、
グズグズしてしまうことがあります。

「やらなければならないことが多すぎる」
ということがプレッツシャーになって、
心にブレーキをかけてしまうのです。

こういうケースでは、
「やらなければならないこと」を小さく分割して、
それを一つずつ片付けていく、という方法があります。

一つ片付ければ、少しだけ
「やらなければならないこと」が減ります。

もう一つ片づければ、
また「やらなければならないこと」が減っていきます。

それに伴って、プレッシャーも和らぎます。

そして、「やりたくない」という気持ちも薄らいでいくのです。

さあ、さっそく分割して、
一つだけ片付けてみましょう!

きっと何かが変わります!


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「すぐ動くコツ」著:植西聡(自由国民社)


◆編集後記

毎年恒例になりますが、
妻の実家の「青梅大祭」に行ってきました。

普段、青梅の町は人通りも少なく閑散としているのですが、
この日は違います。

人、人、人・・・で埋め尽くされます。

一体どこからこんなに大勢の人が来ているのか不思議です。

今年の収穫はお酒をセーブできたこと!

妻と娘にかなり強めに言われていたので、
セーブできたのだと思います。

自分だけでは、なかなか・・・



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

●過去の記事を読みたい方はこちら
http://www.kokoro-str.jp/category/1420018.html

第507号(2019年5月10日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

なぜ「聞く」ことが大事なのか?

今回のメルマガでは、
「聞くこと」の大切さをお伝えしたいと思います。

「人の話を聞くことは大切なこと」だなんて、
子供のころに両親や学校の先生から教わることですし、

あらてめてそう言われても
「そんなことわかっているよ」と思う人も多いでしょう。

ですが、自分の意見を挟んだり、
正論などで論破したりせずに
人の話をきちんと聞くということは、
実際には簡単なことではありません。

聞き方の技術、
あるいは話し方の技術に関する本が
書店の棚に数多く並んでいるのも、

いかに聞くことが難しい作業であるか、
コミュニケーションをもっとうまくとりたいと
願う人が多いか、
ということのあらわれでしょう。


日常のコミュニケーションにおいても、
自分ばかりが話す人より、
相手の話を聞く人のほうが好まれる傾向にあります。

カウンセリングのトレーニングでも、
基本は「聞くこと」だと叩き込まれます。

私自身も、専門的知識以前に
必要な要素だと感じています。

みなさんにも、ただ黙って話を聞いてもらえただけで
気分が少し晴れたという経験があるのではないでしょうか?

日常のちょとしたストレスや愚痴など、
心のダメージが比較的少ない場合は、
そうやって話を聞いてもらえるだけで十分に効果があります。

一方で、
生きる気力さえ失ってしまうような
深刻な悩みなどは、立直るにも時間がかかりますし、

ただ聞くだけでは解決しないことも
また事実ではあります。


では、なぜ人をはげますにあたって、
それほどまでに「聞くこと」が重要視されるのでしょうか。

それは第一に、話をきちんと聞くことは、
相手の存在や価値観を尊重することであり、
そのような姿勢をあらわすことができる
最大の手段であるからです。

相手は自分の話を一生懸命聞いてくれるあなたを見て、
自分は大切にされている、
尊重されている、
と感じることができます。

その結果、あなたに対して信頼関係が生まれ、
そこで初めて心を許す気持ちになってくれるのです。


第二に、不安や悲しみ、恐怖などの感情を話すことは
それらを浄化する作用があり、
心の健康を取り戻すのに不可欠な事だからです。

心の病は無意識のうちにため込まれた葛藤によって
引き起こされるものが多いもの。

弱音や悲しみなどの感情を
吐き出せる場があるかないかでは、
こちらが考えている以上に大きな違いが生じます。


第三に、相手はあなたとの対話を通して、
思考の整理が可能になります。

そこから新たな発見や気づきが得られることも多く、
それによって自分の気持ちが明確になったり、
客観的な視点が持てるようになるでしょう。


以上のことから、きちんと話を聞くこと、
聞いている姿勢を見せることが、
本当のはげましに結びつく基本中の基本であると、
まずは心に留めてください。



---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「はげます技術」著:あさくらゆかり(サンマーク出版)


 

◆編集後記

GWは、ほぼほぼ仕事ですが、妻に付き合い、
山に登ってきました。

宿泊学習の下見とのことです。

この山が・・・

完全になめてましたね。

小学生が登るので大したことはないと思っていたのですが・・・

全身筋肉痛です((+_+))

ジョギングで10K走ることの方がラクかもしれません。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第506号(2019年5月3日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「やりたくない」ことでもまず動いてみる

人は「すぐ動く」ことによって、
新しいものの見方ができるようになります。

これまでの価値観を変えていくことができるようになります。

たとえば、
「やりたくないこと」に対しても、そうなのです。

仕事やプライベートの場で、
「やりたくないこと」をしなければならないという
場面に遭遇することは多々あると思います。

しかし、そこで、
「やりたくない」という気持ちを乗り越えて、
すぐに行動してみます。

そうすると、
「やりたくない」と感じられていたことに、
意外と面白いことがたくさんあることがわかってくる、
という場面があります。

「やりたくない」と思っていたことでも、
実際にやってみると興味を感じることが次々と見つかって、
それをやっていることが楽しく感じられてくる、
ということもあるのです。


そういう意味からいっても、
たとえ「やりたくない」ことであっても、
すぐに動いてみる、ということが大切になってきます。

物理学者でありエッセイストだった寺田寅彦さんは、

「興味があるからやるというより、
やるから興味が出来る場合がどうも多いようである」

と述べました。

「人の好奇心というものは、
やっていくうちに心に生じてくるものだ」

という意味です。

言い換えれば、
最初は「やりたくない」という思いばかりが強く、
何の意味も感じられないものであっても、

やっていくうちに面白みや興味を感じる場面も多くある、
ということなのです。

人間の能力は使ってみて初めてわかることもあります。

あなたの中に眠っている能力が発揮できれば、
さまざまな問題を乗り越える力となると思うのです。

---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

すぐ動くコツ 著:植西聡(自由国民社)


◆編集後記

小出監督が亡くなられました。

僕も陸上をしていたので、
小出監督はあこがれでした。

小出監督に関する本もたくさん読みました。

特に、
「金メダルのための人生ではなく、人生のための金メダル」
という言葉や、

どんなに悪い状態でも、

「せっかくケガをした」

「せっかく風邪をひいた」

「せっかく・・・」

という人生を前向きに生きていく言葉には、
勇気づけられました。

陸上を通じて人間を育てる小出監督の信念は、
カウンセリングにも通じるものがあったので、
一度はお会いしたいと思い、僕なりに頑張ってきましたが・・・

悲しいです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第505号(2019年4月26日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

どっちの道に行けばいいの?

ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」の中で、
道の分岐点に来たアリスがチェシャ猫に、

「私はどっちの道にいったらいい?」

と尋ねる印象的なシーンがあります。

困り顔のアリスにチェシャ猫は、

「そりゃ、おまえがどこえ行きたいと思っているかによるね」

そんなつっけんどんな返事に、アリスは、

「どこだって構わないんですけど・・・」

とつぶやきます。

すると、チェシャ猫は、達観したようにこう言うのです。

「それならどっちに行っても同じさ」


カウンセリングで、

「○○で困ってるんですけど、どうしたらいいですか?」

と聞かされるとき、私はついこの場面を思いだしてしまいます。

もちろん、
「どうしたらいいかが決まっていないなら、何をしても同じだよ」
と冷たく言い放つようなことはしませんが、

チェシャ猫が尋ねた
「どのに行きたいか=どうなりたいか」は、
とても大切な問いだと思うのです。

私たちの人生には、様々な「分岐点」があります。

今まで通ったことのある慣れ親しんだ道ならいざしらず、
人生における大きな交差点というのは
だいたいはじめて見る景色で、

どの道を進むのかが自分にとって最善なのか
見当がつきません。

人ごみや立ち並ぶビル群に囲まれて
方向感覚を失っていると、

つい「みんながあっちに進んでいるから」とか
「こっちのほうが広くて通りやすそうだから」
などの理由で道を選びそうになります。

しかし、そんな風に道を決めていたら、
いつまでたっても目的地に近づけないばかりか、
きっとそのうちに迷子になってしまいます。

問題を解決したいとき、
イライラやクヨクヨを解消したいとき、
自分を変えたいとき、

変化のカギを握るのは、問題を乗り越えた先に、
「こうなったらいいなあ」と思える希望があることです。

その小さな希望が、
どの辺りに光を当てるかによって進む方向が示されます。

行きたい場所や目指すべき目的地があるからこそ、
道を選ぶことができるのです。

目的地がわからないというあなた、
私と一緒に目的地を探してみませんか?


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

「しなやかに生きる心の片づけ」著:渡辺奈都子(大和書房)


◆編集後記

1日2食生活に挑戦しています。

朝を食べないでいます。

よくよく考えれば、運動をバリバリしていた学生時代と
同じ食生活をしていたら、お腹がポッコリするのは当たり前ですよね。

1日2食スタイルの方が体の調子はいいので、
続けてみます!


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第504号(2019年4月19日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

心に寄り添うコツ

人から相談されたとき、
その人をはげましたい、
元気になってもらいたい、
と思うのはごく自然な心理です。

そして、そのために必要なのは、何かアドバイスしたり、
元気や勇気の出そうな言葉をかけたりすることだと
一般的には思われています。

ですが、もしあなたが
大切な人を本当にあげましたいと思うのならば、
そういった考えは一度封印してください。

なぜなら、深く突き詰めるとそのような行動は、
得てして自分のためでもあるからです。

「助けてあげたい」という強い気持ちで
相談にのったがゆえに、
安易かつ無用なアドバイスをしてしまったり、
おせっかいを焼いてしまったり、

正論で相手の過ちを正そうとしてしまうことが
よくありますが、

そういった行為は、
相談者を本当の意味ではげますことには決してなりません。

人間は落ち込んでいるときほどネガティブな気持ちになり、
相手の何気ない一言やささいなしぐさに
傷つきやすくなっています。

ですから、
あなたの安易なアドバイスによって
相談者が相談することをためらうようになるのです。


人それぞれに悩みがあり、
色々な方から色々な相談をされますが、
実はどんな方であれ、
相談する前から答えは自分で持っています。

私の仕事は、クライエントさんがその答えに自ら気づき、
自分を「これでいいんだ」と認めるお手伝いを
させていただくことです。

人間は誰しも自分で立ち上がり、
自分で足を動かして前に進んでいかなければなりません。

激しく落ち込んだり、
悩んだりするときもあるでしょうが、

それはそのとき、
たまたま立ち上がる力が弱まっているだけで、
本来はみんながもっているものです。

クライエントさんもその時たまたま落ち込んでいるだけで、
本来は自分自身で悩みを解決できる方々ばかりです。

何かのきっかけで「頑張れる!」
と自分で思うようになれば、

周囲の人間がお尻をたたかなくても、
「じゃあ、明日からこうしてみよう」
という気になるものです。

私はそのきっかけを作っているだけです。


◆編集後記

不登校相談の一例(5回セッションの流れ)を更新しました。
http://www.kokoro-str.jp/article/16107891.html

不登校相談に訪れるのは、母親1人で来るケースがほとんどで、
誰の協力もなく心細い心境で精神的にも限界を感じて来られます。

新学期が始まり、不安を抱えている親御さんも
少なくないのではないでしょうか。

一人で悩んでいるあなた、まずはご相談ください。

◆不登校の悩みを相談したい
http://www.kokoro-str.jp/category/1421832.html


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第503号(2019年4月12日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

焦った時の対処法

納期が迫っているのに商品がこない。

お客様からクレームがきた。

このような状況になると、誰でも焦りが出てしまいます。

焦るとミスを招きやすくなり、
さらに状況を悪化させることになりかねません。

そういう場合は、
「焦っちゃいけない。焦っちゃいけない」
と心の中で唱えながら対処しがちですが、

人はそう思えば思うほど焦ってしまうものです。

少年野球でもコーチが、
「高めのコースに手を出すな!」といった指示を出し、

その言葉を聞いた選手は、
「高めはダメ。高めはダメ・・・」
と過剰に意識してしまい、
高めのボールに思わず反応してバットを振ってしまう・・・。


私たちの日常でも、
「○○してはいけない」という言葉を聞いたり、
見たりすることはよくあります。

例えば、ダイエット中に、
「お菓子を食べてはいけない」と言われると、
逆に食べたくて仕方ない状態になり、
食べないことが余計にストレスになる。

仕事で「このお客様には○○してはいけない」と言われると、
なぜかそのお客様に対してのミスが起きやすくなる。

なぜ、そうなるかというと、
脳は否定形の言葉をイメージするのが苦手だからです。

「○○してはいけない」と言われると、
逆に○○の部分を強くイメージしてしまうのです。

「お菓子を食べるな」と言われると
「お菓子」を、

「不良品を出すな」と言われると
「不良品」をイメージしてしてしまいます。


私たちの脳はイメージしたことを実現しようとするので、
むしろ○○が実現されやすくなるということです。

では、どうすればいいのでしょうか?

脳が否定形の言葉が苦手なら、
逆に肯定形の言葉を使うようにします。

「焦っちゃいけない」→「落ち着いていこう」

「高めに手を出すな」→「ベルトのところに来た球を打て」

「お菓子を食べてはいけない」→「ごはんを食べよう」

「不良品を出すな」→「確認を徹底しよう」

否定形の言葉はマイナス感情を生みだして
マイナス思考にさせますが、

肯定形の言葉はプラス感情を生みだして
プラス思考にさせます。

物事を成功させるためには、
プラス思考が前提なので、言葉の使い方は重要です。


---------
今回の内容は、以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

自分の中の「どうせ」「でも」「だって」に負けない33の方法 
著:飯山ジロウ(実務教育出版社)


◆編集後記

今まで、パソコンメールでしか登録できなかった
弊社のメルマガですが、

スマホ(携帯)メールからも登録できるようになりました。

ただ単に、設定がPC登録のみになっていたことに
最近気づいたのですが・・・

もしよろしければ、スマホ(携帯)からの
ご登録もよろしくお願いいたします。

◆登録はこちらから
https://www.mag2.com/m/0001180174.html


また、SMSからの登録もできるようになったようです。
携帯電話・スマートフォンの電話番号を登録するだけで
メルマガを購読できるようになります。
https://www.mag2.co.jp/servicenews/page978.html

とても便利になりましたね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第502号(2019年4月5日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「ありがとう」に込められた本当の意味とは?

