AC(アダルトチルドレン)チェックリスト

 AC(アダルトチルドレン) チェックリスト


普段の自分にあてはまる項目を、チェックしてみてください

 1  物事を最後までやり遂げることが難しい  
 2  自分に自信がない、自分はダメな人間だと思う  
 3  自分に対して過酷な批判をする  
 4  自分は生きている価値がないと思う  
 5  人生を楽しむことが下手である  
 6  他人と親密な人間関係をもてない  
 7  白黒をはっきりさせないと気がすまない  
 8  何かあると反射的に反応する。または何の反応もしない  
 9  必要のないときにも、つい嘘をついたり、ごまかしたりしてしまう  
10  必要以上に相手に忠実である  
11   何が正常で何が異常かわからない  
12   他人からの褒め言葉を受け入れにくい  
13   他人に助けを求めるのが下手である  
14   自分は他人とは違う感じで、居場所がなく、孤独だと感じる  
15   自分でコントロールできない状況がおきるとパニックになる  
16   他人から認められたいという気持ちが強い  
17   理由もないのに頭痛や腹痛などがあり、常に疲労感がある  
18   摂食障害(拒食、過食、過食嘔吐など)を起こしている
19   アルコールや薬物(医師の処方による睡眠薬や精神安定剤など含む)の依存症になっている  
20   非行に走ったり、自暴自棄になってあばれる  
21   お茶目で他人の気をそらす  
22   帰るときは、目立たないようにスーッと消える  
23   生真面目で他人の言うとおりにする  
24   いつもせかせかと衝動的に行動する  
25   何か悪いことが起こるのではないかと、常に恐れている  
26   他人の目が気になる。被害妄想に陥りやすい  
27   完璧主義者である  
28   顔の表情が乏しい。ボディーランゲージがない  
29   変化や新しいことに対する怖れが強い  
30   抑うつ状態に陥る  
31   自分が自分でないように感じることがある  
32   自分の感情がわからない。ある種の感情を感じることができない  
33   怒りが爆発したり、いつもイライラしている  
34   権威のある人の前に立つと過剰に萎縮する  
35   記憶が鈍ったり、逆にイヤな記憶に悩まされて胸が痛んだり、悪夢を見たりする  
36   コミュニケーションの技術に乏しい。友人をつくるのが下手  
37   自分はいったいどんな人間なのかわからず、自己が確立していない  
38   対人恐怖があったり、引きこもりをしている  
39   共依存的な行動に出やすい(共依存チェックリストで5項目以上あてはまる)  
 あなたの合計チェック数  

(西尾和美によるチェック表より作成)

 

チェックしてみていかがでしたか?

 

もし、10以上の項目がいつも自分にあてはまるようなら、あなたは今の日常生活で「生き辛さ」を感じており、AC(アダルトチルドレン)である可能性が高いかもしれません。

→AC(アダルトチルドレン)とは?

▲TOP

AC(アダルトチルドレン)とは?

AC(アダルトチルドレン)とは、Adult Childrenという名前の通り、いつもいい子で大人のように振る舞うことを強要され、子供らしさを出せなかった子どものことです。

 

本来は、1980年代にアメリカで生まれた言葉です。

アルコール依存症の親によって育てられ、アルコール依存を核とする【機能不全家族】の中で子供時代を過ごして「生き辛さ」を抱えて大人になった人、しかも、それゆえに順調な社会生活を送れずに悩み苦しんでいる人の事をさします。

【機能不全家族】とは、子供が安心して育つ環境の整っていない家庭です。

アルコール依存症の親を持つ家庭がその典型なのです。

 

◆日本型AC(アダルトチルドレン)の特徴

ところが、日本での機能不全家族は、少し違います。

多くの場合、仕事熱心な父親、良妻賢母の母親、優等生の子どもからなりたっています。

 

こんな良い家族がなぜ機能不全なのでしょうか?

