心理カウンセリングとは?

心理カウンセリング心理療法の目的は「行動変容」です。

 

 ただ気分が晴れた、リラックスできた、暖かい感じがした、というだけでは十分ではありません。具体的に「行動に変化」が表れなければ、そのカウンセリングは成果が得られなかったことになります。

 

◆カウンセラーの役目とは?

 行動変容といっても、カウンセラーが「あーしたほうがいい」、「こうしたほうがいい」とアドバイスをするわけではありません。 あなたの中に備わっている能力を使えるように、サポートするだけです。

 あなたが持っているにもかかわらず、持っていないと思っているものを、どうやってあなた自身が使えるようにするか。そのことを援助するのがカウンセラーの役目なのです。

 また、そのことは心理カウンセリングの本質的な部分でもあります。

 

 つまり、問題解決能力は「あなた自身の中」に眠っているのです。

 

 

◆行動を起こせない人にまず必要なのは?

 とはいっても、行動を起こす気力がわいてこない。そういった人に、行動を起こしましょうと言っても、行動を起こすことは難しいですよね。

 

 そういった人に、まず必要なのは、「癒し」や「安心感です。

 

 たとえば、 友人に話を聞いてもらえて心が癒されたり、楽になったり、 親に受け入れてもらえて安心感を覚えて前向きになったり・・・

 そのような経験は、誰でもあるのではないでしょうか。

 

 

◆なぜ、話をすることで癒されたり、前向きになったりするのか?

 心理学によると、人間は一人で考えていると、保守的な心理に陥ってしまい、前に踏み出せなくなってしまうといいます。ところが、対話の場があるとそこから力を借りて「前向きな気持ち」が生まれてくるようになります。

 また、対話には人間の心理や考えを「浄化」する働きがあります。

 話をすると、癒されたり、心が楽になって前向きになれるのは、「浄化作用」が働いていたからなのです。

 

 

◆癒しや安心感を得ることで・・・

 「癒し」や「安心感」を体感することで、あなたは苦しみから解放され、心がラクになってゆきます。心がラクになると、気づきや、新しい発見、人間関係などに変化が生じ、「小さな行動」を起こせるようになります。

 そして、症状や問題が改善されてゆきます。

 

 今のあなたに必要なのは、「癒し」ですか?

 

 それとも、「行動を起こすこと」ですか?

 

 心理カウンセリング【心のストレッチルーム】では、

あなたが本当に望んでいることを少しでも早く実現できるよう、

クライエントさん(患者さん)の心理状況に合わせたサポートをしてゆきます。

→心理療法とは?