イギリスの格言に、次のようなものがあります。

「感謝するということは、過去へ向けられた行いというよりも、
未来へ向けた行いである」

というものです。

しかし、一般的には「感謝する」とは、
過去に何かしてもらったことに対して、
「ありがとう」と言う行為なのではないでしょうか。

たとえば、夫が妻に感謝するときのことを考えてみます。

夫が妻に、「これまで尽くしてくれて、ありがとう」
と感謝します。

食事を作ったり、子育てをしてくれたり、
病気になったときには看病してくれたり、
落ち込んでいる時には励ましてくれたことに感謝します。

このときの「ありがとう」は、
「過去へ向けられた行い」に対しての言葉になります。

ただし、その「ありがとう」という言葉には、
「これからも、よろしくお願いします」
という意味も含まれていると、
冒頭のイギリスの格言は言っています。

素直にその格言に従えば、
夫は次のような意味も含んで
妻に感謝していることになるでしょう。

「今まで、時にはけんかすることもあった。
でも、そんなことは忘れて、
これからも仲良くやっていこう。
よろしくお願いします」と。

ですから、感謝するということは、
「未来へ向けられた行い」でもあるということなのです。

この格言は、感謝する言葉には、
過去にしてもらったことに感謝する気持ちよりも、
実は未来の幸福を願う気持ちのほうが強く存在していると
述べているのです。

「これからも一緒に幸福をつくっていこう」
という未来志向の気持ちが強くあってこそ、

「ありがとう」という言葉には、
貴重な価値が生まれるというのです。

普段、何気なく使ている「ありがとう」という言葉も、
そう考えるとより重みが増してくるように感じます。

過去のケンカや苦労を、
この一言でさっぱり清算できると同時に、
未来への期待を込めた言葉なのです。


◆編集後記

だいぶ慣れてきました。

娘が3泊4日で部活の合宿に行き、
家にいなかったのですが、
以前ほどの寂しさはなく過ごすことができました。

ただ、食事や洗濯などがおろそかになりますね。

特に食事は妻と二人だと、適当なものになってしまいます。

これではいけませんね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第501号(2019年3月29日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

変わりたいと思っていても変われないのはなぜ?

自分を変えたいのになかなか変われない。

そんな悩みを口にする人を見ていると、
「この人は本当に変わりたいのだろうか?」
と疑問に思うことがあります。

あなた自身どうでしょうか。

たとえば、消極的な自分を変えたいという人に、
心の葛藤を話してもらうと、

「こんな性格は損だから、
もっと積極的になりたいって思うんですけど・・・。
でも、変に積極的な人がいるじゃないですか。
なんか、自分を売り込んだり、ずうずうしい感じだったりする人。
ああいうのはイヤだなあって思うんです」

などと言ったりします。

遠慮深くて、つい消極的になって損をしている自分が嫌だ、
もっと積極的な自分に変わりたいと言いながらも、
積極的な人に対する拒否的な気持ちというのもあるのです。

それでは積極的な自分に変われるはずはありません。


あるいは、

「私は内向的な性格で、
みんなでおしゃべりしているときとか、何か言おうと思っても、
『こんなこと言ったら場違いかな』
って思ったりしているうちに話題が変わっちゃって、
たいてい聞いているだけになっちゃう。
話の輪の中心になっている人がうらやましくて・・・」

という人も、話しているうちに、

「でも、社交的な人って、ちょっと無神経で
軽薄なところがありますよね。
あんなふうに人に対して無神経にはなりたくないんですよね」

などと言い出します。

結局のところ、社交的な人がうらやましいと言いつつも、
あんなふうに無神経にはなりたくないという思いが強いのです。

こうしてみると、
自分を変えたいのになかなか変われないという人は、
本当は変わりたくないと思っていることがわかります。

意識の上では変わりたいと思っているでしょうが、
心の奥底には、

「ああいうのは、ちょっと嫌だ」

「あんなふうにはなりたくない」

といった思いを密かに抱えているのです。

つまり、損をする自分が嫌だと思いつつも、
そんな自分をどこかで肯定しているのです。

自分を変えようというのなら、
本気で変わろうという気持ちになる必要があります。

自分は、本当に変わりたいのだろうか、
それとも今のままの自分に愛着があり、
本当は変わりたくないのだろうか。

自分を変えたいのになかなか変われないという人は、
そうした視点から自分自身を振り返ってみてはどうでしょう。


◆編集後記

「子供に虐待しそうで怖い母親のための心理カウンセリング」
更新しました。
http://www.kokoro-str.jp/category/2098956.html

虐待を、

「過去に人として尊重されなかった痛みや悲しみを、
怒りの形で子供に爆発させている行動」

として捉えたとしたら、虐待を繰り返す親や、
虐待をしてしまいそうで怖い親もまた被害者なのかもしれません。

緊急性が高い問題ですので、
感情のコントロール方法などを具体的に伝授し、
早期改善を目指します。
http://www.kokoro-str.jp/category/2098956.html



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第500号(2019年3月22日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

不幸の原因を自分のせいにしない

「私が不幸な目にあったのは、
私が過去に悪いことをした報いなのではないか」

という思いにいつまでも苦しめられる人がいます。

ある女性は、地方から上京して大学を卒業した後、
正社員として就職することができませんでした。

彼女は今、派遣社員として働いています。

仕事がきついわりには給料が安く、
家賃を払って暮らしていくのが精一杯というありさまです。

会社では派遣社員ということで何かと軽く扱われ、
将来の希望も持てません。

いつ辞めさせられるかもわからないのです。

彼女は、

「私が今、不幸な目にあっているのは、私が昔、
何か悪いことをした報いなのではないか」

という思いがしてならないといいます。


この女性のように、何か不幸な体験をすると、

「私が昔、何か悪いことをした報いではないだろうか」

と考える人は少なくありません。

そして、自分の過去にしてきたことをいろいろと思い出し、

「あのとき、親のいう事を聞かなかったから、
その報いとして私は不幸になった」

だとか、

「十代のころ、私に交際を申し込んできた人がいた。
冷たい態度で断ったから、その報いとして私は不幸を味わっている」

などという思いにかられるのです。

しかし、こうした考えにとらわれると、
その人は一生、不幸な思いで生きていかなければならなくなります。

幸福になるチャンスを得られなくなってしまいます。

なぜなら、

「親のいう事を聞かなかった」

「交際を断った」

という過去の行いを消し去ることはできないからです。


その意味では、
不幸の原因を「自分の過去の行いのせい」
にするような考え方をしない方がいいでしょう。

現実を正しく見れば、不幸を感じている原因は、
「派遣社員であるという身分の不安定さ」にあるとわかります。

ですから、過去の自分の行いなど忘れて、
「では正社員になる方法はないか」
と現実的に考えていくことが大切です。


◆編集後記

新たな挑戦です。

週2回の禁酒を始めました。

週1回というのは、習慣的になっていましたが、
週2回というのはできていませんでした。

目標は本格的に腹囲を縮めるのと、
陸上を本格的に始めるためです。

さて、どこまで継続できるか。誘惑との闘いが始まります。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第499号(2019年3月15日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