 

父親は家族より仕事優先です。

経済力によって家族を支配しようとしているのです。

 

優しい母親は、世話をやくことで、夫と子どもを支配します。

この夫婦は二人とも、相手と子どもを「自分がいなければ生活できない人」に仕立てているのです。

 

そして、子どもは、そのような両親の行動を愛情と勘違いし、両親の期待に応えようと一生懸命勉強し、良い子であろうと努力します。

彼らは「良い子でなければ親に愛されない」と感じているのです。

 

こうして、子どもは「良い子でない自分は誰からも(自分からも)愛される価値がない」と判断するようになります。

これが、良い子が一生懸命頑張る理由です。

 

このような家庭で育った子どもは大人になっても、親に期待されていることをするか、会社に期待されていることをするかを考えて行動しており、判断基準が自分にありません。

 

他人の期待という底知れない欲求を満たさなければならないため、彼らは一生懸命努力します。しかしながら、他人はいつも自分が期待していたほどの見返りを与えてはしないので、いつかは疲れ果てて体を壊すか、精神を病んでしまいます。

これが日本型AC(アダルトチルドレン)です。

 

◆なぜ日本には、ACが多いのか?

金盛浦子さんの著書「もうひとりの私をゆるしてあげよう」から、なるほど!と思う内容があったのでご紹介いたします。

日本は資源に恵まれず、土地にも恵まれていません。

かぎられた資源と土地を、お互いのがまんのうえで分かち合い、がまんのうえで頑張り、一生懸命にやってきたのです。

そのため、誰かのために生きなければならず、”いい子”として迷惑をかけずに生きなければならなかったのです。


  
こうした方便のうえに成り立っていた社会が、ACを増やした理由では、と説明しています。

AC(アダルトチルドレン)の人の特徴 

▲TOP

AC(アダルトチルドレン)の人の特徴

AC(アダルトチルドレン)は自分が何のために生きているのか分からなく、毎日がむなしく退屈で、しかも常に緊張しているので疲れやすいのが特徴です。

 

そうした時に彼らを救うのは、アルコールであり、ドラッグであり、ギャンブルであり、そして何よりも「自分なしでは生きてゆけないような無力な人物」です。

ACはこうした依存的な人の世話をすることに充実感を覚え、生きがいを感じます。

 

例えば、

子どもはあらゆる事で親に育てられてゆくわけですが、親が子離れできずにいつまでも「子供のために」と子どもの面倒をみていると、子供は独立心を築くことができません。

こうした親は、子供を支配続けているのです。

 

例えば、
夫の暴力が原因で離婚した女性が、また暴力を振るう男と再婚してしまう。

この女性は無意識のうちに、『自分なしでは生きてゆけない男』を必要としているのです。

こうした女性に献身的に世話をされればされるほど、男は無力化してゆき、自分から自信と能力を奪った女性に対して恨みを持ち始めます。

こうしてお互いに憎しみ合いながらも離れることができなくなってしまうのです。

 

 

◆日本人には多い共依存的な生き方

こういった共依存の行動様式は、特に日本人に多くみられるものです。あまりにも日本の文化の中で当たり前になっていて、共依存的な人ほど他人の世話をする「よい人」として見られがちです。


共依存とは、ひと言で言いあらわすと、「愛情という名を借りて相手を支配すること」です。

共依存関係にある人たちは、苦しみながらも離れることができないのです。

 

AC(アダルトチルドレン)では、共依存関係が現在も続いている場合が多く、これが回復を困難にしています。

そこで、ACからの回復には共依存関係にある相手(特に親)との訣別が必要になります。

 

しかしながら、親との訣別は簡単なことではありません。

そこで、当ルームでは、AC(アダルトチルドレン)癒しの心理療法をおこなうことで、ACの根本的な解決に取り組んでいます。

ぜひ一度、お試しください。

→体験談:癒されていなかった6歳の私

▲TOP