幸福感を増す秘訣

私たちはとかく人と比べてしまいがちです。

自分自身で「今幸せか?」を感じるのは難しく、

「あの人より幸せじゃない」

「あの人よりはいい」

と誰かを比べることで、
自分の幸福度を確認しようとします。

19世紀のフランスの小説家ジュール・ルナールは、

「人は自分が幸福であるだけでは満足しない。
他人が不幸でなければ気がすまないのだ」

という格言を残しています。

それくらい私たちは、
自分と他者の幸福度(不幸度)を比べて、
自分の満足感や安心感を挙げようとする性質を
持っている存在なのかもしれません。

誰かと比べて自分の幸せを測るということは、
周りの状況に左右されることになります。

自分よりも不幸せな人が多ければ自分は幸せ、
自分よりも幸せな人が増えたら自分は不幸せ
になるというわけです。

自分が持っているものは変わらないのに、
周りの状況で自分の持っているものが増えたり、
目減りしたりするのは、なんとも不安定な評価です。

「そうは言っても、比較するものがないと
自分の変化や成長を感じることができない」

と考えるならば、
比べる相手には「昨日までの自分」を選びましょう。

他者と比べて得られるのは「優越感」です。

その感情は、幸福感ではありません。

過去の自分と比べてできることが増えていたら
「有能感」を感じることができます。

他人の幸せや不幸によってメモリが変わらない、
自分自身のモノサシをしっかり携帯することが
有能感や幸福感を増す秘訣なのではないかと思います。


◆編集後記

そういえば!と思うことがありました。

約20年ぶりに男性の美容師に髪を切ってもらいました。

特に意識はしていなかったのですが、
ずっと女性の美容師に切ってもらっていました。

女性ならではの繊細さもよかったですが、
同性にしか分からない部分もあるようで、
今までとは違った自分になった感じです。

おそらく、
周囲の人はこの微妙な変化に気づかないでしょうけどね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第498号(2019年3月8日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

とても「いい人」よりも、ちょっと「悪い人」がいい

「いい人」になることに、
あまり懸命にならないことが大切です。

半分ちょっとは「いい人」、
しかしどこかに「悪い人」を持っておくのがいい。

何にいいかと言いますと、
あなたの心の健康のためです。

最近の若い人は、同僚や友達といった仲間から
ハジかれるのを極端に怖がり、

そのために自分が浮き上がらないように、
すぐに意見を引っ込めるといいます。

そうやって「いい人」であることを必死に維持しています。


人から何か頼まれる。

例えば、
「残業手伝ってくれない・・・あなた、お願いね」と。

もちろん「いいよ」ということができれば、
それに越したことはありませんが、

「イヤだな」と思うときでも「いいよ」という人が多い。

それは、日ごろのつきあいもあるでしょうし、
断りづらいというものあるでしょう。

しかし、断ることによって、
人から悪口を言われることを恐れていたとしたら、
考えすぎです。

人というのは、100%「いい人」でいるよりも、
ちょっと、まあ、20%くらい「悪い人」なところが
ちらり見える人のほうが魅力的なものです。

あなたの好感度アップのためにも、
あたには「断ること」をおすすめします。

人から「あなた、どう思う?」と意見を求められたときも、
「私も、みんなと同じ意見」と答えるのもいいですが、

たまには、わがままぶりを発揮してもいいのです。

「そんなこと・・・
どうして、みんなの調和を乱すようなことを言うの」

と非難されることになったとしてもです。

これもまた、20%くらいは「わがまま」であっても、
たまには人と違う意見を言える人のほうが、
ずっとチャーミングです。

自分の気持ちを抑え、人から好かれたい、
嫌われたくないと懸命に
「いい人」になろうとしている人というのは、
不自由です。

心の中は「苦しいだろう、辛いだろう」と
人ごとながら同情します。

実際に「いい人」は顔ではニコニコ笑っているものの、
内心は不機嫌な感情を隠している場合が多いようです。

「ほんとうは、こうしたい、ああしたい」
という気持ちを表に出せないというのは、
個室に閉じ込められているのと似たようなもの。

自分が「悪い人」になるのを許した方が、
人との関係もうまくいくと思うのです。


◆編集後記

結婚式の余韻が残っています。

先週の友人の結婚式で飲みすぎてしまい、
まだ体調が良くありません。

気分も上がりすぎてしまい、
その反動なのかいまいち乗りません。

気分はあげようと思っても上がるものではないので、
坦々と日常生活を送るしかありませんね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第497号(2019年3月1日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

カンに障る人との接し方

なぜだかわからないけど好きになれない人や、
不思議と反発したくなる人というのは、誰しもいるものです。

特別な利害関係があるわけでもなく、
別に何をされたというわけでもないのに、
どうもカンに障る人。

ライバル意識を持っているのかいないのか、
何かと目障りに感じる人。

言っていることは正しいかもしれないけれど、
「あなたからは言われたくない」と
心の中でつぶやきたくなってしまう人・・・。


そんな人と対峙すると、
私たちはバランスを崩しやすくなるようです。

心理学で「受け入れられない自分」や、
「自分がなりたくないと思うもの」を
心の影(シャドウ」として扱うことがあります。

心の影とは、
あなたが「こうなりたくない」と思っているような部分、

言ってみれば、
他人に見せたくないし自分でも見たくない、
心の薄暗いところに隠しているもう一人の自分のようなものです。

そのもう一人の自分と似ている人が
目の前に現れたらどうでしょう?

どうにか見つからないように隠れていたのに、
その相手を通してふいに明るみに引っ張り出されたら
困惑するでしょう。

いつかは何とかしたいなと思いつつ、
見えないようにしまってあったイヤな部分に
いきなりライトが当てられたら、

いら立ちや不快感がこみあげてきても
おかしくはありません。


そう考えると、反発したくなる人というのは、
自分と似ているものを持っている人なのかもしれません。

自分と似ていれば、
「きっとこうしてほしいと思っているんだろうな」
と、その人の傾向や気持ちが自然と推測できます。

しかし、自分自身が満たされていないと、
「絶対思い通りにさせるもんか!」
という意識が働いてしまいます。

自分に似ている人だからこそ、
幸せ比べをしてしまいやすいのです。


こうして張り合うことや競い合う気持ちから、
必要のない敵対心という荷物を増やしていく
ことになります。

そんなときは、
「ああ、あの人はたぶん自分に似ているんだな」
と思うくらいで放っておくか、

離れることができる関係であればラクでしょう。

でも、もしも仕事や役割の関係で
距離を置くことが難しいのであれば、
敵対するのではなく、協力関係を結びましょう。

向かい合って押し合うのではなくて、
隣りに並ぶのです。

似た者同士だとすれば、
きっと行きたい方向もよく似ているはずです。

そして、あるときとてもお互いの波長が合うことがわかって、
他にはない、気持ちの通じ合える人になるかもしれません。

自分のエネルギーの方向をどちらに向けるかは、
あなた自身が選べることです。


◆編集後記

明日、20年来の友人の結婚式に行ってきます!(^^)!

43歳で初婚です。

大学を卒業し、就職した先が和食のファミリーレストランで、
その時に出会った友人です。

私は8年くらいで辞め、その友人も15年目くらいで辞め、
職場はバラバラになりましたが、

辞めた後も年45回の飲み会が続きました。

ほとんどの場合は、会社を辞めれば疎遠になるし、
学校を卒業すれば年賀状だけの付き合いになります。

そんな分かち合える友人をこれからも大事にしたいと思います。

結婚おめでとう!!



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第496号(2019年2月22日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

自己嫌悪は向上心のあらわれ

悩みがちな人は、
「こんな自分は嫌だ」「自分はダメだ」
という気持ちにさいなまれることがあるはずです。

とくに、夜中にひとりでいるときに、
昼間の自分を振り返って、

「私、何をしてるんだろう」

「どうしてこんなふうなんだろう」

などと自己嫌悪に陥ったりします。

ここで気づいてほしいのは、

「こんな自分は嫌だ」

「自分はダメだ」

と自己嫌悪するのは、
決して悪いことではないということです。

いい加減な人なら、
なにかまずいことをしてしまったときに、
「こんな自分は嫌だ」などと自己嫌悪するでしょうか?

しないですよね。

仕事でミスをしたときとか、
失礼なことを言って相手をイヤな気分にさせてしまったときでも、

「まあ、いいか」「しかたないよ」などと開き直ったり、
あるいはまったく気にかけなかったりするものです。


ここからわかるのは、自己嫌悪には
向上心のあらわれといった側面があるということです。

そんなことを言われても、
自己嫌悪するのは苦しいものだし、
なんとか自己嫌悪から解放されたいと思うかもしれません。

でも、
「もっと仕事ができるようになりたい。
ミスをして周囲に迷惑をかけるようなことはしたくない」

という思いがあるから、
仕事でミスをしたりすると自己嫌悪に陥るのです。


「できるようになりたい」

「迷惑をかけたくない」

という思いがない人は、自己嫌悪などしません。

「もっと人の気持ちを考えて行動できるようになりたい」

そうした思いがあるから、
人を傷つけるような行動をとってしまったときに
自己嫌悪に陥るのです。

人のことなどどうでもいいと思っている人は、
そうなりません。

「惰性に流されるような生活は嫌だ。生きている実感がほしい」

そんな思いがあるからこそ、
ただ適当に流されているだけの生活に
甘んじていることに自己嫌悪するのです。

手ごたえのある生活を求める気持ちがなければ、
自己嫌悪などしないでしょう。

自己嫌悪にさいなまれるのは、
向上心が強い証拠なのです。


◆編集後記

昨日はバレンタインデーで娘から生チョコをもらいました。

学校の友達やクラスメイトに配るとのことで、
50個作ったらしいです。

誰の手も借りず一人で全て作り、ラッピングし、
10時間くらいかかりましたが、かなりレベルの高いものでした。

友だちからも「超おいしかった」と言われ、
うれしそうでした。

「来年はホワイト生チョコを作って、ビックリさせよう!」

料理は愛情といいますが、
料理を通じて相手を思いやる気持ちが芽生えるのかもしれません。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第495号(2019年2月15日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

世界新記録より自己新記録がよい

あなたは「世界新記録」を目指す人か。

それとも、「自己新記録」を目指す人か。

世界新記録というのはつまり、
トップを目指すということです。

一番上の位置を目指して頑張っていくことです。

その場所に立つことができる人は
世界でたったひとりだけですから、

それだけ脚光も浴びるし、
名誉なことでもあるでしょう。

しかし、一番上を目指していくことは、
そんなにいいものなのか?

という気も私はしてきます。


ひとつには、
「人に勝つことが生きる目的」になってしまうようでは、
せっかくの人生に大切なものが欠落するように思えます。

勝った負けたということばかりに一喜一憂するのは、
自分らしい生き方を見失うことにも通じるようにも
思うのです。

「遊ぶ時間がなくなる」のではないか、
という心配もあります。

「人に勝つ」ためには、
人より長い時間がんばらなくてはならないのは
当たり前で、

むじゃきに遊んでいる暇も
なくなるのではないでしょうか。

自分らしく生きたいと思ったら、
何はともあれ自分らしく遊ぶことが大切です。

働くこと、がんばることなど、
誰でもやっているのです。

そんな「誰でもやっていること」から離れて、
自分なりに遊ぶことができるからこそ、
自由を味わい、自分は生きていることを
実感できるのです。

そして何よりも「自己新記録」を更新してゆく
喜びを感じられなくなってしまうのではないでしょうか。

昨日できなかったことを、
今日できるようになることは、
大きな喜びになるでしょう。

そうやって、ひとつひとつ成長して、
ひとつひとつ前へ進んでゆくことで、
生きている実感も得られます。


しかし世界新記録を目指す人にとっては、
昨日できなかったことが今日できるようになったとしても、
二番三番の順位ではあまり意味ないと感じます。

いくら自己新記録であっても、
それが世界新記録でなければ、
うれしいどころか悲しいのです。

だが、いくら世界新記録でなかったとはいえ、
自分がひとつ成長したことを素直に喜べない人は、
人として不幸なことではないかと思うのです。

私は世界新記録など出さなくてもいいと思います。

そんなことはさっぱりと諦めて、
自己新記録を少しずつ更新していける人であればいい。

自分らしく、自分の、ほんのちょっとの日々の成長を
喜びながら生きるのが、私は好きな生き方です。

さて、あなたはどんな生き方を選びますか?


◆編集後記

3年前に立てた「腹囲80センチ」の目標が未だに達成できません。

運動は週5回やっています。

そのうち2回は10キロ走っています。

腹筋もしている。

けど、減らない。

何か抜本的な改革が必要かもしれません。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第494号(2019年2月8日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

ルーティーンで心を整える方法

自分にとって都合の悪い状況や、
何度やってもうまくいかない状況に追い込まれたときに、
「できない」「無理だ」と
マイナス思考になってしまうことがあります。

こうなると、立ち止まって身動きがとれなくなり、
前に進もうという意欲がなくなってしまいます。

状況が一瞬で変わるスポーツの試合だったら、
マイナス思考に陥って放っておくと、
そこで勝負が決まってしまいます。

大事な仕事を任されたり、
その場で決めなければならない商談やプレゼン、
間違えることが許されない作業に取り組むといった状況でも、
「やばいな」「まずいな」とマイナス思考になってしまうと、
散々な結果になります。

そのように心が乱れた時、
瞬時に気持ちを切り替えて、
物事に取り組めなければなりません。


苦しい状況でも、「その時に適した」プラス感情になり、
能力を発揮できる状態を作る方法があります。

それが「ルーティーン」です。

2015年のラグビーワールドカップで
優勝候補の南アフリカを破って世界を驚かせた
日本代表の五郎丸選手が、

キックの前に行っていた一連の動作を
覚えている人も多いでしょう。

少し前かがみで両手の人差し指を合わせている
ようなポーズです。

何をしているのか分からなかった人も
多いと思いますが、
それが「ルーティーン」です。

ルーティーンは簡単に言うと、「習慣」です。

何度も繰り返してきた習慣を行うことで、
いつもの平常心で臨むことができます。

一流のアスリートは自分の心を整えるための、
何かを持っています。

必ずしもポーズではなく、
シューズを右足からはく、
グランドに出るとき一礼するなども
ルーティーンに含まれます。

ルーティーンはアスリートだけの話ではなく、
私たちの日常にも取り入れることができます。

自分にとって都合が悪かったり、
間違えられない作業に取り組むといった状況では、
誰でも心が乱れやすいものです。

そこで、自分だけに用意したルーティーンを行うことで、
心を整えるのです。

さあ、あなただけのルーティーンを探してみませんか?


◆編集後記

年1回の駅伝大会が終わってしまったので、
走る気力が失せています。

この大会に照準を合わせ、
トレーニングしてきたので仕方ありません。

来年も出場する予定ですが、あと1年あると思うと、
なかなか走る気持ちになりません。

目先の目標が必要ですね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第493号(2019年2月1日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

気持ちを抑えすぎるから人間関係がこじれる

人間関係が不器用な人は、
人に対して人一倍気をつかっているつもりなのに、
なぜかトラブルになったり、
気まずいことになったりしがちです。

なぜそうなるかと言えば、気持ちを抑えすぎるからです。

抑えすぎることで、ため込んでしまったものが、
イライラを生み、そのせいで素直になれなかったり、
つい感じの悪い態度をとってしまったりするのです。

みんなが言いたいことを遠慮なく主張したら
収拾がつかなくなるし、

利己的な思いのぶつけあいみたいになって、
雰囲気が悪くなるでしょう。

他の人の気持ちも配慮して、
ある程度の自分の気持ちを抑えることは大切なことです。

遠慮のない人は、周囲の気持ちなどまったく配慮せずに、
身勝手なことを言うので、

「本当に自分勝手だなあ」

「人の気持ちや立場なんて全然眼中にないんだから」

と周囲からあきれられます。


人づきあいに気を使うタイプは、
そのような身勝手さはないのですが、

逆に自分を抑えすぎて、
本人自身が疲れて我慢できなくなってしまうのです。

結局は、バランスの問題です。

人の気持ちや立場を配慮することも大事ですが、
自分の気持ちや立場も大事です。

どちらかを無視したり軽視したりすると、
問題が生じやすくなります。

相手の気持ちや立場を配慮しないと、反発を買い、
人間関係がスムーズにいかなくなります。

反対に、自分の気持ちや立場を無視して、
無理に自分を抑えていると、

いつかは「もう我慢できない」と感情の爆発を起こして、
せっかくの人間関係を台無しにしてしまうことにも
なりかねません。

ここでの課題は、相手に配慮し、
イヤな感じを与えない形で、
適切な自己主張ができるようにすることです。


◆編集後記

駅伝大会に出場できました!

前日に走るメンバーがインフルエンザにかかり、
バタバタでしたが、
なんとか調整して出場することができました。

僕は、1区の1.6Kを走り、200チーム中83位という
なんとも微妙な位置でタスキをつなぎました。

チームが完走できたのでよかったのですが、
ちょっと悔しい。

もっと自分に厳しく練習をする必要がありますね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第492号(2019年1月25日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「みんなといっしょ」よりも、自分らしく諦めよう

こんな話があります。

豪華客船が沈没して、乗客たちは命からがら
救命ボートへと乗り移ったのだが、
大勢の人が殺到したため定員オーバーとなった。

救命ボートまで沈んでしまっては大変だと、
船長が、若くて壮健な人はどうか救命胴着を着て、
岸まで泳いでほしいと指示を出しました。

とはいっても、岸まではかなりの距離です。

はたして泳ぎ着くことができるか。

しかし説得の仕方というものがあるそうです。

しかも、その人の国籍による説得の仕方が・・・。


さて、イギリス人には、
「あなたはジェントルマンだ」いえばいい。

ドイツ人には、「船長の命令だ」と言えば、
海に飛び込む。

人から命令されるのが嫌いで、
ひねくれ者のイタリア人は
「君は飛び込むな」といえば、飛び込む。

アメリカ人には、
「生命保険はしっかりかけてあるから安心してくれ」という。

ところで日本人には、どういうのか?

耳元で「みなさん、そうしていますよ」
とささやくのだそうです。

これは痛いところを突かれた感じです。

確かに日本人は、赤信号であっても、
みんな渡っていけば、自分も渡っていってしまう人種です。

みんなが自分のことよりも
会社優先の生き方をしていれば、

自分もそういう生き方をしなければ申し訳ないと思い、
みんなが先を急いで息を切らして走ってゆくというのに、
自分だけのんびり、ゆっくりでは申し訳ないと思う。


しかし、こういう社会に生きているからこそ
「諦めて」ほしいのです。

「私は諦めないぞ、最後まで、やり抜くぞ」
と意気盛んな中で、諦めてほしいのです。

諦めてこそ得られるものもある。

それは最後までやり抜いて得られるものと同等に、
いやそれ以上にすばらしいものではないかとさえ
思うのです。

「周りの人が自分のことより会社優先の中で、
もっと自分らしい生き方がある」

「周りの人がお疲れ気味の中で、もっと元気に生きていける」

「周りの人が先を急いでいる中で、
もっとゆっくりと人生を味わっていける」

自分らしく、元気に、ゆっくりと・・・

そんな日々をお望みなら、
人生は、諦めてからが面白いのではないでしょうか。


◆編集後記

今週、駅伝大会に出場します!

距離は1.6K。

ウォーミングアップから膝が痛くてどうしようもなかった
昨年から比べれば、コンディションはいいですね。

練習も作戦を組んで走れました。

あとは、僕を含めてメンバーがインフルエンザに
かからないことを祈るのみ。

1年間この駅伝のために頑張ってきたからなあ。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第491号(2019年1月18日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

前向きに生きていくためのコツ

心理学に「合理化」という言葉があります。

「自分にとって都合の悪い現実を、
必ずしも事実ではない理由で正当化する」

という意味です。

そのように言うと、
「合理化」というものは何か悪いことのようにも
思えてきます。

しかし、実際に「合理化」は、
人間が前向きに生きていくために
とても大切な心の働きでもあるのです。


大学に入学するために、
三年間浪人した男性がいます。

三浪もしたことが、
その後の彼にとっては強いコンプレックスに
なっていました。

しかし彼は、

「三年間浪人したことは、私の人生にとって非常に有意義だった。
私は、回り道したおかげで、かけがえのない経験ができた」

と考え直しました。

すると、
これまで三浪したというコンプレックスに
悩まされ続けてきたことを自然に忘れることが
できたと言います。

彼にとって、
三浪したことが本当に有意義な経験であったか、

その後の人生に何か具体的に
役に立つことがあったのかはわかりません。

しかし、そうした問題は、
ここでは重要ではないのです。

「有意義だった。かけげのない経験だった」

と考えることで、
コンプレックスを忘れ去ることができた。
ということが大事なのです。


これが「合理化」と呼ばれる心理作用です。

こんなものは言い訳にすぎない!
という人もいるかもしれません。

しかし、イヤな思い出を忘れられずに
いつまでも思い悩んでいるよりも、

前向きに生きていくために、
「合理化」が必要になる場合もあると思います。

つまり、出来事はただの出来事で、

その出来事に対してあなた自身が、
「どんな意味」をつけるかで感じ方もとらえ方も、
その出来事の意味も、変わってくるということです。

ぜひ、合理化によって、
「過去の自分の失敗」を許してあげましょう。


◆編集後記

お正月に希少価値の高い「イチローズモルト」を
実家に持って言ったのですが、

なかなか手に入らないウイスキーだったので、
うんちく話でとても盛り上がりました!

お酒はほどほどに飲めば人を幸せにしますね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第490号(2019年1月11日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

無感動な人のための感動力UP法

経済が発展し、便利な世の中になったにも関わらず、
ストレスによって苦しんでいる人はたくさんいます。

優秀な人が突然心の病になったりすることも
珍しくありません。

そういった場合、
感動体験を増やして情動の涙を流すことで、
ストレスを解消できることがあります。

ただ、中には感動力が弱まっている人もいらっしゃいます。

感動とはプラスの経験に「感じて心が動く」ことですが、
私たちはマイナスの経験に対しても心が動きます。

つまり、
「失敗してしまうのではないか」
と不安や心配を感じるということです。

こういった物事の否定的な面ばかりを見る
クセがついていると、

たとえ仕事がうまくいっても、

「今回はうまくいったけど、次回はダメかもしれない・・・」

などとネガティブに心が動くようになります。

そのうち、燃え尽き症候群になって、
物事に対して全く心が動かなくなってしまいます。

まさに無感動状態です。


近年、このような感動できない人が
増えているように思います。

夢や目標実現のために動こうとして、
なかなか行動に結びつかない人は、
感動力が失われているのかもしれません。


では、どうすればいいのでしょうか?

自分の感動体験にこだわる必要はありません。

実は、脳は感情を伴うイメージを
現実かどうか区別できないという特徴があります。

自分自身の経験でなくてもプラスに心が動くことで、
感動する力を養うことができるのです。

つまり、本を読んだり、映画をみたりすることで、
日常の小さなことでも感動できるようになっていきます。

たとえば、道端の雑草を見て、

「硬いアスファルトを突き破るとはなんて力強いんだ。
自分も殻を破って成長していこう!」

と力が沸くのは、
当たり前のように思っていたことへの感動が高まり、
小さなことでもプラスに感動できるようになったからでしょう。

あなたなりの感動するパターンみたいなものがあると、
心が動きやすくなるかもしれませんね。

日常生活の中で探ってみましょう!


◆編集後記

みなさん、明けましておめでとうございます。

年末年始は食べ過ぎ、飲みすぎで体調がいまいちですが、
少しずつ普段の生活に戻していこうと思います。

今年は大きなことにチャレンジします。

今までにない初めてのことなので、不安もありますが、
その反面わくわくもたくさんあります。

ある程度めぼしがついたら、
このメルマガでもお伝えしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第489号(2019年1月4日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

迷わなくてもいいことは迷わない

迷わなくてもいいことで、迷ってしまうことがあります。

そのために、
幸福になるチャンスを失ってしまうこともあります。

ある女性は、
つきあっていた彼氏からプロポーズされました。

しかし、結局彼女は迷ったあげく断ってしまいました。

彼女はその後、その彼氏と別れることになりました。

しかし、彼女はしばらくして後悔しました。

「今になって考えてみると、あのとき、なぜ彼と結婚する
ことを迷ったのか自分でもよくわからない。
迷わなくてもいいことで迷っていたんだと思う。
迷わずに結婚していれば、今私は幸福でいられたのに」

と言うのです。


この「迷わなくていいことに迷い、せっかくのチャンスを失う」
ということほど、その人に忘れられない後悔の念を
残すものはないようです。


次のような昔ばなしがあります。

腹を空かせたロバがいました。

何か食べ物はないかと、道をさ迷い歩いていました。

すると、目の前に干し草を積み上げた山が見えてきました。

食べ物にありつけると、ロバは大喜びしました。

しかし、困りました。

干し草の山は二つあったのです。

そのロバは、右の干し草から先に食べようか、
それとも左の干し草から先に食べようか迷いました。

結局、どうしようかと迷っているうちに、
そのロバは飢え死にしてしまいました。


結局、ロバは迷うことなどなかったのです。

どちらでもいいから先に食べ、
食べ終わったら別の干し草の山を
食べればよっかったのです。

この話は、実は迷わなくてもいいことに迷っていると、
結局は何も得ることが出来ず、
不幸な目にあうということを意味する教訓なのです。

しかし、いくら後悔してもしょうがありません。


ポロポーズされたこの事例の女性の場合、
昔の恋人をあきらめて、

「迷わなくてもいいことに迷ってはいけない」
ということを教訓にし、

新しい恋人を探していくしかありません。

新しい恋人が見つかれば、
昔の後悔を忘れられるでしょう。


◆編集後記

読者の皆様、1年間ご購読頂きまして、
ありがとうございました。

2018年のメルマガはこれで最後になります。

今年も何とか週1回の配信ペースを守り切ることができました。

来年もこのペースを守って、
みなさんに人間関係の悩みを改善するきっかけを
ご提供できればと、思います。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第488号(2018年12月28日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

「情けない人」は元気、「強がっている人」はクヨクヨ

人から「りっぱな人と思われる」のではなく、
人から、「なんて情けない人なんだ」と思われたら、
あなたの人生、しめたものです。

「正直にいうと、いけ好かない人だなあと思っていたんだけど、
話してみたら、けっこうかわいげのある人だったのよ」

あなたには、そんな経験はないでしょうか?

仕事の同僚で、ふだんから仲のよろしくない相手が、
何かの集まりのときに、

「最近、仕事がうまくいかなくて困っているのよ」
という。

その一言で、

「へえ、この人って、こんな弱音をいう人なんだ」と、
何だか急に親近感がわいてくることがあります。

「いけ好かないと思っていたんだけど、
なんだかうまくやっていけそう」

という気がしてくる。


これが、人から「情けない人」と思われることの効用で、
そういう人ほど、たくさんの人から愛され、
たくさんの人から親切にされるのです。

みなさんの身近なところにいる
「情けない人」の様子を今度、
じっくりと観察してみてください。

決して情けない顔などしていないし、
クヨクヨもしていません。

どちらかといえば元気そうで、
いつもハツラツとしていて、

人から「情けない」と思われていることを
喜んでいるようにさえ見えます。

「情けない顔」というのであれば、
むしろ、
人に負けたくない、
人からバカにされたくないと
突っ張っている人のほうではないでしょうか。

そういう人は、威勢のいいことを言う割には、
顔の肌にハリがない。

夜もよく眠れぬ様子で、目も充血している。

「情けない人」ほどスッキリした顔をして、
「強がっている人」ほどオツカレの顔をしているように
見えるのですが・・・


「ああ、情けない・・・」という経験をして、
弱音を言いたくなったときは、
だれかに気軽に相談に乗ってもらいましょう。

とくにふだん人間関係がうまくいっていない相手に、
いがみ合ってばかりいる相手に、
けんかをしていま冷戦状態にある相手に、

「ちょっと弱ったことがあって」と、
相談を持ち掛けましょう。

自分が「情けない人」と思った時こそ、
仲直りするチャンスであり、
友達を増やすチャンスでもあるのです。


◆編集後記

この前友人との飲み会の席で気づいたことがありました。

我が家ではクリスマスや誕生日といったイベント事で、
プレゼント交換をしません。

友人の家ではプレゼント交換をしているそうで、
奥さんもとても喜んでくれるといいます。

夫婦関係もよくなるそうです。

感謝の気持ちは日々伝えていますが、
それを形にするのも必要かもしれませんね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第487号(2018年12月21日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

強すぎる「承認欲求」が生きづらさを生む

人からどう見られているかが気になってしかたがない。

人からの評価が気になって自由に振舞えない。

そんな悩みを口にする人がいます。

でも、それは誰もが抱いている思いではないでしょうか。

人からの評価が気にならない人などいません。

人からの評価に振り回されないで、
自分らしく生きればいい、
自分の生きたいように生きればいい
などと言われても、

はたして人からの評価を無視することなどできるでしょうか。


仕事の場は、ますます厳しさを増しています。

かつては職場の人間はみんな仲間といった意識がありましたが、
欧米流の人事評価が導入され、
どの職場も従業員の評価システムの構築にやたら熱心です。

そんな時代ゆえに、
私たちは、たえず評価的視線にさらされ、
評価されていることを意識せざるを得ないのです。

評価を意識して、認められたいと思って頑張る。

それは、決して悪いことではありません。

私たちは、幼い頃から、親や先生から認められたくて、
できる子になろうとしてがんばってきたものだし、
そうした承認欲求が成長の原動力だったはずです。

職場でも「使える人物だ」「できるヤツだ」
と認められたくて一生懸命に仕事をするのは、
別に悪いことではありません。

上司から「がんばっているじゃないか」と思われたくて
必死に頑張るというのも、よくあることです。


家庭でも、きちんとした主婦だ、
頼りになる親だと思われたくて、
自分の役目をちゃんと果たそうとするのは、
問題どころか、むしろ立派なことと言えます。

それが成長につながるわけですし、
有能な人はみんなそうしていると思うのです。


でも、それが行き過ぎると、
生きづらさにつながります。

無理をしすぎるのです。

子供の頃から、お母さんから褒められたい、
よい子と思われたいと頑張ってきた人。

学校でも、先生から褒められたい、
よい子と思われたいと頑張ってきた人。

そのようなタイプは、
周囲からの評価を気にしすぎる傾向があります。

承認欲求が強すぎるのです。

社会に出れば、
いくら頑張っても評価につながらないことが
たくさんあります。

承認欲求というのは、
たしかに成長の原動力でもあるわけですが、
それにとらわれすぎると、

自分が何をしたいのか?

どうしたいのか?

どんな生き方をしたいのか?

分からなくなってしまいます。


そこで、承認欲求をうまく生かして成長しつつ、
適度に承認欲求から解放されて自由に振舞うことが
大切なのです。

承認欲求の生かし方と克服のしかた。

それを身に着ければ、
人からの評価に振り回されずにすみます。


◆編集後記

ついに「イチローズ・モルト」を手に入れました!

「ベンチャーウイスキー」という埼玉県の秩父市にある会社で、
この酒造メーカーから発売されるウイスキーは、常に完売状態が続き、
予約だけでも生産分が売り切れになるほどの人気ぶりとなっています。

世界的にも評価の高いウイスキーらしいですね。

毎日の晩酌が楽しみです。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第486号(2018年12月14日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

得たものがあれば失うものもある

ある会社員の男性は、以前、
海外の拠点に転勤を命じられました。

家族に相談したところ、
妻からも子供からも反対されました。

妻や子供たちから、

「もし海外へ転勤するのなら、私たちは日本に残るから、
単身赴任で行ってほしい」

と言われてしまいました。

結局、彼は家族との生活を優先して、
海外への転勤を断りました。

すると、彼の代わりに海外へ転勤した同僚が、
海外での活躍が認められて、

現在は日本の本社の取締役にまで出世したのです。

彼は、

「あのとき、海外転勤を承諾しておけばよかった。
そうすれば私は今頃、取締役になっていたかもしれないのに」

と後悔しました。

彼はその当時の決断を今でも後悔し続けています。


話はここで終わりではありません。

続きがあります。

彼の代わりに海外へ転勤し、
その後日本の本社の取締役にまで出世した人物ですが、

実は家族の抵抗にあって単身で海外に行ったのです。

そのことが原因で、家族と気持ちがすれ違うようになり、
妻と離婚して今は一人暮らしをしているのです。

その人はその人で、

「あのとき、海外に行く決断をしたのは間違いだった。
日本に残って家族とともに仲良く暮らしていればよかった」

と後悔しているのです。


この人も自分の判断を後悔する気持ちを、
忘れられなくなっているのです。

人生は何もかもうまくいく場合もありますが、
何かを決断するとき、
得るものがあれば失う場合もあるのです。

海外へ転勤しなかった人は「円満な家庭」
を得て出世を失い、

海外転勤した人は出世を得ましたが、
家庭を失いました。

その失ったものばかりに意識を奪われて、
忘れられない思いを引きずっていくことは、
自分の人生を不幸にしてしまいます。

人生は、いいときもあれば悪い時もあるので、
ならせば平等にできているのかもしれませんね。

なので、
今苦しんでいる人も未来は楽しいかもしれません。

山が高ければ谷も深いので、今が絶不調で辛くても、
とてつもない絶好調の時期が来るかもしれません。


◆編集後記

そういえば!
と思うことがありました。

ここ数年風邪をひいていません。

ほぼ休みなしで仕事をしているので、
気が張っているというのもありますが、
「マヌカハニー」を毎朝食べているおかげかもしれません。

値段はちょっと高いですけど、
市販の風邪薬を買ったり、病院にいったりすることを考えれば
安いものです。

今後も続けていきたい習慣です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたにすべての良きことが、なだれのごとく起きますように(*^。^*)

第485号(2018年12月7日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)

わかってくれる人を増やしていこう

がんこな上司、
一方的にしゃべりまくる人、
聞いているのかいないのかわからない人、
気持ちがすれ違ってしまう人、
心ここにあらずの人、
よそ見ばかりしている人・・・

こういう「わかってくれない人」に、
「わかってもらうこと」には、どうすればいいのでしょうか?

大切なことは、
あまり「ムキにならないこと」です。

相手は、追いかければ逃げていく
夏のアスファルトにできる陽炎のようなものだと
心得ておきましょう。

ムキになって
「わかれ、わかってくれ、どうしてわからなのよ」
と強く迫ったところで、
こちらがイライラするだけです。


そもそも、わかろうとする気などない人に、
どうやってわかってもらうかと考えること自体が
絶望的なことなのです。

「その気がない」人には、
私はこんなに真剣に話しているのに、
どうしてあなたは真剣になってくれないんですか、

私がこんなに説明しているのに、
あなたはまったく人の話を聞こうとしない、
どうしてですか・・・

と訴えたところで、馬の耳に念仏。

最後は、自分がみじめになるだけです。

わかってくれない人は
「わかろうとする気がない」のだから、
放っておきましょう。

とりあえず、相手が自分の話を聞いていようがいまいが、
言わなければならないことはちゃんと言って、

必要ならば文字にして差し出して、
後は放っておけばいいのです。

いつか「分かってくれる時が来る」と思って、
気長に待ちましょう。


このくらいの気持ちでいることが、
いちばん「わかってもらう」ための近道です。

ちなみに、放っておいて、気長に待っている間に、
やっておかなければならないもっと大切なものを
やっておきましょう。

ほかに理解ある人を探すというものいいですね。

味方を増やして、
「わからず屋」を包囲してしまえばいいのです。

分からず屋を相手に苦労しているよりも、
このほうがずっと賢い。

わからない人がいれば、
分かってくれる人もいるのだから、
しっかり自分の味方につけておきましょう。

できれば味方をうんと増やして、
多数決となれば勝てるという状況を作っておくのです。

このように考えてみると、
日々の暮らしの中で、
「自分をわかってくれる人」が
いかに貴重な存在であることかも
わかるのではないでしょうか。


そういった人は、
あらためて大切にしたいものですね。


◆編集後記

ご予約状況2018年12月を更新しました。

年末だからといって連休を取るわけでもないので、
空欄であれば承れます。

ここ数年は、振り返りや反省に、
カウンセリングを受けられる方も多いです。

1年間でどのくらい成長できたか、
変化できたかなんてなかなか分かりませんからね。

ご予約はお早めに。

ご縁のある方との出会いを楽しみにしております。

◆ご予約状況
→ http://www.kokoro-str.jp/category/1399418.html


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

第484号(2018年11月30日)

→メルマガ登録はこちら

▲このページのTOP(目次)